Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター北浦第2戦東レバウオ・ブリッツエンCUP
04月08日() 茨城県 北浦

NBCチャプター北浦第2戦東レバウオ・ブリッツエンCUP概要写真 2018-04-08茨城県北浦

2018年度第2戦東レバウオ・ブリッツエンCupが4月8日に北浦の潮来マリーナを会場としてショア部門40名、ボート部門47名の参加で開催されました。
4月に入り暑い日が続いていた関東も数日前から平年並みの肌寒い日に戻り、試合当日も朝から天気は良かったのですが北寄りの冷たい風が吹くコンディションでした。前日には北浦名物の強い風でプラにも出れなかった選手がいた中この日替わりのコンデションから選手はどんな戦略でバスを見つけるかが注目な試合になりました。
ショア部門では、前日の荒れた状況と当日の冷たい風の影響からか厳しい結果となりバスを持ち込んだ選手が5名となった。その中でも初戦に続き石川一光選手が1300gのバスを持ち込み2戦連続の優勝と成りました。
ボート部門では、半数の選手がバスを持ち込みコンデションの良いバスが多く持ち込まれた中、唯一3キロを超えた田守慎選手が見事に優所を飾りました。
今回冠スポンサーの東レバウオ・ブリッツエン様には素晴らしい協賛品を多数ご提供いただきました事、また協賛いただきました各協賛スポンサー様、素晴らしい会場を提供して頂いた潮来マリーナ様にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

ボート部門成績表

氏名重量
1 田守慎 3,280 3 50
2 清水隆男 2,660 2 49
3 江尻悠真 2,190 3 48
4 ワキアレキサンダー 2,030 2 47
5 馬場拓也 1,890 2 46
6 津久浦慶仁 1,720 2 45
7 渡辺泰喜 1,700 1 44
8 荘司淳志 1,650 1 43
9 浦塚剛志 1,580 2 42
10 伊藤健二 1,490 1 41
11 村田茂穂 1,460 1 40
12 菅井陽介 1,120 1 39
13 眦直“ 1,110 1 38
14 内田隆洋 1,100 1 37
15 渡辺孝一 1,010 1 36
16 諏訪亨 960 1 35
17 徳田和広 950 1 34
18 宮嶋駿介 900 1 33
19 青木敬一 900 1 32
20 柏木昇 900 1 31
21 忽那隆祥 750 1 30
22 日置典重 750 1 29
23 小古間努 660 1 28
24 根本健一 510 1 27
25 内山裕 0 0 5
26 細田和広 0 0 5
27 君嶋一慶 0 0 5
28 小西純 0 0 5
29 鈴木裕貴 0 0 5
30 大和田陽介 0 0 5
31 小林治 0 0 5
32 澤田順行 0 0 5
33 望月梓司 0 0 5
34 小野将大 0 0 5
35 藤村智広 0 0 5
36 小池孝 0 0 5
37 小宮英明 0 0 5
38 倉本剛 0 0 5
39 古谷将伺 0 0 5
40 宮内哲治 0 0 5
41 一瀬哲也 0 0 5
42 田鍋秀和 0 0 5
43 望月昌宏 0 0 5
44 小原誠 0 0 5
45 森正人 0 0 5
46 松本哲哉 0 0 5
47 郡司潤 0 0 5

ショア部門成績表

氏名重量
1 石川一光 1,360 1 50
2 安藤孝浩 1,180 1 49
3 長澤政規 900 1 48
4 川崎強 880 1 47
5 照沼祐二 160 1 46
6 泉亮汰 0 0 5
7 平山貴玄 0 0 5
8 石崎雅之 0 0 5
9 柿澤明美 0 0 5
10 柿澤幸雄 0 0 5
11 小林隆之 0 0 5
12 名雪聖矢 0 0 5
13 菅原達也 0 0 5
14 清水祐介 0 0 5
15 五来元彦 0 0 5
16 上原昭彦 0 0 5
17 上原充恵 0 0 5
18 牧野忠 0 0 5
19 鈴木陽一 0 0 5
20 岸辺広志 0 0 5
21 長津俊一 0 0 5
22 飛田龍太郎 0 0 5
23 後藤穂高 0 0 5
24 宮内淳 0 0 5
25 土屋共之 0 0 5
26 石田英二 0 0 5
27 青木隆之 0 0 5
28 越川和幸 0 0 5
29 遠藤洋志 0 0 5
30 浪川正吉 0 0 5
31 木村茂樹 0 0 5
32 木村陽斗 0 0 5
33 木村優斗 0 0 5
34 佐藤征文 0 0 5
35 小嶋健太 0 0 5
36 鈴木利明 0 0 5
37 木下武 0 0 5
38 木下清 0 0 5
39 大倉友彦 0 0 5
40 篠塚健太 0 0 0

上位の釣り方

NBCチャプター北浦第2戦東レバウオ・ブリッツエンCUP上位のフィッシングパターン写真 2018-04-08茨城県北浦

◆優勝:田守慎 選手


【エリア 】北浦上流 2.5m オダ
【リ グ 】リグ:テキサス 3.5g + ルアー:エバーグリーン キッカーバグ3.5インチ グリーンパンプキンBK/GR
【タックル】ロッド:EVERGREEN HERACLES HCSC-75H + リール:Daiwa STEEZ Limited SV 05XH + ライン:東レ エクスレッド 13lb.
【コメント】前日練習の感触、展開の切り替え、タイミングが、上手く噛み合った試合でした。今回、優勝出来て嬉しく思います。次戦も頑張ります。運営スタッフの皆様、参加選手の皆様お疲れ様でした。

◆2位:清水隆男 選手


【エリア 】中流域ハードボトム
【リ グ 】OSP 阿修羅SP HFワカサギ、インスパイアルアーズ ブザービーター ゴーストアユ
【タックル】ミノー 竿:パームス モーラ MGS-66ULXF + リール:チームダイワ イグニス2506 + ライン:東レ スーパーハード4.5lb バイブレーション ロッド:チームダイワ LT 701RB-G + リール:チームダイワ SS-SV103HL + ライン:東レ エクスレッド13lb
【コメント】ウウ…第2戦もシングルに入れて嬉しいです。昨年は第3戦から最終戦まで悪夢の5点を頂き続けたので、今年はそういうことの無いように、1戦1戦大事に!!、ポイントポイント!!っと、自分に言い聞かせ精進したいと思います。お世話になっている潮来マリーナ様、私の古い船を面倒見てくれているウォーターギアの石塚さん、いつも仲よくしてくれる潮来マリーナの友人たち、毎度の会議で私を熱くさせてくれるとてもクールな稲城会の仲間たちに感謝しつつ、スタッフの方々に選手の皆様お疲れ様でした。

◆3位:江尻悠真 選手


【エリア 】釜谷のハードボトム、ブレイク、鰐川のハードボトム、ブレイク、最上流
【リ グ 】フローシャッドゼロ、フローシャッドワンismカラー エコプロセンコー1.3gネコリグ 3/8ozスピナーベイト
【タックル】ism INFINITE BLADE IBC-610M+アルファスフィネスカスタム+エクスレッド12lb ism INFINITE BLADE IBS-61ULST+レアニウムci4+エクスレッド4.5lb
【コメント】差し口になるハードボトム、ブレイクをランガン!サポートして頂いてるism様いつもありがとうございます。また、今大会運営をして下さったチャプタースタッフの皆様ありがとうございました。

◆4位:ワキアレキサンダー 選手


【エリア 】外浪逆浦の2mのカケアガリ!
【リ グ 】0.9gのジグヘッドワッキー + フリックシェイク6インチ コーラブルーギル
【タックル】ポイズンヘリテージ HS-66UL-IW + ライン G-7ストラテジックフィネス 3ポンド
【コメント】初の入賞する事が出来ました!いつもバックシートののせていただいて藤村社長ありがとうございます!

◆5位:馬場拓也 選手


【エリア 】水原リップラップ
【リ グ 】1.JACKALL ナカタジグ3/8oz(ブラックブルーフレーク) + カーリーテール系ワーム 2.JACKALL ウォブリング3(プリズム稚魚クリアー) + JACKALL ワッキージグヘッド0.9g
【タックル】1.JACKALL BPM(BC69MH) + shimano scorpion70XG + JACKALL レッドスプールレグナム10lb 2.JACKALL BPM(BS66L-2) + shimano ヴァンキッシュ2500HGS + JACKALL レッドスプールレグナム4lb
【コメント】午前中は反応のない時間が続きましたが、午後風が出てからフットボールのリアクションで釣れて、立て続けにウォブリングのジグヘッドリグで中層のシラウオパターンでなんとか追加する事ができました。サポートしていただいているJACKALL様、site51様、ありがとうございます。選手の皆様、スタッフの皆様お疲れ様でした。

TOP