ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ

NBCソルトウォーター

ソルトチャプター江戸前 第1戦

2008年10月12日() 東京都 千住

対象魚:カワハギ

10月12日(日) ソルトチャプター江戸前 第1戦が開催された。昨年までは、NBC海釣りクラブとして開催されていたカワハギトーナメントが、今年からソルトチャプター江戸前としてリニューアル 東京湾をメインに、バスマンにも秘かに人気のカワハギをターゲットに10月〜12月までの間、3戦開催される。

今年もカワハギのシーズンがやってきました。 NBCルールのカワハギトーナメントでは、カワハギ5枚の総重量で競われます。第1戦の会場となる、東京湾の船宿“千住入舟”に定員の20名のカワハギ腕自慢のOBバスマン、現役バスマンが集まる。

午前6時半 出船

隅田川の中流に位置する船着場から都会の景色を抜け、ポイントとなる竹岡沖へ向かう。当日の天気は晴れでしたが、朝のうちは風が強く沖では風速10mと荒れ、ポイントに到着するまではびしょ濡れ、戦意喪失する選手も?1時間程でポイント到着、船長の合図で、カワハギ釣りとしては最悪の波風の中、スタートフィッシング。状況とは裏腹に、モーニングバイトが多発し、開始早々ミヨシの釣りにくい釣座の佐藤選手が26センチオーバー2連発!大ドモ木村選手も連発!良型混じりで各選手次々にカワハギをキャッチしていく。

荒れた海は、10時頃まで続いたが、その状況で前半ラッシュを掛けたのは、胴の間に釣座を構える森選手。良型27センチ混じりで、早々のリミットメイクの中、波風の影響をもろに受けるミヨシの宮本、小出両選手は苦戦!

次第に風が収まり穏やかな状況に 。すると、釣果の方も穏やかなになってしまい渋い時間が続く 。船長も、浅場と深場をランガンし、カワハギの反応を捕えていく 。 深場のポイントでは、林選手が怒涛のヒットで、数を伸ばし、さらに同選手は29センチのビックワンもキャッチ。

お昼を過ぎ残す時間もあと僅かになり、再び浅場のポイントへ、海もここにきてベタ凪ぎに。そこで右舷側にラッシュが訪れ、ミヨシの小出選手は、27センチクラスを立て続けに3枚キャッチ!で、捲りを見せる!他の選手もヒットを重ね、追い上げる。船長曰く、浅場で釣る人は深場では釣れず、深場で釣る人は浅場では釣らないという差がはっきり出ていたそうです。 このような差が出るところが、カワハギトーナメントの面白いところ!

そして日も西に傾き始めた頃ストップフィッシング

おまけとして、この日船上を沸かせた外道達は、ビックカワハギとそっくりのファイトのウマヅラハギ、さらにはホウボウに、サバフグはもう厄介者。そして、橋本選手が釣り上げたのは、なんと!ヒラメ!ヒットしたエサ取りのトラギスにヒラメがヒットするというミラクル!よく上がりました。

前半激荒れで、渋い状況のように見えたが、終わってみれば、リミットメイクする選手が大半、25センチオーバーのビックフィッシュも計10枚くらい飛び出し、船全体では153ゲットとまずまずの釣果に大会的には非常に盛り上がる展開となった。ウェイインが始まると、この時期のカワハギは肝パンパン!5枚で、1キロを越える選手多数!ビックウェイトが期待される。

表彰

第5位は、元有名バスプロ坂井選手 渋い中15枚の釣果
第4位は、ベテラン林選手 29センチのこの日の最大魚と、数釣りトップの18枚!
第3位は、カワハギ侍こと木村選手 ダイワカワハギオープン決勝進出のカワハギ侍! 数も15枚と好調ながら、本人まだまだダメだと豪語
第2位は、バスプロ森選手 良型混じりで、1300gオーバーを早い時間に一人連発してのメイク!
優勝は、昨年度バスプロ選手権覇者いや、一昨年のカワハギチャンピオン 小出選手って、私ぢゃん!(笑) ミヨシスーパーシートにて、荒れ模様の中、前半中盤いいとこなし、後半最後の一流しで、27センチクラス3連チャンで、トータル1400gオーバーのハイウェイトを奇跡のメイク! ヒットパターンは、ラバージグを扱うように、ボトムバンピング!(笑) 今年度のバスプロ選手権を来月に控え、運を使い果たしたか!

さて、大会後の、抽選会では、ダイワ精工様より、超豪華リールITOモノブロックが!!ニョロ田中さんがゲット!

ジャッカル様、ハンクル様より人気ルアー各種、キャスティング様より、グッズを始め、キャップやお馴染みのタオルは参加者全員に!入舟様よりも、毎回釣具をいただいてます!

さらには、橋本選手が釣り上げた“ヒラメ!”も抽選の賞品に!豪華賞品ありがとうございます。
今回、なかなか各釣座に写真を撮りに行くことができませんでしたので、入舟さんのHPに、各選手の写真が掲載されてますのでご覧ください。 → http://irifune36-39.com/devil/news.cgi?v_n=923&mode=view&page=0

賞品協賛

ダイワ精工様 ジャッカル様 HNKL様 釣具キャスティング様 入舟様

せっかくなんで、優勝者のタックル紹介

ロッド:極鋭カワハギRedTune
リール:アルファス103
ライン:メガセンサー0.8号
仕掛け:快適カワハギMV・フック:パワーフック4.5・シンカー:快適船シンカー25号

(全てダイワ精工製品)

レポート・写真 (事務局小出)

※NBCNEWS:成績表の備考欄は総匹数です。

成績表

順位氏名総重量ポイント備考
1位 小出慎 1,467520Pts.10
2位 森英樹 1,316519Pts.10
3位 木村高章 1,276518Pts.15
4位 林良一 1,215517Pts.18
5位 坂井健二 1,120516Pts.15
6位 佐藤保成 1,061515Pts.6
7位 吉岡進 937514Pts.9
8位 田中宏周 918513Pts.8
9位 小堀大輔 918512Pts.6
10位 福井達也 885511Pts.9
11位 宮本英彦 799510Pts.6
12位 石川善彦 74559Pts.6
13位 杉田秀和 64758Pts.8
14位 本間衡 61657Pts.5
15位 橋本裕二 53946Pts.4
16位 清野元浩 53055Pts.6
17位 新井勝仁 49734Pts.3
18位 岡村洋介 43633Pts.3
19位 本間孝 41732Pts.3
20位 金子英幸 28631Pts.3

固定リンク

TOP