Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター長野・野尻湖第1戦キャリルK.T.FCUP
05月06日() 長野県 野尻湖

NBCチャプター長野・野尻湖第1戦キャリルK.T.FCUP概要写真 2018-05-06長野県野尻湖

2018年5月6日、チャプター長野・野尻湖第1戦「キャリル KTF CUP」が開催されました。暦の関係でつい先週解禁となった野尻湖、桜の開花が例年になく早かったのでさぞかし湖の中も季節進行が早く、魚の活性も高いのかと思いきやそうでもなく、誰もが簡単に釣れる状況ではありませんでした。シーズナルパターンを的確に捉えてる選手はパンパンの魚体をキャッチ出来た様ですが、ウェイイン率は33%に留まりました。そんな開幕戦の頂点に立ったのは、チャプタースタッフ、ヤンコバこと小林選手!得意のシャッドのドラッキングで3,756gを持ち込み、KTFスペシャルチューンリールをゲットとなりました。昨年も第1戦お立ち台のヤンコバ、本人曰く単身赴任パワーだとか!?おめでとうございました。
今回も豪華賞品を協賛して頂いたキャリル沢村様、ありがとうございました。チャプター河口湖の大場会長からは好評のサイン付きグッズを協賛して頂き、ジャンケン大会で盛り上がりました。
参加人数も70人を超え、大盛況となりました。
今年の東日本決勝大会の舞台は野尻湖です。選手の皆さん、栄冠目指して頑張りましょう!

成績表

氏名重量
1 小林紘也 3,756 3 40
2 小山佳敬 3,694 3 39
3 瀧本英樹 3,636 3 38
4 礒野恒二郎 3,426 3 37
5 田畑二郎 3,114 3 36
6 渡辺知洋 2,604 2 35
7 町村猛 2,526 3 34
8 遠田勉 2,412 2 33
9 田中浩之 2,356 2 32
10 武者雅広 2,320 2 31
11 松本昌也 1,992 2 30
12 真下温史 1,174 1 29
13 阿部俊介 1,168 1 28
14 奥泉悠介 1,156 1 27
15 中野和也 1,132 1 26
16 伊藤幸雄 1,122 1 25
17 松尾和輝 1,116 1 24
18 西條友教 1,110 1 23
19 藤居賢司 1,102 1 22
20 栗原稔 1,032 1 21
21 宮腰潤 998 1 20
22 櫻井宏 970 1 19
23 長尾祐輔 914 1 18
24 豊嶋仁 638 1 17
25 阿部俊一 0 0 5
25 大場直樹 0 0 5
25 比田井裕二 0 0 5
25 小暮祐一 0 0 5
25 石岡正成 0 0 5
25 樋屋祐輔 0 0 5
25 関口裕輝 0 0 5
25 新倉裕司 0 0 5
25 沢田智 0 0 5
25 関之台一寿 0 0 5
25 喜代浜友貴 0 0 5
25 木村浩規 0 0 5
25 中村雅順 0 0 5
25 太田雅文 0 0 5
25 澤田幹雄 0 0 5
25 丸山知幸 0 0 5
25 吉原宏明 0 0 5
25 中薗鉄平 0 0 5
25 小林信義 0 0 5
25 桜井伸治 0 0 5
25 中村謙一 0 0 5
25 大塚稔宜 0 0 5
25 江沢弘信 0 0 5
25 唐澤敬寛 0 0 5
25 天野弘人 0 0 5
25 大村将文 0 0 5
25 久田恭平 0 0 5
25 江指憲 0 0 5
25 一柳佳孝 0 0 5
25 久保拓也 0 0 5
25 下田芳久 0 0 5
25 戸津平 0 0 5
25 林晃大 0 0 5
25 橋本健 0 0 5
25 安田智昭 0 0 5
25 小林哲也 0 0 5
25 山本俊和 0 0 5
25 岩間裕幸 0 0 5
25 柳田勝哉 0 0 5
25 原島護 0 0 5
25 宮嶋功房 0 0 5
25 藤井英雄 0 0 5
25 近藤健広 0 0 5
25 福島義則 0 0 5
25 原田義行 0 0 5
70 宮入拓也 -200 0 5
999--- 小菅陽平 0 0 0
999--- 山田泰聖 0 0 0

上位の釣り方

NBCチャプター長野・野尻湖第1戦キャリルK.T.FCUP上位のフィッシングパターン写真 2018-05-06長野県野尻湖

優勝 NBC60174 小林紘也選手(3匹)3,756g

【使用タックル】
スーパースレッジ、59MH、2500番、フロロ4lb

【エリア】
伝九郎前?一番館前、YWCAワンド

【リグ・パターン】
3mくらいをドラッギング

【コメント】
決して楽な展開でなく、リミットメイク後500gの入れ替えに成功した時は久しぶりにシビれました。
春の試合には思い入れが強く、十数年やってやっとここまで来れたことが本当に嬉しく思います。
また、最近は仕事の都合で野尻湖にはなかなか来れなくなってしまいましたが、選手の皆様、スタッフの皆様、スピンネーカーの皆様には暖かく迎えて頂き大変感謝しております。
ありがとうございました。




準優勝 NBC59927 小山佳敬選手(3匹)3,694g

【使用タックル】
レジットデザイン ワイルドサイドWSS64UL
シマノ ステラ2500S
サンライン FCスナイパー 3lb

【エリア】
樅ヶ崎 左右のバンク
風が当たり浮きゴミ(潮目)がありストラクチャー(レイダウン等)があるスポット

【ルアー】
エンジン ライク2.5グリパンブルーをケイテック スーパーラウンドジグヘッド1.3gで上記のファクターに絡めながらミドスト

【コメント】
大変厳しい試合の中で準優勝できたのもチャプター運営の方々、いつもキレイなボートを朝早くから用意してくださる野尻湖マリーナ様にマリーナファミリー、熱いチャプター選手の方々、他にも私に関わってくださる皆様、そして貴重な連休中に釣りに行かせてくれた妻のおかげだと思っています。
最後に、自分も普段から愛用させていただいてる冠スポンサーのキャリルK.T.F,様にも感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。次戦も頑張ります!




第3位 JBマスターズ8 瀧本英樹プロ(3匹)3,636g

【使用タックル】
ロッド LUXXE ATS05 S61UL FINE MASTER "SOLID SENSOR"
ルアー フリッパーテール 
シンカー 2.7グラム
ライン フロロ3ポンド
フック ワーム329 ハンガーSF #8
サングラス SWANS LION SIN 偏光ウルトラライトグリーン

【エリア】
湖全域のシャローをランガン。 釣れたのは菅川エリアと琵琶島エリアでした。

【リグ・パターン】
タイミングとしてはスポーニング直前でしたので、シャローで縄張りを意識しだしてうろつく大型の個体に的を絞り基点となる岩や枝などに対してダウンショットでスローにアプローチして釣りました。

【コメント】
今回全体的にはタフなレイクコンディションの中、
少しパターンが見えた状態でしたが、優勝にはあと1歩及びませんでした。
また優勝目指して練習します!
あと、今回使用したフリッパーテールなどのエコソフトルアーに加え今年から新たにHIPLASTブランドとしてシャッド等のハードルアーもリリースしていきますのでそちらの方もよろしくお願いします。




第4位 JBマスターズ55 礒野恒二郎プロ(3匹)3,426g

【使用タックル】
ロッド:SCS-63XXSUL-ST
リール:ステラ2500SHG
ライン:デッドオアアライブ フロロ2.5ポンド
ジグヘッド:ノガレス ゲンテン#3 0.9g
ルアー:SHU7 シナモン

【エリア】
弁天島 鳥居前 灯篭近く 1.8〜2mライン

【リグ・パターン】
ジグヘッドによるミドスト。リーリングスピードは速め。

【コメント】
試合前日のフットエレキの故障に対応して頂いた一番館様、ピノキオ様、野尻湖チャプタースタッフの皆様に感謝いたします。次戦も頑張ります。
グレイトだぜ〜!




第5位 JBマスターズ12 田畑二郎プロ(3匹)3,114g

【使用タックル】
ライン デュエルT7 5lb
ルアー ハードコアシャッド60sp赤 カットテール3.5

【エリア】
菅川シャロー

【リグ・パターン】
ダウンショットのステイ シャッドはボトムノックでリアクション バスを見つけてから打つのはNG

【コメント】
ボートポジションがポイントでした。
参加者が増えたのは大変嬉しく思います。
スタッフに感謝です。

TOP