Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

エトセトラ

観光遊漁に取り組む下北山村

JB TOP50シリーズ第3戦(七色ダム)は、開催地の下北山村・南 正文村長の温かい歓迎のあいさつで幕が開いた。
南村長は「ダム湖の有効活用」を公約の一つとし、昨年の春に就任されたばかり。とはいえ、その前は副村長を務めていたので、この村が抱える問題や課題を十分に掌握されている。

このグラフは国勢調査による下北山村の人口統計を表したものだ。
過疎化が進んでいるのは一目瞭然。大型ダムの建設ラッシュがあった昭和30年代半ばに人口が増加した期間もあるが、それ以降は人口減に歯止めがかからない。今年6月1日時点で総人口は861人。とうとう1,000人を割り込んでしまった。

そんな下北山村の活性化に貢献してきたのがバスフィッシング。
七色ダムがバスフィールドとして注目されてから既に40年近くが経過した。七色渓谷というそのスケールと美しさを誇る伝説の渓流はダム湖の底に沈んだが、その後に誕生した大きな湖は新たな観光資源として長年の間、バスアングラーを誘致してきた。

下北山村のホームページを開くと、『ブラックバスや鮎、アマゴ・・・釣り天国、下北山村』と釣り人誘致を目的としたページが作成されている。そこには「バスフィッシングが堪能できる池原ダム・七色ダム」と紹介されている。
さらに南 村長のあいさつ文の中にも「ブラックバス釣りのメッカであり、全国各地からたくさんの釣り客が訪れる日本でも代表的なバス釣り場」という一文が入っている。
バスフィッシングの普及に取り組んでいる数少ない自治体といえるだろう。

40年間という長きに渡り、ブラックバスと付き合ってきた下北山村だからこそ重みがあるバストーナメントの誘致。今大会を迎えるにあたり、村中のあちこちに貼られた「TOP50歓迎」のポスターからも、南 村長や下北山村の皆さんの気持ちが伝わってきた。
そして、上位入賞者には、村の特産品である木工製品やお米など、心温まる景品が贈られた。

外来生物法が施行されるタイミングでブラックバスの漁業権魚種認定を申請したことがある同村。
その後、池原ダムと七色ダム、吉野町の津風呂湖を含め、「県南部のダム湖をブラックバス特区に設定しては!」と同県の内水面漁場管理委員会のメンバーから再度県へ打診したこともある。
環境省からの指導でブラックバス特区は実現しなかったが、奈良県下にある幾つかのダム湖ではしっかりとブラックバスを中心とした観光遊漁が根付いている。

地域の活性化に貢献しているバスフィッシング。生態系に影響をおよぼさない人造湖では、もっと外来魚の有効活用が議論されるべきではないだろうか。

バスマガ編集部 K


池原・七色ダムへ釣りに行かれたら、ぜひ『下北山温泉 きなりの湯』でひと風呂浴びて帰ってくださいね。

固定リンク  2016年07月22日(金)  

日中友好釣り大会

日中友好釣り大会 河口湖で親睦バストーナメントを開催。
『山木一人×石 岩』チームが11,310gで優勝!

北京市釣魚連盟のメンバーが来日し、JB選抜メンバーと中国選手がペアを組んで第1回日中友好釣り大会(親睦バストーナメント)が6月7〜8日(火・水)に開催された。
参加は7チーム。河口湖のスペシャリストをズラリと揃えたJB選抜メンバーは山木一人、野村俊介、荻野元気、柴田真吾、佐々一真、中田敬太郎、種市裕太の7選手。パートナーの組み合わせを抽選で決定し、2日間のトータルウエイトで競い合った。
河口湖はリミットメイクに苦しむコンディションだったが、ウィークデーということもありビッグバスが続出。優勝は山木一人・石 岩チームで、連日5kg台を持ち込み、トータル11kg台のビッグウエイトを叩き出した。

同チームがメインに攻めたのは大石エリアやロイヤル沖。ウィードをシャッドで攻めたり、サイトでビッグバスをバイトに持ち込むのが今回のウイニングパターンとなった。
山木選手のパートナーである石 岩選手は海釣りを中心にマルチアングラーとして中国国内で名前が知られたアングラーの一人。山木選手の高度なテクニックを目の当たりにして、とてもいい勉強と経験になったと今大会の終了後に語ってくれた。

中国国内でもバスフィールドに恵まれた南部ではバストーナメントが盛んに開催されるようになった。今回のメンバーはまだバスフィッシングがそれほど盛んではない北京市在住のメンバーが中心だったが、参加選手全員が河口湖バスのサイズに驚き、日本のバストーナメントを満喫した。
各チームともとても雰囲気がよく、今後の交流に期待が持てる日中友好釣り大会となった。

日中の交流と中国の釣り振興を目的に調印。
中国の釣り振興にJBが支援することを約束!

今回来日したのは、北京市釣魚協会のメンバー。この組織が設立したのは1984年。現在約1,000名の釣り愛好家が所属する。設立時期はJB日本バスプロ協会と同時期だが、この1年でメンバーが前年比150%の伸びがあったという。これは釣り人口の伸びを示す数値ではないが、釣りメディアの充実と、レジャーとしての釣りの注目度は上がり、中国ではルアーフィシングを中心に釣り人口が急増している。
今回は「日中民間交流の促進」を目的とし、日本バスクラブと北京市釣魚協会との間で友好交流活動戦略のパートナシップを約束する調印式が行われた。

日本バスクラブ 山下 茂会長と、北京市釣魚協会 劉 京書 事務局長が協力覚書所にサインした。
今後、日本の釣り業界にも好影響を及ぼすことが期待される中国の釣り振興。
9月には中国釣り具代理店の企画で20名が来日し、河口湖でバスフィッシングを体験するツアーが組まれている。
また、10月にはヒューマンフィッシングカレッジの修学旅行で約80名が中国の無錫(むしゃく)を訪れることになっている。
釣り人による日中交流が深まれば、両国の釣り界がさらに活気づくことだろう。

フォトギャラリー

固定リンク  2016年06月18日()  

2016年全国チャプター会議報告とNBCチャプターからのメッセージ

2016年1月16日にヒューマンフィッシングカレッジ富士河口湖校校舎にて「全国チャプター会議2016」が開催されました。この会議はトーナメントシーズンが始まる前の1月に毎年開催さる恒例行事。NBC本部スタッフ、そして全国のチャプタースタッフが一堂に会する唯一の機会です。
会議の内容は大きく別けて
・会長あいさつ(今後の方針・意向をチャプタースタッフへ伝える)
・ルールに関する議論
・質疑応答
があります。会長からは「あと7年で40週年を迎える。釣り人の全国組織として40年は他に類を見ない。チャプターあってのJB/NBCという組織であり、あと7年は業界のためにみなさんと一緒に頑張りたい。メーカー・小売店が増えた一方で、釣り人は減少した。輸出金額の多いメーカーはあるが利益率は低い。国内釣り業界の発展のために今度は中国に力を入れる。中国には採石場跡地がたくさんある。そこに水を張って釣り場作りを進めていきたい。韓国のトーナメントはJBルールが浸透した。今後は中国にも環境にやさしいトーナメントのルール作りを行っていきたい。」と今後の活動方針について発表がありました。また、釣り情報も含めた富士山観光アプリを世界に向けてリリースしたこと、今年も全国8会場で「つり祭り」を開催することなどが発表されました。

ルールに関する議論や質疑応答を終えると全体会議は終わります。そこから引き続き、地域に分かれてのブロック会議が始まります。これは、シーズン終盤に開催されるチャンピオンシップ大会に関する打ち合わせです。同じエリア内でもスタッフ同士が顔を合わせる機会はそう多くはないために、これもまた貴重な時間になります。

17時に会議を終えると懇親お食事会〜任意での2次会・・・遠方からの参加者のために宿も用意されているので、夜はかなり盛り上がるそうです。

チャプタースタッフから、参加をご検討されている皆様へのメッセージ

チャプター埼玉・長野野尻湖・茨城・北浦・奈良・津風呂湖・愛媛・徳島・奥河口湖は動画でのメッセージです。

チャプター福島

NBCチャプター福島は桧原湖の早稲沢キャンプ場と曽原湖のさざなみ荘の二ヶ所をスタート会場に活動しているチャプターです。約100年前に会津磐梯山が噴火して出来た湖で湖周はダムの様な形状をしておりオカッパリには向いていません。
その分スロープ等の施設は充実しておりボートでの釣りには大変向いています。特に桧原湖はボートをそのまま桟橋に付け食事やトイレが利用できる施設が多く特に女性に人気の湖です。 曽原湖は手漕ぎボートとエレキ艇のみ使用の池ですが周りを森林に囲まれており風が吹いても荒れることなく安全に釣りが出来ます。特に奥の立ち木エリアは圧巻。水深10mから立ち上がる数百本の立ち木は一度試す価値ありです。

裏磐梯のフィールドは近年バスのサイズがアップし若干難しくは成ってきましたがまだまだ数釣りが楽しめる湖です。また大会中に置いても釣れるパターンがハッキリしているため逸早くパターンを見つけリミットメイクして帰着する選手が多く中には50upを数匹持ち込んで検量の列でザワメキが起きるシーンは珍しく無い光景に成りま
した。

現在チャプター福島は100名前後の参加者で大会を行っています。参加メンバーの多くが10年以上参加しているベテラン選手ばかりで優しく若手選手の面倒を見ている様です。短時間でランキングを上げる若手選手が多く目に付きます。

桧原湖は以前からチャプター戦以外にJB戦 Top50戦が長年行われている為メジャーレイクに成りました。

3・11震災後若干参加メンバーは減少しましたが数年前から又新規メンバーが増えはじめ大会に一段と活気が出て来ています。ですがまだまだ参加メンバーを募集しています。チャプター参加にあたり疑問・質問等がある方は早目に気軽に声を掛けて下さい。出来る限り対応したいと思います 

是非一緒にトーナメントを楽しみましょう

連絡先
早稲沢キャンプ場 0241-34-2161
さざなみ荘 0241-32-2626
事務局 アングラーズプラザ岸波 北福島店 024-559-0166
会 長 幕田勝利 090-9630-6844

チャプター群馬

チャプター群馬は、ボートの動力が人力という最もクリーンなエネルギーで開催しています。それ故に環境問題にはうるさいです。
チャプター群馬今年の抱負は、「いつまでも綺麗な湖を残すために落ちてるゴミは必ず拾う。」とし、いつまでもクリーンな湖を保持していきたいと考えます。
新緑、避暑、紅葉と四季折々の魅力満点の榛名湖で、トーナメント参加をお待ちしています!!

チャプター千葉

NBCチャプター千葉では2016年も全ての参加者が楽しめるトーナメント運営を目指して頑張って参ります。ひたすらガマ・アシといったカバーを撃ち続けるシャローマンなら絶対に夢中になれる印旛沼へ是非とも遊びにいらして下さい!初参加の方も1からしっかり指導致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

チャプター霞ヶ浦

年々、釣果が上がってきている霞ヶ浦ですが、まだ簡単に釣れるわけではありません。霞ヶ浦という広大なフィールドから、自然状況に応じてバスを探すのは至難のワザです。ああでもない、こうでもないと試行錯誤を繰り返し、それでも答えがでない時もあります。

が・・・

だからこそ、バス釣りはおもしろい!簡単に釣れる魚じゃないからこそ、釣った時の喜びもひとしお!

そんなバス釣り本来の楽しみを実感できるのが霞ヶ浦です。そして、自分のスキルアップにつながるのがチャプタートーナメントです。たとえ今回釣れなくても、釣った人の話を聞くだけでもスキルアップになります。マナーやモラルも身につき、新しい仲間もできます。

トーナメント運営は、「マナー・モラルを守り、みんなで楽しく・・・コラッ、そこ、ケンカしない!」をモットーに楽しい運営を心がけています。
初参加の方には親切・丁寧に指導しますよ・・・ムフフフッ(含み笑い)

そんなわけで、皆様のご参加お待ちしてます。本年もよろしくお願いします。

福会長 峰 正寿

チャプター房総

2014年、2015年と連続して参加人数が増えて来ています。今期からNBCチャプターに参加したいと言った声も聞いていますので今年もより多くの選手に緊張感のある試合を経験してもらえたらと思っています。
2016年はNBCチャンピオンシップ東日本決勝大会が高滝湖で開催されます。関東Bブロック大会の出場権を狙ったスポット参戦もお待ちしています!

会長 椎谷勝義

チャプター山中湖

山中湖チャプターは、全戦レンタルボート戦です。会場も有名ポイントの目の前とこれからトーナメントに参加する方のハンデも少なく参加できるトーナメントです。また、山中湖をホームレイクにしているプロ選手も参加しているので、大会後に当日のパターンや詳しいエリア情報等シークレット情報をゲットできる可能性が大きいですよ。
環境を維持していけるように、地元とのタイアップや協賛企業の理解、そして地元漁協との頻繁な交渉により実現しているトーナメントです。

チャプター山中湖第2

富士山の麓 山中湖で開催されるチャプターです。
今年度も全戦レンタルボートを予定しておりますが、レンタルボートを使用することでボートによるハンデが小さくなり、初めての方にも出場し易いと思います。
山中湖はブラックバスが魚種認定されている湖の中で、唯一ソフトベイトを禁止していない湖です。
そのため、年間を通してハードベイト、ソフトベイト、ジグなど季節にあった釣りも可能となり、毎回入賞者のパターンや使用ルアーが大きく変わるのも特徴の1つと言えます。
近年は難しい湖と思われていますが、その分サイズが良く、釣れれば40cmアップ! 50cmオーバーも数多くあがっており、狙い方次第では面白い釣りができるのも魅力の1つです。
山中湖第2チャプターではジュニア選手はもちろん、女性の参加も歓迎しております。
2名乗船も可能なので、親子やご夫婦で出場したり、ジュニア選手が一般の選手と競ってみたり、 シニアの選手でも2名乗船で楽しんでと様々な出場者が多いです。
参加者全員が楽しめるトーナメント運営を目指しており、冠スポンサー様はもちろん、参加者や地元からも多くのご協力とご協賛を頂き、賞品が豪華と評判です。
最後になりますが、2016年度は山中湖第2チャプターが関東Cブロックチャンピオンシップのホストとなります。
これからトーナメントを始めたい方だけでなく、チャンピオンシップ東日本決勝を目指す方まで幅広く皆様の参加をお待ちしております。

チャプター神奈川

チャプター神奈川は箱根町の芦ノ湖で開催しております。年間5戦もしくは6戦で春から秋にかけ一年を通し試合を開催しております。
対象魚はブラックバスのみで、三匹の重量制です。
芦ノ湖の特徴は、山上湖で景色も良く夏は避暑地として最高なローションとなっております。ブラックバス以外にも魚種は豊富でマス類も多く今はワカサギ釣りが盛んな湖になっております。
芦ノ湖と言えば日本に初めてブラックバスが入った湖になります、魚体は素晴らしくサイズも引きも他の湖には負けないポテンシャルを持っていると参加者全員が認めています。
参加選手の中には、中学生や女性の方もいらっしゃいますので、家族で参加してみるのも抜群のフィールドになっております。ハードルアーオンリーの湖ではありますが、1日通して遊べる場所なので是非参加してみてはいかがでしょうか。

選手、スタッフ一同心よりお待ちしております。

チャプター神奈川 会長山下晋豪

チャプター東京

NBCチャプター東京は神奈川県の津久井湖・相模湖の2つのレイクが会場になります。
人数は40名前後でジュニア〜50歳超えのベテラン選手までが年間優勝目指して熱い戦いが繰り広げられております。
参加に興味がある選手は是非、関東屈指のタフレイクで腕を試してみては如何でしょうか?

チャプター愛知

昨年、世界かんがい施設に登録された事により注目度もアップする愛知県 入鹿池で、年5戦を開催いたします。
中央道 小牧東インターから5分とアクセスも良く、レンタルボートも免許不要艇が有るなど、気軽に参加していただけます。
親御さんの了解を頂ければジュニアの方も参加可能ですので、お気軽にお問い合わせを頂ければと思います。
また、初めてトーナメントに出られる方向けのルール説明会を3月に開催しますので、初めてで不安な方も是非参加して下さい。
詳細は、チャプター愛知のHPでお知らせいたします。
1人1人がマナー、モラルを高め、参加選手全員で入鹿池のバスフィッシングを盛り上げていきましょう!

チャプター三重

三重県青蓮寺ダムで、年4戦チャプタートーナメントを開催しております。腕に自信のある方はもちろん、トーナメントに少しでも興味ある方は、ぜひ、参加してみてください。やさしいスタッフと、気の良い選手のみんなが待っていますんで、一緒にトーナメントを楽しみましょう。

チャプター大阪

オカッパリオンリーのちょっと珍しいチャプタートーナメントです。初心者の方からプロトーナメンター、ジュニア&シニア&レディースまで幅広く楽しむことができるような運営を心がけています。
「明るく、楽しく、面白く、ルールは厳しく!」を活動方針に2016年も盛り上げていきますので、是非、多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

舟田智哉

チャプター旭川ダム

会場となる旭川ダムはNBCはもとよりJB戦の開催、TOP50の会場にもなった中国地方を代表するメジャートーナメントレイクです。
年2〜3回の草刈り・清掃等を実施し、フィールドの保全にも力を入れ活動をしています。
また、ルールやマナー等、一般のアングラーの模範となる人材育成にも力を入れていきたいと考えています。
「楽しい中にも厳しさ有り」をスローガンに、2016年度の活動を行います。

チャプター岡山

私達チャプター岡山は、岡山三大河川の一つである高梁川をトーナメントフィールドとして活動しています。
近年高梁川としては厳しい釣果が続いていますが、昨年も3本で6キロオーバーを筆頭に好ウエイトが持ち込まれるなど、2キロを超えるグッドサイズが数多くウエインされ、ビックウエイトが期待できる魅力あるフィールドです。

チャプター岡山としては、マナーや釣技の向上の場となる事は勿論の 事ですが、全ての参加選手が「参加して良かった。楽しかった。」と思える様な運営を心掛けています。

チャプター戦以外にも毎年7月にはバスフィッシングの他にカヌー、ウェークボード、ウィンドサーフィン、ジェットスキー、サップなどの各団体と「高梁川スポーツフェスティバル」に中心団体の一つとして参加。バスフィッシング部門として、子供たちの釣り体験教室やペアトーナメントを開催。11月には高梁川で行われる「高梁川流域クリーン一斉行動」(流域全体で約2000名参加)にも協力団体として積極的に参加し、フィールド保全にも取り組んでいます。

出場に関してなどその他、何か解らない事などがあれば気軽に問 い合わせ下さい。okayamachapter@yahoo.co.jp

まずは参加して頂いて、バスフィッシング、トーナメントの楽しさを少しでも感じて貰えたと思います。

チャプター広島

私たちチャプター広島は 昨年 西日本決勝の舞台となった 弥栄湖で活動しています。大型バスの釣れるフィールドでありながらアクセスも良く、レンタルボート、キャンプ場なども整備され ビギナーからトーナメンターまで幅広く楽しむ事が出来ます。今年から大会の上位選手の使用ルアーや簡単な釣り方などをレンタルボートに写真付きで張り出します。楽しい楽しい弥栄湖に是非お越しください。スタッフ一同お待ちしております。

栗原武史

チャプター福岡

TOP50も開催される九州屈指のバスリバー「遠賀川」で開催されるチャプター福岡です。
近年の遠賀川ではキャッチされるバスは数が少なくなっているもののサイズが大型化しており毎試合50cmアップがウェイインされております。
昨年のJB九州第1戦では3kgオーバーのスーパービッグフィッシュがウェイインされました。
そんな魅力的なフィールド遠賀川開催の「チャプター福岡」に是非みなさま参加宜しくお願いします。

チャプター大分

大分チャプターの会長になって 3年目
若い人達もだんだんベテランになって 新人トーナメンターさんを育ててもらい 年々と参加人数も増えてきています。
歴代会長のモットー ルールは厳しく・競技は楽しくを守って これからも頑張って行きたいと思います。
水位の変動が激しく プラクティス等大変と思いますが、今年も大分チャプターをよろしくお願いします。

会長 寺岡


報告:NBCNEWS

固定リンク  2016年01月20日(水)  

2015年人気ツィートランキング

2015年@wwwjbnbcjp人気ツィートランキング20です。 ランク付けは2015年12月31日現在のtwitter社公式アナリティクスにあるエンゲージメントという数字を使っています。アナリティクスにはインプレッションとエンゲージメントという数値があります。前者は ユーザーがツィートを見た回数、後者は「リツィート・いいね・返信・フォロー」など、そのツィートに対して何からのアクションを行った場合に数値が増加します。なので人気ツィートという意味でエンゲージメントが多いものを挙げてみました。

20位 トップ50第3戦旧吉野川決勝初日の青木大介選手写真

エンゲージメント:2015

19位 トップ50第1戦の五十嵐将実選手のメッセージ。

エンゲージメント:2035

18位 トップ50桧原湖戦での青木大介選手のビッグラージ写真。

エンゲージメント:2080

17位 クラシック池原2日目の三原直之選手のバス持ち写真

エンゲージメント:2123

16位 クラシックの参加者写真

エンゲージメント: 2133

15位 JBトップ50 第4戦 エバーグリーンCUP成績表へのリンク

エンゲージメント:2181

14位 JBトップ50 第3戦 東レ・ソラロームCUP 福島健選手の優勝ガッツポーズ

エンゲージメント:2252

13位 JBトップ50年間ポイントランキング確定版へのリンク

エンゲージメント:2356

12位 河口湖バスプロ選手権でロクマルクラス登場

エンゲージメント:2361

11位 トップ50旧吉野川戦での河辺裕和選手のメッセージとダンス

エンゲージメント:2378

10位 JBトップ50第5戦がまかつCUP予選成績表へのリンク

エンゲージメント: 2404

9位 JBトップ50第4戦エバーグリーンCUP1日目成績表

エンゲージメント:2490

8位  JBトップ50第5戦がまかつCUP1日目成績表

エンゲージメント: 2490

7位  JBトップ50第4戦までの年間ポイントランキング

エンゲージメント:2655

6位  トップ50桧原湖戦での今江克隆選手の検量前動画

エンゲージメント:2740

5位  トップ50桧原湖戦で今江克隆選手が5.5キロ出した検量動画

エンゲージメント:2910

4位 エリート5お立ち台写真

エンゲージメント: 3003

3位 2016年トップ50メンバー発表

エンゲージメント:5592 

2位  しろ〜と5撮影報告

エンゲージメント:6287

1位  トップ50桧原湖戦での青木大介選手の検量前動画 

エンゲージメント:6375


というわけで、女性パワー恐るべしではありますが、ギリギリ青木大介選手がNo1を獲得です。ツィッターユーザーは若い人が多いので必然的に若い選手が人気になっておりますが、そんな中、今江克隆選手の人気もさすがであります。なおフォロワー数が自然増加するため、どうしてもシーズン終盤の大会が多くのエンゲージメントを獲得する傾向なのはご了承ください。

2016年もトップ50大会を中心にツィートする予定です。本家サイトともども来年もよろしくお願いいたします。

固定リンク  2015年12月31日(木)  

TOP