Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター琵琶湖第2戦ヴァガボンドCUP
05月13日() 滋賀県 琵琶湖

NBCチャプター琵琶湖第2戦ヴァガボンドCUP概要写真 2018-05-13滋賀県琵琶湖

5月13日(日)4月の初戦が荒天で延期となった為、実質上の開幕戦となりましたNBCチャプター琵琶湖『第2戦 VAGABOND CUP』が開催されました。

 朝からあいにくの雨模様にも関わらず、計84名と沢山の選手の皆様に参加して頂き開幕戦を飾るにふさわしい大会となりました。

 状況としてはGW明けからのまとまった雨が続き、それまで暖まった南湖の水温を一気に下げる位の影響があり、また大雨に伴う水位の上昇で堰の放流量の増加による強い湖流の発生もあり、状況変化のタイミングと重なりました。

 全体の釣果としては雨の為、比較的キャッチ率は高めでしたが、その分、2位以下は混戦状態となり、この時期のトーナメントとしてはローウェイトの大会となりました。

 その中で唯一気を吐いたのは、琵琶湖のシャローの名手・中村大介選手で、決してシャローエリアが状況が良かった訳では無いにも関わらず、天候の変化、状況の変化を読み切り、見事少ないバイトをきっちり獲りきり、3本7キロオーバーのぶっちぎりウェイトで優勝を勝ち取りました。

成績表

氏名重量
1 中村大介 7,240 3 50
2 武田哲也 5,810 3 49
3 神力太一 5,620 3 48
4 日置隆宏 5,540 3 47
5 久保雅広 5,370 3 46
6 山下裕史 5,260 3 45
7 南正之 5,250 3 44
8 山田顕義 5,200 3 43
9 粟津裕貴 5,150 3 42
10 林鋭治 5,120 3 41
11 山本隆広 5,110 3 40
12 岩田健司 5,020 3 39
13 松中涼 4,900 3 38
14 阪東裕之 4,780 3 37
15 上田恭弘 4,780 3 36
16 熊川智之 4,750 3 35
17 笠井和紀 4,330 3 34
18 八澤正成 4,290 3 33
19 中西紀章 4,280 3 32
20 赤井健二 4,110 3 31
21 西谷明 3,970 3 30
22 頼末敦 3,970 2 29
23 駒田都一 3,810 3 28
24 牧浦伸行 3,730 3 27
25 市川哲也 3,690 3 26
26 守屋高一 3,580 3 25
27 長友政貴 3,490 3 24
28 當舎信昭 3,470 3 23
29 田中次男 3,470 2 22
30 熊川匡士 3,340 3 21
31 村上明生 3,300 3 20
32 水野公貴 3,220 2 19
33 鷲見隆行 3,170 3 18
34 長谷川巨樹 3,150 3 17
35 岡田好弘 3,110 3 16
36 小筆伸次 3,080 3 15
37 谷口勇 3,080 3 14
38 奥嘉弘 3,060 3 13
39 秦哲也 3,050 3 12
40 中瀬成作 3,000 2 11
41 寺田裕貴 2,960 3 5
42 山中寛雅 2,850 3 5
43 中山和也 2,840 3 5
44 廣渡孝幸 2,820 2 5
45 村橋宗英 2,820 3 5
46 井上心路 2,750 2 5
47 久木淳弘 2,530 2 5
48 中矢将之 2,520 3 5
49 野崎公嗣 2,490 3 5
50 佐藤秀夫 2,480 3 5
51 清水崇 2,470 3 5
52 林哲也 2,460 3 5
53 宮脇良浩 2,440 3 5
54 中川康之 2,310 3 5
55 横林晋一 2,300 2 5
56 加山智規 2,060 2 5
57 鵜飼良 1,960 3 5
58 武田正貴 1,950 3 5
59 坂本孝 1,870 3 5
60 竹原康彦 1,840 1 5
61 西城雅昭 1,830 2 5
62 森規 1,690 1 5
63 塩田晃 1,580 2 5
64 木村慶彦 1,370 1 5
65 井上幸治 1,310 2 5
66 瀧川良則 1,120 1 5
67 太田雅也 990 1 5
68 浅野弘充 900 1 5
69 中尾雅俊 850 1 5
70 門脇重徳 820 1 5
71 岩前貢正 780 1 5
72 杉山洋史 600 1 5
73 大杉健登 540 1 5
74 高橋将之 0 0 5
75 眞浦裕樹 0 0 5
76 浜田昌光 0 0 5
77 河添健二 0 0 5
78 高橋浩 0 0 5
79 橋本直樹 0 0 5
80 坂巻健悟 0 0 5
81 森龍也 0 0 5
82 坂野純平 0 0 5
83 森野将司 0 0 5
84 辻大吾 0 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター琵琶湖第2戦ヴァガボンドCUP上位のフィッシングパターン写真 2018-05-13滋賀県琵琶湖

優勝 中村 大介選手 3本7240g



[エリア]
人工島水路、水深30〜80cm

[釣り方]
産卵後の魚を狙った、シャローでのフリッピング。水温の低下と濁りを嫌った魚が入りこんだ、濃い植物帯の内側を釣っていく。

[タックル]
ロッド:ホーネットスティンガー”The Flipper”
リール:ABU Black9
ライン:スパイダーワイヤー インビジブレイド65lb
上記を4セット用意し、3/4oz, 1ozのテキサスリグでスカートの有無やワームの大小を変えて、狙うスポットや地合いによって持ち替えながら丁寧にフリッピング。

特に今回は厳しい地合いで、貴重なバイトを乗せて、濃い植物帯からしっかりと魚を取り込ませてくれたロッドが大きな材料になりました。


2位 武田 哲也選手 3本5810g
(エリア)
下物沖2.5〜4m
(釣り方)
エビ藻の新芽が生えている所を7gのラバージグで 動かしすぎない事がキーになります。 バイトは全てステイ中でした。
(使用タックル) 使ったルアーは、イマカツのアベラバ7gに、デプスのエコバルビューターです。

3位 神力 太一選手 3本5620g
(エリア)
山ノ下湾内
(釣り方)
湾内真珠棚の周りを囲っている杭をヘビダンで撃って釣ってきました。
(タックル)
1/4ozと3/8ozの、ヘビダン
ワームは、はHIDE UPスタッガーオリジナル3"
カラーは、スカッパノン ブルーラメです。

4位 日置 隆宏選手 3本5540g
(エリア)
下物浚渫エリア
(釣り方)  
浚渫と絡むエビ藻に3.5gと5gのダウンショットでフォール&ステイでアプローチしていきました。
途中魚が浮いている感じがしたので、ウィードの上に乗せやすいジグのベイトフィネスジグファイン5gでもアプローチしていきました。
(使用タックル)
3.5gダウンショット
ロッド フェンウィックGW66CLJ
ライン 10lb + リーダー12lb

5gダウンショット
ロッド フェンウィックGW68CMLP+J
ライン 10lb + リーダー12lb

ベイトフィネスジグファイン5g
ロッド フェンウィック ACES66CMLP+
ライン 12lb

5位 久保 雅広選手 3本5370g
(エリア)
  赤野井
(釣り方)
  風が吹いている時は流して、止んだ時はエレキでのドラッキング(流すスピードは1km以下)
沖のボートの少ない場所でのやりきりです。
(使用タックル)
リグ 1.8gキャロライナーリグ

ルアー イマカツ アンクルゴビーシャッドテール 

カラー スモークバッククリアベリー


TOP