Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

WFGワールドフィッシングガイド特集

WFG 今後の広告掲載予定

 以下の通りWFGの広告をWeb、アプリ、及び新聞紙面に掲載いたします。

皆様、是非ご覧ください。
 
Web
るるぶ.com  (公開中)
アプリ
週刊じゃらん
7月1日より公開。詳細は後日ご案内いたします。
新聞
報知新聞社     2014年6月18日(水)
日刊スポーツ新聞社 2014年6月23日(月)
北海道〜沖縄(全国版)
 
固定リンク  2014年05月21日(水)  

ワールドフィッシングガイドサービス第2回講習会の報告

ワールドフィッシングガイドサービス第2回講習会の報告

主催:一般社団法人 ワールドフィッシングガイドサービス
場所:ヒューマンアカデミー富士河口湖校
講師:鈴木隆夫氏/蠶爐螢咼献腑 大石泰弘氏・江守麻理香氏・陳笑氏
/山木一人氏/フォネットグループ 芦沢貴広次長(計6名)
参加者:71名

WFG第2回講習会が5月9日、6名の講師を招き、ヒューマンアカデミー富士河口湖校において開催された。

講習会冒頭にWFG山下茂代表から「自主性が大切」との話があった。
フィッシングガイドは一人ひとりが個人商店で、ゲストからの予約もガイドの努力によるところが大きく、予約サイトの確認及び更新等を自主的に行うよう指示があった。
また、WFGでは旅行・観光サイトの『週刊じゃらん』や『るるぶ』、全国紙の『報知新聞』や『日刊スポーツ』等での大々的な宣伝計画の話もあった。

『つりステーション』にWFGガイドが毎週出演!・・(株)釣りビジョン 大石・江守・陳

釣りビジョンでは一般の釣りに興味のある視聴者にWFGの活動をPRするため、釣り情報番組「つりステーション」にて10分程のWFGコーナーを設けられることになった。今後、毎週WFGガイドが出演し、WFG及び自己PRアピールを行っていく。
釣りビジョンスタッフからはその新コーナーについての説明が行われた。
出演の際にはスーツ・ネクタイ着用で清潔さを前面に出してもらいたいとのことだった。
また、同社が運営しているWFG予約サイトのシステムについても、まだまだ改良の余地があり、ゲストとガイドの双方がより使いやすいように改良を進めているとのことだった。

瞬時に好感度を上げる魔法がある・・・鈴木隆夫

鈴木隆夫氏からは「おもてなし」の実践について、次のような話があった。
<1>おもてなしに重要な6項目。
1. 笑顔・・歯が10本以上見える位が最高!
2. あいさつ・・相手を意識していることのアピール! 必ず名前を付けること
心の無いあいさつは相手に不快感を与えるだけ。
3. 感謝・・どんな些細な事にも感謝。1日100回感謝しよう。
ありがとうは遅れてもOK。 ガイド後にお礼状を送る。
4. ほめる・・大げさなリアクションでほめる。最初は不自然だが繰り返す事で
自然に自分の物になっていく。
5. 同意・・相手に共感する。
6. 話を聞く・・真から相手と仲良くなりたいという思いを込めて、全身全霊を傾けて聞く。
眉間の辺りを見ながら聞き、メモを取るのも有効。

<2>接客は気配りのワンランク上の心配りで感動を与える事が出来る。
相手がして欲しい事を
相手がして欲しいやり方で
相手がして欲しい時で
たとえが悪いが、相手が24時間後に死んでしまうと想定し、今自分が相手に何が出来るのかを考え実行する事で瞬時に好感度を上げる事が出来る。

また、ガイドをするうえで、釣り以外のミニ観光情報やAED等の設置場所の確認なども必要。今後は東南アジアを含む世界中からVIPがガイドを受ける時が来るかもしれないが、おもてなしの基本をマスターしておけば、ゲストに満足してもらえるだろうとのことだった。

女性のお客さんの気持ちになる事が重要・・・山木一人

TOP50シリーズで活躍する山木一人プロからは、女性のゲストに対しての心遣いについての話があった。
トイレに行きたくてもなかなか言い出せない方もいるので、女性の気持ちに先回りして休憩を取る等工夫が必要とのこと。
また、なぜ釣り人はサングラス焼け(逆パンダ)をステータスにしているのか理解が出来ないと、スポーツ雑誌の編集者談を紹介。釣り人はサングラス焼けしてない方がもっとカッコ良く写るはずと、自分の見せ方についてのアドバイスがあった。

海外ではガイド文化が定着している・・・芦沢貴広

フォネットグループの芦沢貴広氏からはフィッシング音声ガイドの開発についての話があった。
フィッシング音声ガイド「バスポ」は夏休み前にはリリースできる予定で、安価な料金で利用できるこのシステムがWFG利用の入口的なツールになるのではないかとのことだった。
海外ではガイドを伴った観光や登山等のアウトドアレジャーが常態化している。日本のガイドも2020年東京オリンピックに向けて多言語化が求められ、フィッシングガイドもグローバル化に備えるべきとの提案があった。

鈴木隆夫氏 プロフィール

・1954年生まれ、東京都町田市在住

・ホテルオークラ東京を経て、リッツカールトン東京のVIPのコンシェルジュドライバーとなる。 最短時間で世界中の超VIP達の心に入りこみ信頼関係を構築する独自の技術は最高レベルと評され、カリスマドライバーとして新聞などに登場した。
現在はもう一つの顔である写真家をしつつ、日本と香港で講演活動を続けている。

追記 JB創世記に活躍し優勝を含め入賞多数。現在はナマズや乗合船の沖釣り等、釣り全般を楽しんでいる

芦沢貴広氏 プロフィール

 フォネットグループ 社長室 広報部兼企画推進部 次長
株式会社Jバウンド 次長
富士山登山用品レンタルショップLaMont 店長

WFGメンバーで河口湖の湖畔清掃を実施

講習会当日にWFG所属メンバーの早野剛史ガイドの呼びかけで、河口湖の湖畔清掃が行われました。
普段はボートからの釣りがメインで気付かなかったが、取材で陸釣りをしたところコンビニ袋やおにぎりのパッケージ、ラインやルアーなど多くのゴミが散在し、恥ずかしさや悔しさを感じたそうです。
普段ガイドやトーナメントで使わせていただいている湖に対して申し訳ないとの思いから早野剛史ガイドが講習会の前に呼びかけ、一般の方やWFG所属ガイド、ヒューマンフィッシングカレッジ富士河口湖校の学生を合わせ、総勢43名で2時間程清掃を行われました。
ゴミがゴミを呼びます。きれいな釣り場で気持ちよく楽しみたいものですね。(報告:山下高弘)

第ニ回 講習会参加者リスト

今回の講習会には以下の方々が参加されました。この方々には全員に10Pが付きます。

渡辺新吾・山木一人・早野剛史・林晃大・岩堀航・荻野元気・五十嵐将実・真海大樹・柴田真吾・幾志健一郎・斎藤哲也・浜津直紀・山下晋豪・財津要一・菊池史英・北見真人・長谷川修・石井勝也・内山和章・金井俊介・山内厚・関和学・飯田淳・中島慎二・大出仁・冨沢真樹・安達啓志郎・高橋和隆・石田成貴・野口隼矢・小松友哉・中澤諒・小谷野慶太・吉田尚晃・佐々木俊介・伏見昇悟・高橋佑太・原健人・五味耀佑・佐藤敬之・秋山仁志・折橋裕泰・岩見健吾・沼尾裕文・大堀大・三ツ橋雅人・串橋友氷・渡井勇・中田裕介・板庇和也・古市真之・鈴木諒・天野海夏渡・古川慎也・立川雅・郡司潤・高野誠・三原望・齊藤友揮・高橋国明・向達侑希・田村一喜・黒澤尚人・小林開理・駒形修平・石井賢司・種市裕太・原田匠・豊田泰士・今野雅史・米田悠二

固定リンク  2014年05月14日(水)  

ガイド報告書 by 藤垣和正

ガイド日:4月28日 月曜日
ガイドフィールド:愛知県 入鹿池
ゲスト:浜松市より1名様

4月10日、「WFGサイトより予約が入りました」というタイトルのメールが届きました。自身の管理ページをチェックしてみると、ゲスト様の連絡先が明記してあったので、早速、ガイド予約のお礼を兼ねてゲスト様にお聞きしたく、下記の内容でメールを送りました。

  • ゲスト様の釣り歴
  • 普段の釣りのスタイル
  • 得意な釣り
  • ガイド当日のご希望のスタート時間
  • 釣りに対するご要望
  • その他ご要望

上記内容のご返答をいただき自分なりにまとめ、ガイド当日まで入鹿池の状況、当日の天気予報など3回ほどメールをさせていただきました。

ガイド当日

待ち合わせ場所の見晴茶屋さんにお越しいただき、湖上に出る前に入鹿池マップを見ながら前日のプラの状況を説明、当日のプランを提案、了解をいただき湖上へ出ました。

レンタルボートなので、タックルもコンパクトにまとめていただきストレスなく釣りが出来るように努めました。ポイントへ移動中に、入鹿池の歴史とかローカルルール等もお話しさせていただきました。釣り歴が10年以上のベテランの方なので、共鳴していただいたところも多かったと思います。釣果の方もゲスト様のレコードフィッシュ51cmを含めトータル3匹でガイドを終えました。
ガイド終了日の夜にWFGサイトへガイドが終了した事を報告、翌日ゲスト様に御礼と当日撮影した写真を送付させていただきました。

感想

正直、入鹿池でガイドが入るなんて思ってもみなかったですが、自分にとってもいい経験をさせていただきました。レコードフィッシュを獲った時のゲスト様の笑顔を忘れず、バス釣りを通してゲスト様の心に残る1ページを提供できるよう、自分自身も努力しようと思いました

固定リンク  2014年05月08日(木)  

[関連ページ]代表理事からのメッセージ

最近のエントリー

カテゴリ

年月アーカイブ

TOP