ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

nbc logoNBCチャプター長野・野尻湖第1戦ベイトブレスCUP

2019年 05月05日() 長野県 野尻湖

nbc logoNBCチャプター長野・野尻湖第1戦

ベイトブレスCUP

2019年 05月05日()

長野県 野尻湖

NBCチャプター長野・野尻湖第1戦<span class="title_sponsor_name">ベイトブレスCUP</span> 概要写真

令和元年5月5日、チャプター長野・野尻湖開幕戦「ベイトブレスCUP」が長野県野尻湖で開催されました。雪が降った極寒の解禁日から1週間が経ち、ようやく信濃町も暖かくなってきました。魚の活性も徐々に上向き、ハイウエイトが期待されました。
記念すべき令和最初の栄冠に輝いたのは、ご存知、五十嵐誠プロ!自身が立ち上げたブランド「FOLLOW」からリリースされたフォロースティックを操り、4,266gをウェイイン。優勝候補と見られていたサトダイを僅差で抑え、見事、頂点に立ちました。
今回の冠スポンサーであるベイトブレス様からは沢山の豪華商品を協賛頂き、ありがとうございました。サポートの小林プロからも特別に協賛頂きました。そしてウイニングルアーとなったフォロースティックを五十嵐プロから。大人気のサイン付きグッズ詰め合わせを大場プロから頂きました。協賛頂いた皆様にお礼申し上げます。
また今回は Go!Go!NBCの取材が入り、大会の模様が後日、公開されますのでお楽しみに。
参加選手の皆さん、お疲れ様でした。

成績表

順位氏名重量ポイント
1五十嵐誠4,2663 40
2佐藤大介4,2443 39
3関之台一寿4,0023 38
4喜代浜友貴3,4903 37
5林晃大3,1523 36
6小山佳敬2,8663 35
7町村猛2,8202 34
8新倉裕司2,3842 33
9遠田勉2,2483 32
10中村謙一2,1202 31
11松本昌也1,9842 30
12大村将文1,9343 29
13沢田智1,9162 28
14中村雅順1,7121 27
15真下温史1,5462 26
16桜井伸治1,3661 25
17藤井英雄1,3221 24
18丸山知幸1,3061 23
19田畑二郎1,2802 22
20瀧本英樹1,2761 21
21小菅陽平1,2741 20
22分部祐也1,1841 19
23武者雅広1,1641 18
24中野和也1,1281 17
25西條友教1,1241 16
26大場直樹1,1201 15
27下田芳久1,0962 14
28木村浩規1,0701 13
29山本俊和9022 12
30三田直史8291 11
31豊嶋仁6061 5
32谷岡正和4421 5
33栗原稔4351 5
34原田義行00 5
34宮腰潤00 5
34太田雅文00 5
34江指憲00 5
34久保拓也00 5
34一柳佳孝00 5
34久田恭平00 5
34宝子丸憲康00 5
34澤田幹雄00 5
34藤居賢司00 5
34小林信義00 5
34木澤洋一00 5
34比田井裕二00 5
34加藤隆志00 5
34櫻井宏00 5
34宮嶋功房00 5
34宮入拓也00 5
34本間勝美00 5
34安田智昭00 5
34渡辺知洋00 5
34松尾和輝00 5
34小暮祐一00 5
34小暮夏希00 5
34小林哲也00 5
34戸津平00 5
34礒野恒二郎00 5
34江沢弘信00 5
34山田謙二00 5
34田中浩之00 5
34柳田勝哉00 5
34吉原宏明00 5
34ミゲルサントス00 5
34唐澤敬寛00 5
34朝田直敬00 5

上位の釣り方

NBCチャプター長野・野尻湖第1戦ベイトブレスCUP上位のフィッシングパターン写真 2019-05-05長野県野尻湖

優勝 JBマスターズ62 五十嵐誠プロ(3匹)4,266g

【使用タックル】
ボート:ベクサスボート

(ノーシンカー)
ロッド:ゼフィロスS61L
リール:ステラ2500HGS
ライン:FCスナイパー2.5lb
ルアー:フォロースティック3.2(パールホワイト)
フック:セオライズハンガーSW-L #4(五十嵐チューン)

(ジグヘット)
ロッド:ゼフィロスS60UL
リール:ステラ2500HGS
ライン:FCスナイパー2lb
ルアー:フォロースティック3.2(パープルウィニー)ジグヘット0.6g

【エリア】
砂間ヶ崎、金山

【リグ・パターン】
リグ
ノーシンカーと軽量ジグヘットリグ

パターン
風が吹いてできる潮目や吹き溜まりに流されてくるであろうワカサギを狙っているバスを浅いレンジまで食いにくるバスにはノーシンカー、もう一段したを狙うときに軽量ジグヘットリグで狙いました。


【コメント】
こんにちは!
五十嵐誠です。
私事ですが、今年から僕の今までのトーナメント人生を語る上で外すことのできないこの野尻湖を拠点としてFOLLOWというルアーブランドをスタートさせていただきました!
開発拠点になった野尻湖で第一弾アイテムのFOLLOWSTICK3.2を使って優勝できたことは本当に嬉しく思います!
野尻湖が大好きな野尻湖チャプターの皆さんとトーナメント楽しめたらと思っておりますのでこれからもよろしくお願いします!!!





準優勝 NBC61500 佐藤大介選手(3匹)4,244g

【使用タックル】
ロッド:フェンウィック・エイシス64SULJ
ルアー:ティムコ・スーパーリビングフィッシュ3インチ
ライン:サンライン・シューターFCスナイパー2.5lb

【エリア】
寺ヶ崎、菅川北側バンクの岬、砂間ヶ崎

【リグ・パターン】】
ジグヘッド0.6gにスーパーリビングフィッシュ(山岡計文チューン)
岬の沖にサスペンドしているプリスポーンを狙いミドスト

【コメント】
20バイト以上あり、12.3匹キャッチして入れ替えを繰返しましたが、22g差で残念ながら準優勝に終わってしまいました。
今年は年間優勝が目標なので2戦目も優勝争いが出来るように頑張ります。





第3位 JB桧原湖22 関之台一寿プロ(3匹)4,002g

【使用タックル】
シャッド
ロッド:ボンバーファクトリー製 66ML ver.1&2
リール:2000番(ver.1) 2500番(ver.2)
ライン:PE 0.18号+フロロ1.2号(ver.1) フロロ3.5lb(ver.2)
ルアー:ベビーシャッド他

ジグヘッド
ロッド:ラグゼ ATS05 S73UL
リール:2000番
ライン:フロロ2.5lb
ルアー:1/20ozジグヘッド+ロイヤルシャッド

【エリア】
大崎、国際村、金山 3〜6m
その他各所ではヒットしませんでした。

【リグ・パターン】
シャッドは魚の居る水深・場所に届ける為にドラッギングで。
ジグヘッドリグは、スイミングで。

【コメント】
キャスティングでは前日がバスの初釣行で、それまでアジングばかりしてました。
そのせいか自分はジグヘッドだとアジングの癖が抜けて無いようでサイズダウンしてしまい、その魚は入れ替えられてしまいました。
4キロ超えても釣っていた感覚的に、表彰台はあるけど勝ちは無いなと思っていたら、やはり…でした。
それでも、大好きなシャッドの釣りでメスのキロアップを揃えられて満足しています。
私個人のスポンサーであるプロショップオオツカではスモールに効く商品が、グループ店にはアジングの商品も取り扱っているので、ぜひ店舗や通販サイトを覗いてみて下さい。





第4位 JB河口湖17 喜代浜友喜プロ(3匹)3,490g

【使用タックル】
タックル1
ロッド:フェンウィック GW60SULJ
リール: シマノ コンプレックス 2000SH
ライン: サンライン フロロ3lb
ルアー:ロイヤルシャッド3インチ+ジグヘッド1.3g

タックル2
ロッド:フェンウィック ELT63SMLJ
リール:シマノ ヴァンキッシュ 2500SH
ライン:サンライン フロロ4lb
ルアー:OSP ハイカットSP

【エリア】
湖全域バンク

【リグ・パターン】
ジグヘッドは、アップヒルでのボトスト、ミドスト
シャッドは、3〜4mラインのドラッキング

【コメント】
久しぶりにお立ち台に立てました。
サポート頂く、スピンネーカー様、プロフェッサー様いつも本当にありがとうございます。
この場を借りて感謝致します。
次回もがんばります。





第5位 JBマスターズ64 林晃大プロ(3匹)3,152g

【使用タックル】
ワイルドサイド64UL

【エリア】
弁天島南2〜3m

【リグ・パターン】
HPシャッドテール2.5(グリーンパンプキン)
ノガレスゲンテン1.8g#3
アブソルート3ポンド

【コメント】
応援してくださる皆様、サポートいただいておりますスポンサー様いつもお世話になっているほとり荘様、チャプタースタッフの皆様ありがとうございました。

今年のNBCチャプター長野・野尻湖

近年のNBCチャプター長野・野尻湖

近年のJBトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

近年のNBCトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

TOP