Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

WFGワールドフィッシングガイド特集

2018年7月7日桧原湖ガイド By 石井

7月7日に桧原湖ガイドを行いました。
桧原湖には何度か来たことがあるゲスト様でしたがあまりいい思い出がないご様子。
朝タックルを準備しながら今まで桧原湖でどんな釣りをしてきたのかを聞き、その時期のオススメの釣り方などを説明しました。

準備が終わり出船したのですが、風が強くて風裏へ移動。先ずは表層をi字系とスピナーベイトでチェックしていくと。
ラージマウスとスモールマウスのダブルヒット。

その後、風裏の表層を攻めるもコバッチばかり。

午後から風が弱まると読み、早目のランチタイム。

ランチが終わり11時に釣りを再開すると読みがアタリ風が弱まり、バスのアタリも増えました。

他の人がランチに向かうため、入りたいポイントに入ることができ貸しきり状態に。

午前中とは釣り方を変えて、少し水深を落として探ると。

ハンプやフラットエリアでバスをキャッチしていきましたが、天候がかなり回復してきて太陽が見えそうになったタイミングで虫をやりに移動。

しかし数バイトがあったのみで終了。

この事から虫を待ってるバスがいるが表層に出きらないと判断。

別の場所で虫に出きらないバスをライトキャロで狙うことにしたら見事にハマリました。

たまにコバッチも混ざりますが、油断してるとこのサイズ。本日の最大魚です。

ゲスト様初の40UP。

ダブルヒットも重なり数とサイズを伸ばすことに成功しました。

ヒットルアーはゲーリーのイモ30にラバーを刺したゲスト様自作のスローシンキング虫ワーム。山中様なので山中虫そこから変えて「山チュッチュッ」に命名。

見辛いですが口の奥にあるのが山チュッチュッ。釣れるバス全部がこんな感じで口の奥に。

一時は一人だけ入れ食いとなり、帰りの車内を心配しましたがライトキャロのリーダーを短くしたら同じ様に釣れ続いたので安心しました。

天気も釣果も回復傾向で良い1日でした。
1日ガイドありがとうございました。

前の画面へ戻る  2018年07月16日(月)  

このエントリーのURL

[関連ページ]代表理事からのメッセージ

最近のエントリー

カテゴリ

年月アーカイブ

TOP