Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBC陸釣りクラブ広島第2戦ジャッカルCUP
06月24日() 広島県 芦田川

NBC陸釣りクラブ広島第2戦ジャッカルCUP概要写真 2018-06-24広島県芦田川

 平成30年度 陸釣りクラブ広島第2戦ジャッカルカップが、去る6月24日(日)に広島県福山市の芦田川で開催された。梅雨とは思えないほど良く晴れた青空の下、シニア選手19人、ジュニア選手5人、ペア2組の参戦があり、28名が厳しい芦田川に挑戦した。
厳しい厳しいといわれつつ(実際5枚の盾が全て出払うことがあまりないが)釣れたら2キロoverというパターンが最近の状況である。
 まずは開会式にて、エリアやルールの確認が行われた。今年から陸釣りクラブ広島ではライフジャケットの着用を推奨しており、多くの選手がライフジャケットを着用している様子が見られたが、司会を務めた副会長から、なお重ねての声掛けがあった。
 フライト順は、事前予約をした選手が1番フライト、それ以降は4色のフライトカードで決まる。フライト抽選は前回の優勝者である荒谷選手が務めてくださった。その後、自転車や徒歩でのスタートとなった。ほとんどの選手が上流へ向かって移動していった。
 スタートしてまもなくの7:45ごろ、本部から最寄の水呑大橋橋脚から、陸釣り広島でも入賞多数のベテラン、平山選手が1キロ越えのバスをウエイン。幸先の良い感じである。
 その後、ほぼ同じ9:30ごろに上流と下流で2キロ越えのバスが釣れ、ウエインされる。下流の小水呑橋で釣ったのは初参戦の横山選手。上流のJR付近で釣ったのは最近入賞常連になりつつある鹿野選手。サイズはわずかながら横山選手のバスが大きく、これが優勝魚となった。
 そして帰着直前の11:45ごろ、諦めずに本部近くのエリアを丁寧に攻めたこちらも初参戦の松本選手が本日4本目のバスを持ち込み、嬉しい初入賞を決めた。
 閉会式では釣果のあった4人から釣った場所や釣り方などをインタビューさせてもらい、それぞれが今後の参考にしていたようである。入賞者には冠スポンサーのジャッカル様からご提供いただいた賞品を贈呈し、更に参加者全員によるジャンケン大会で争奪した。このジャンケン大会も陸釣りクラブ広島のアツイ戦いの1つである。おかげで多くの方が賞品を手にすることが出来、ご提供に深く感謝申し上げます。

最後になりましたが、大会を開催するにあたり、協賛をいただいたジャッカル様、ご協力をいただきました地元関係各所の皆様、協力ショップ様に、御礼申し上げます。

 次戦は7月8日(日)にレイドジャパンカップを開催いたします。未定ですがゲストにもお越しいただけると伺っておりますので多数のご参加をお待ちしております。

成績表

氏名重量
1 横山健 2,092 1 20
2 鹿野晃司 2,031 1 19
3 平山丈夫 1,025 1 18
4 松本健嗣 768 1 17
999--- 長谷川晃一 0 0 5
999--- 皿谷哲也 0 0 5
999--- 大戸孝文 0 0 5
999--- 片岡主浩 0 0 5
999--- 木村慎吾 0 0 5
999--- 光本暉 0 0 5
999--- 浅田大樹 0 0 5
999--- 嶽山睦樹 0 0 5
999--- 阿部駿 0 0 5
999--- 武内克明 0 0 5
999--- 妹尾正規 0 0 5
999--- 藤井燎平 0 0 5
999--- 吉山透 0 0 5
999--- 津森敏史 0 0 5
999--- 寺尾勲 0 0 5
999--- 日小田康平 0 0 5
999--- 東谷孝之佑 0 0 5
999--- 福明剣信 0 0 5
999--- 宮崎賢人 0 0 5
999--- 庄司怜央 0 0 5
999--- 湯川尚輝 0 0 5
999--- 鹿野互鉄 0 0 5
999--- 荒谷博樹 0 0 5
999--- 荒谷聖哉 0 0 5

上位の釣り方

NBC陸釣りクラブ広島第2戦ジャッカルCUP上位のフィッシングパターン写真 2018-06-24広島県芦田川

優勝 横山健(一般)


【いつ釣れましたか?】
9時半ごろ
【どこで釣れましたか?】
小水呑橋付近
【どのようにして?釣り方、ルアー、ライン等】
橋脚をこするように
【一言どうぞ】
釣りって最高ですね!

準優勝 鹿野晃司(一般)


【いつ釣れましたか?】
9時半ごろ
【どこで釣れましたか?】
JRの下流側の対岸、カバー
【どのようにして?釣り方、ルアー、ライン等】
ゲーリーのイモ60、ネイルシンカー5g、フロロ16ポンド
【一言どうぞ】
毎回厳しいですが、今回は比較的早い時間に大きいのがつれたので、勝てるかなと思っていました。もっとデカイのを釣った人がいて残念です。次回も息子とペア参戦で頑張ります。

第3位 平山丈夫(一般)


【いつ釣れましたか?】
7時45分ごろ
【どこで釣れましたか?】
水呑大橋 橋脚
【どのようにして?釣り方、ルアー、ライン等】
3インチヤマセンコー、底を意識して。
【一言どうぞ】
次も釣れるように頑張ります。

第4位 松本健嗣(一般)


【いつ釣れましたか?】
11時45分ごろ
【どこで釣れましたか?】
出発地点の上流のカバー
【どのようにして?釣り方、ルアー、ライン等】
時間的に散々叩かれた後だと思ったが、一番おいしいカバーだと思ったので、丁寧に打ちました。
ラインPE#2、リーダー フロロ30lb
ルアー ダイワ カバーチャター(ブラック、ブルー)+O.S.Pドライブスティック(ハニーフラッシュ)

カバーを貫通するぐらい強く入れました。誰もそこまで奥に入れてなかったのでつれたのだと思います。
【一言どうぞ】
初出場、初入賞、ありがとうございます。また参加したいと思います。

TOP