ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ OSP

nbc logoNBCチャプター北浦第1戦イマカツCUP

2019年 03月31日() 茨城県 北浦

nbc logoNBCチャプター北浦第1戦

イマカツCUP

2019年 03月31日()

茨城県 北浦

NBCチャプター北浦第1戦イマカツCUP概要写真 2019-03-31茨城県北浦

2019年度第1戦イマカツCupが3月31日に北浦の潮来マリーナを会場としてショア部門30名、ボート部門45名の参加で開催されました。
チャプター北浦の立ち上げから会長を務めていた金子会長の後を引き継ぎ、今年から相馬新会長となり、平成最後の大会となります。当日は朝から雲が厚く覆う肌寒い天気となりこの時期の安定しない気温の中での開催にバスのポジションを見つけられるかがキーとなった。
ショア部門では8名の選手が良いサイズのバスを持ち込み、その中でも1380gのバスを持ち込んだ鈴木陽一選手が見事に優勝しました。
ボート部門ではタフな状況の中で17名の選手がバスをウエインしこの時期に強く昨年の第1戦でも優勝している青木敬一選手が3700gを持ち込んで昨年に続き初戦を優勝しました。
今年は会長も変わりスタッフも少ない中で参加選手にもご迷惑をお掛けする事もあるとは思いますが、更に北浦でのバストーナメントを楽しく開催出来る様にスタッフで頑張っていきますので宜しくお願いしたします。
今回冠スポンサーのイマカツ様には素晴らしい協賛品を多数ご提供いただきました事、また協賛いただきました各協賛スポンサー様、素晴らしい環境の会場をご提供して頂いた潮来マリーナ様にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

ボート部門成績表

順位氏名重量ポイント
1青木敬一3,7003 50
2宮嶋駿介3,0402 49
3ワキアレキサンダー2,9602 48
4諏訪亨2,5303 47
5細田和広1,5501 46
6木内翔太1,2501 45
7江尻悠真1,1901 44
8渡辺泰喜1,1501 43
9田島昌和9301 42
10荘司淳志9301 41
11渡辺孝一8401 40
12加藤栄樹7101 39
13日置典重7001 38
14小宮英明6001 37
15田中俊一5701 36
16古谷将伺5701 35
17内山裕5701 34
18菅井陽介00 5
19賀来聡介00 5
20松信純00 5
21清水隆男00 5
22忽那隆祥00 5
23津久浦慶仁00 5
24伊藤健二00 5
25一瀬哲也00 5
26小古間努00 5
27根本健一00 5
28小林治00 5
29赤石佑太00 5
30浦塚剛志00 5
31徳田和広00 5
32中林典昭00 5
33小池孝00 5
34高木典之00 5
35小野明男00 5
36小原誠00 5
37森正人00 5
38柏木昇00 5
39藤村智広00 5
40田守慎00 5
41倉本剛00 5
42金子崇裕00 5
43鹿住大輔00 5
44宮内哲治00 5
45松本哲哉00 0

ショア部門成績表

順位氏名重量ポイント
1鈴木陽一1,3801 50
2牧野忠1,2501 49
3安藤孝浩1,0301 48
4土屋和彦9601 47
5藤原拓真9001 46
6小川智輝9001 45
7小林隆之8401 44
8上原昭彦8201 43
9石川一光00 5
10五来元彦00 5
11上原充恵00 5
12柿澤幸雄00 5
13柿澤明美00 5
14會澤伶王00 5
15五十嵐潤一郎00 5
16石崎雅之00 5
17照沼祐二00 5
18宮内淳00 5
19遠藤洋志00 5
20越川和幸00 5
21浪川正吉00 5
22長津俊一00 5
23飛田龍太郎00 5
24大倉友彦00 5
25長澤政規00 5
26清水裕介00 5
27君塚貴信00 5
28大和田竜平00 5
29豊田照夫00 5
30佐藤征文00 5

上位の釣り方

NBCチャプター北浦第1戦イマカツCUP上位のフィッシングパターン写真 2019-03-31茨城県北浦

◆優勝:青木敬一 選手


【エリア 】潮来マリーナ北岸の沈船、会場前リップラップ
【リ グ 】沈船は、リーダー25cmのダウンショット シンカー1/16 マイクロクローラー、会場前は、ベビーシャッド60アユ
【タックル】沈船>シマノ エクスプライド 262UL-S + シマノ ステラ2500S +TORAY エクスレッド 4 lb,会場前>シマノ エクスプライド 2610ML + シマノ ステラ2500S + TORAY エクスレッド 5lb
【コメント】この三寒四温の厳しい中 自分のスキルを信じて、ギリギリを攻める事が出来たのは、信頼出来るタックルがあったからだと思います。最強のタックルを支援して頂けるスポンサーTORAY、山中湖momo,詳しくは、TORAYアングラーズレポート

◆2位:宮嶋駿介 選手


【エリア 】武井1.5m杭、釜谷 リップラップ
【リ グ 】3.5g テキサスリグ 、シャッド、ジグヘッド
【タックル】テキサス用>ロッド: ダイワ ベイトM + リール: ダイワ ジリオン 、シャッド用>ロッド :ダイワ ベイトML + リール : ダイワ ss air 、ジグヘッド用>ロッド:ダイワ ベイト ML + リール:ダイワ ss air
【コメント】準優勝でしたが、トーナメントの楽しさを再確認することが出来た貴重な試合になりました。会長をはじめ運営スタッフの皆さんには素晴らしい機会を作っていただき感謝しています。いつも釣りを教えてくれる師匠の先輩、ボートメンテナンス等、迅速に対応してくださるハーツマリン様、ハーツマリンのお仲間様に感謝しています。プロ戦でも結果が出るように日頃から頑張ります!

◆3位:ワキアレキサンダー 選手


【エリア 】宇崎のハードボトム
【リ グ 】ソウルシャッド58sr sp
【タックル】POISON GLORIOUS 266ML-S KISS BITE KILLER
【コメント】3位に入賞して嬉しいです!今年からサポート頂いてるDIGITAL STRUCTURE様に感謝申しあげます。また、運営スタッフの皆様お疲れ様でした。

◆4位:諏訪亨 選手


【エリア 】上流 東岸のドック
【リ グ 】3.5g ダウンショット ドライブクローラ3.5 ブラックレッドフレーク
【タックル】ロッド:ホーネット691ML + リール:SSエアー + ライン:MarK1 G7 10lb
【コメント】事故等無く選手、スタッフ方々お疲れ様でした。次戦も宜しくお願います。

◆5位:細田和広 選手


【エリア 】北浦上流域ジャカゴ
【リ グ 】1.3gネコリグ OSP ドライブビーバー3.5 ダークシナモンブルー&ペッパー
【タックル】661MFB-SV WEREWOLF + アブガルシアLTX + 10ポンド
【コメント】一本のみの釣果ですが、素直に入賞嬉しく思います。参加するからにはいつも表彰台を目指し頑張っていましたが、緊張からかこれまで試合に結果が伴う事がありませんでしたので、ようやくスタート台に立つ事が出来たような気がします。大会を支えてくれる北浦チャプター運営スタッフの皆さん、いつも暖かく送り出してくれるB-gets曽我部社長や可愛がってくれるB-getsの仲間、釣果に信頼を寄せるルアーに感謝しております。ありがとうございました。

今年のNBCチャプター北浦

近年のNBCチャプター北浦

近年のJBトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

近年のNBCトーナメント情報

2018年 2017年 2016年 2015年

TOP