ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ プロショップオオツカ

NBCソルトウォーター

わかさぎチャプター野尻湖 第1戦つり具のおおつか長野店CUP

2018年12月23日() 長野 野尻湖

対象魚:ワカサギ

2018-2019ワカサギチャプター野尻湖、第1戦つり具のおおつか長野店CUPが12月23日(日)対象魚を冬の風物詩として非常に人気の高い野尻湖のわかさぎをターゲットとして、全国から20名のわかさぎ釣り名手が会場である坂本屋へ集い、終始楽しく和気藹々、時には真剣モードで熱気あふれたムードの中で競い合いました。
12月に入り例年に無く降雪の少ない野尻湖は湖畔の周囲には積雪は殆どなくとても年末の野尻湖の様相ではないように感じられました。

大会当日までの状況としては解禁から魚探に映る魚は多くみられ、大型の魚が多く釣れる状況が続いていたが回遊の群れが入って来ても留まらず、小さめの当歳魚が混ざり釣れにくい分、数が伸びない傾向が続いていたが開催日4日ほど前から安定して魚が居付く時間帯も増え来た感じであった。
それにより今まで食いが悪かった分、今になって食いが活発になってきたように感じられ、今後はこのままの好条件が続けば釣果のほうも上向き加減になってくれれば…と船頭さんが語った。

選手を乗せたドーム船が8時より出航し、国際村沖約26mに投錨した後、一斉に競技がスタートしました。
釣れてくるわかさぎは比較的大型の魚ががメインであり、ときたまキッカーフィッシュが混ざり選手たちは丁寧かつ確実に魚を取り込んでいる状況が見受けられました。

前半戦では、船首側に釣り座を構えていた選手達は確実に数を延ばすものの船尾側はパッとする様子があまり伺われず終了となり、釣り座の抽選により後半戦に突入となりました。
後半も船主側に陣を構える選手たちに軍配が上がる状態となる一方、後半戦から船尾側に席をおいていた安藤選手はアタリを出すことに苦戦しながらも重量のある魚を確実に取り込みに結果に繋げていく様子が見受けられました。
一方、右舷胴中に席を置いていた関選手、杉田選手、今回初出場の滝澤選手はは着実に数を伸ばし続けている一方、船首左舷にいる久保田選手も目を見張るほどの勢いで魚を増加していった。

今回の選手の作戦は重量を重要視した展開で攻略し、結果に結びつけた。
結果からすると優勝の関選手は94匹/316g(1匹あたり平均3.4g)、準優勝の杉田選手は93匹/314g(1匹あたり平均3.4g)と同じ魚を狙っている一方安藤選手は食い渋りの場所に居ながらも85匹/316g(1匹あたり平均3.7g)と重量の多い魚に的を絞りこみ見事に3位入賞となった。

・天気 曇のち小雨
・風 南〜北(微風)のち無風〜南(微風)
・水温 7.5℃(推定)
・エリア 国際村 水深約26m
・参加者数 20名(定員)
・総匹数 1,369匹
・総重量 4,559.5g
・1匹あたりの平均重量 3.3g

表彰式では上位入賞者の表彰は勿論、ブービー賞、ビッグフィッシュ賞の表彰、じゃんけん大会で会場が盛り上がりました。
今回、ご協賛を頂きましたつり具のおおつか長野店様、会場として場所を提供して頂きました坂本屋様、有難うございました。
こうして野尻湖を愛し、冬季野尻湖でのワカサギトーナメントに情熱を掛けた熱血選手達のトレイルは今期も懲りずにまたもやスタートしたのであった。

おしまい…。

上位の釣り方

優勝 関和彦選手 94匹/316.5g

【使用タックル】
穂先 ダイワ クリスティアワカサギHG TYPE C 34.5S 穂先延長キット 可変アダプター(A)
電動 ダイワ クリスティアワカサギCRPTIIアルファ アルミスプール 外部電源ボックス
ライン VARIVAS スーパートラウトエリアマスターリミテッド PE0.175号
オモリ タングステン7g

【ヒットパターン】
仕掛 ダイワ クリスティア快適ワカサギ仕掛けSS速攻 1号、1.5号
午前中は濃い群れが入ってきて一瞬でいなくなり長い沈黙の繰り返しだったので、群れが来たときに多点狙いで数を伸ばしました。
午後は多点になる感じではなかったので一匹づつの拾い釣りに徹しました。
大きい魚は穂先に出るアタリが小さいので、ちょっとした違和感の合わせでかなり数を稼げたのと、良い道具に助けられたことが勝因だったと思います。

【コメント】
昨シーズンは一回もお立ち台に立てず悔しい思いをしたので、今回このような成績をとれて感慨深いものがあります。
スタッフの皆様、スポンサー様、会場をお借りした坂本屋様、野尻湖わかさぎ黒鰻会のみなさま、今回参加された選手のみなさま、大変お世話になりました。
連覇目指してがんばりたいと思います。
ありがとうございました。

 

準優勝 杉田康裕選手 93匹/314g

【使用タックル・仕掛等】
リール:シマノ レイクマスターCT-T
穂先:扁平グラス32cm、バリバス延長アダプター
ライン:バリバス トラウトエリア マスターリミテッド PE 0.3号
仕掛:ほとり荘瞬刺1.5号5本針、バリバス返し鈎1号5本針、ダイワ速攻KKキープ1号5本針
シンカー:ダイワTGシンカーゴールド10g、7.5g、6g
エサ:紅サシ、白サシ

【ヒットパターン】
フカセ、脈半々。
群れの入った時は多点掛けで数を伸ばし、それ以外の時間帯は僅かに反応のある魚を刺激し過ぎない誘いで喰わせる。

【コメント】
湖の状況は渋く、群れの移動も早い難しい展開。
席も前半、後半共にど真ん中でしたが、重要な初戦でなんとか2位入賞出来ました。
僅差での2位は悔しいですが、敗因を分析し次戦に向けて精進します!
つり具のおおつか長野店様、坂本屋様、運営スタッフ並びに参加選手の皆様、楽しい試合をありがとうございました。

 

第3位 安藤隆弘選手 85匹/316g

【使用タックル】
電動 ダイワ クリスティアワカサギCRPTIIアルファ
穂先 ダイワ クリスティア胴調子SSS
穂先延長キット 可変アダプター
ライン エアブレイドわかさぎ0.05号
オモリ TGシンカーゴールド6グラム、5グラム
仕掛 ダイワ クリスティア快適ワカサギ仕掛けSS速攻 キープ5本 マルチ7本、誘惑渋攻5本〜それぞれ0.5号

【ヒットパターン】
前日の雰囲気から、数釣りよりもウェイト勝負かな?と思っていたので、型狙いの釣りに徹しました。
大型のわかさぎは居食いをする傾向にあるので、その中でアタリが出せるセッティングにするために、上記のようなタックルを選択しました。
特に午後は船尾側で調子がイマイチでしたが、ウェイト狙いを継続し、なんとか上位に食い込むことができました。

【コメント】
2018-19シーズン初戦、なんとか上位に食い込むことができました!
この調子で年間連覇を目指したいと思います。
大会を運営してくださる野尻湖チャプターの皆様、また会場を提供してくださった坂本屋様、そして素晴らしい協賛を下さったつり具のおおつか長野店様、参加者の皆様、ありがとうございました。

 


第4位 久保田稔選手 102匹/272g

【使用タックル】
リール ダイワ・クリスティアCRPTIIアルファ
穂先  ダイワ・クリスティア28.5SS胴調子 28.5SSS胴調子 (穂先延長キットを装着)
ライン ダイワ・ワカサギPEIII0.15号
仕掛け ダイワ・クリスティア 速攻5本針キープ 1号
オモリ ダイワ・クリスティアワカサギシンカーTG H 7.5g、6g
エサ 白サシ  ブドウ虫

【ヒットパターン】
まだ水温が高いので底から少し浮いたタナを回遊するワカサギを狙うため、下針は付けないでオモリを底ギリギリにタナ止めして仕掛けの上部で食わせるイメージです。
前半スタート時は高活性な魚をオモリ7.5gと穂先28.5SS胴調子で効率よく釣り上げることができましたが、すぐに喰い渋りの時合になりオモリ6gと穂先28.5SSS胴調子に変更し一匹ずつ拾う釣りにシフト。
誘いは、ソフトで小さな上下が効果的で釣果も102匹と、この状況下では上出来でしたがサイズアップには繋がらないまま終了となりました。
オモリは細長く断面が小さいTGシンカーHを使用し、なるべく湖底に付けないことで泥の巻き上げを少なくして場荒れを防ぐことも重要だったと思います。

【コメント】
昨年から、このトーナメントに参加させて頂いておりますが野尻湖でのワカサギに対する熱意やレベルの高さを感じております。
その中で入賞できたことは大変うれしく思っております。
今後とも宜しくお願い致します。ありがとうございました。

第5位 滝澤秀憲選手 83匹/286g

【使用タックル】
リール ダイワ クリスティアCR3 クリスティアCRPT2プラス
穂先 バリバス ワークスリミテッドTR275 2本 延長 可変2本

【仕掛け・ヒットパターン】
・前半戦 
袖時短1.5号7本針 
ダイワ 袖1号5本針 金針
シンカー タングステン10g
・後半戦 
渋りわかさぎ袖1.5号
ハヤブサ 黄金留 5本針 瞬貫わかさぎ 1.5号
ダイワ 快適ワカサギ 1号 マルチ
シンカー タングステン7g

午前中は、群れが来たときに多点狙いで、袖針を選択。群の動きが速かったので、回収して下ろすと群がいなくなるパターン。
群がいる間は、一匹かけたあと、一本は多点狙い。
もう一方は速攻で確実に一匹をとりにいきました。
前半戦の大型の多点掛けが、今回入賞できたポイントになりました。
後半戦は座席は船の中央 関さんと杉田さんの間になりました。
仕掛けはアピール系とナチュラルなロングの枝針を使用しました。
中央の席はポツポツとコンスタントに釣れていたようでしたので、なるべく自然に餌を見せるやりかたで、誘いました。

【コメント】
初参加で、入賞できて嬉しかったです。今年は特に渋い状況でしたので今回は席がたまたま良かったのかと。
大会後の入賞者の方のコメントは非常に参考になります。
いかにその時の状況判断で戦略を立てるか。
残り3戦見習って頑張りたいと思います。
今回は初めてでも、楽しく参加できました。
大会運営・スポンサーの皆様ありがとうございました。

成績表

順位氏名総重量ポイント備考
1位 関和彦 3179420Pts.411
2位 杉田康裕 3149319Pts.407
3位 安藤隆弘 3168518Pts.401
4位 久保田稔 27210217Pts.374
5位 滝澤秀憲 2868316Pts.369
6位 関之台一寿 2758215Pts.357
7位 桜井伸治 2628414Pts.346
8位 渡邊峻介 2517613Pts.327
9位 堀内保 2296912Pts.298
10位 武者雅広 2366211Pts.298
11位 原誠一 222645Pts.286
12位 徳竹和也 223615Pts.284
13位 徳武正俊 207655Pts.272
14位 塩釜孝章 202635Pts.265
15位 中山恵介 195555Pts.250
16位 塚野俊宏 167545Pts.221
17位 小林紘也 161485Pts.209
18位 吉倉直樹 148475Pts.195
19位 沢田智 150435Pts.193
20位 上野慎一 129395Pts.168
写真

固定リンク

TOP