Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

WFGワールドフィッシングガイド特集

ガイド報告書 by 植付友二 10月22日 琵琶湖

10/22のWFGガイドレポートをさせて頂きます。
今回はアメリカからのゲスト様ですから
本当にワールドフィッシングガイドです。
ゲスト様はケヴィン・クマガイさん
ケヴィンさんはご家族との旅行の1日を琵琶湖ガイドさせて頂きました。
ちなみに僕の英語力は中学生レベルですが
心強い?アイフォンの翻訳アプリが助けてくれます(笑)。
もちろん旅行中のゲスト様ですから
公共の交通機関では遅くなってしまいますので
京都東急ホテルへお迎えに行かせて頂きました。
ケヴィンさんはビッグ狙いがしたいという御希望ですが
前もって只今フォールターンオーバー真っ最中で厳しい状況は告知済みですので
心の準備をしておいて頂いて、まずは秋のビッグが期待できそうな場所を回ります。
しかし、ノーバイト・・・(T_T)
前日のガイドの数釣りエリアへ行って数釣りしましょうと提案し

僕の片言英語でも理解してもらえています。
という事で昨日のエリアへ数釣りに行ってみると
魚探には良い映像が出ますのでレクチャーさせて頂き
チョットお手本フィッシュを釣ってから再レクチャーしてる時に

ケヴィンさん一安心(笑)

サイズは選べませんがポコポコ釣れます
ケヴィンさんは

記念撮影中です。

もうコツを掴んで頂けましたので
ポコポコ釣って頂いております。

グッドフィッシュも釣れますしカワイイサイズも釣れますが

 


ロッドがよく曲がっています!大きそう!
ちなみにロッドは私のロッドをレンタルで使用して頂いてます。


ナイスフィッシュです!


2人で30本を超えたので早めのランチです

ケヴィンさんはお箸を使うのも上手いです。
そして午後はビッグ狙いで
スピナーベイトを巻きまくるか?って言って頂きましたが
再度湖上へ出ると今日は全く風が無いので難しいかなぁ?

という感じでテキサスリグでブッシュ撃ちに行きますが
状況からスピナーベイトに変更して


54cm!のビッグワンです!
ケヴィンさんビッグも捕獲成功!
でもこの魚は簡単ではないんです。
ウィードジャングルの上を通してきますのでバスはバイト直後にウィードに潜ろうとしますから
フッキング後はロッドを立てて上に上に出さないと獲れません!
ですから釣った後はヘトヘトです。
テンションは上がってますので少しの休憩の後リスタート
そしてチョット間が空いて再度ビッグが来ますが
ケヴィンさんもつま先立ちまでして頑張って頂きましたがウィードに潜られて藻化け(T_T)
その後も頑張って巻き続けて頂きましたが
バイトが遠くて遠くて終了間際にケヴィンさんがネコリグを希望
アメリカには無い釣り方ですので覚えたいとのの希望
ランチタイムに僕がrainsさんの依頼で作ったアメリカ向けの動画を見て頂いてましたので
釣れなくてもいいから覚えたいと強い希望されて
それではレインズスワンプを準備して
フックのセットからアクションまでしっかりとレクチャーしていると
ケヴィンさん「フィッシュ!」
僕「レアリー?」
ケヴィンさん「フィッシュ!フィッシュ!WAHAHAHAHA!」
って感じで


45cmのグッドフィッシュです!
レクチャー途中フィッシュでしたがコツを覚えれば早いです。
前日のガイドではネコリグでは1匹しか釣れませんでしたが


30分の間で3匹を釣って頂いて終了時間となりました。

ケヴィンさん、54cmのビッグまでの執念はお見事です!
シーユーアゲインって約束しましたので、また琵琶湖に来てくださいね!
とにかく最後まで頑張って頂きありがとうございました。
感想
終始英語での会話は慣れない私に務まるか不安でしたが、ケヴィンさんの理解しようという気持ちと、翻訳アプリのおかげで無事終了することが出来ました。ケヴィンさんも最少は20cmぐらいから最大54cmまで合計19匹釣って頂き喜んでおられる姿が僕も嬉しかったです。
前の画面へ戻る  2016年10月29日()  

このエントリーのURL

[関連ページ]代表理事からのメッセージ

最近のエントリー

カテゴリ

年月アーカイブ

TOP