Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター東京第1戦ティムコCUP
03月19日() 神奈川県 津久井湖

NBCチャプター東京第1戦ティムコCUP概要写真 2017-03-19神奈川県津久井湖

2017年度チャプター東京開幕戦「ティムコ」CUPが3月19日津久井湖にて開催されました。大会前1週間は三寒四温による気温、水温の上がり下がりがありそれによるバスのポジションの変化があり参加選手を苦しめました。年間優勝を争う上でも鬼門となる初戦、5名の選手がウエインに成功しました。
優勝はJB河口湖初澤プロ。サイトフィッシングでビッグバスを2本をウエイン!第2位にはJB河口湖B金田プロ。大会終了間際にビッグバスをキャッチ!第3位には初入賞の曽我選手。ウェイクベイトを用いたミドルレンジを攻略し2本のバスをウエインに成功!第4位には高橋選手。大会会場前のディープレンジを攻略!第5位にはお立ち台常連の本田選手。越冬系のバスを開始早々キャッチ!上位選手の詳しいパターン・6位以下の成績は下記をご覧下さい。
また今大会のスポンサー様である「ティムコ」様には沢山のご協賛品を頂き、2017年の新作ロッド「ACES(エイシス)」の展示会も大いに会場を盛り上げて頂きこの場をお借りしてお礼申し上げます。
次戦は6月25日(日)相模湖にて「ラッキークラフト」CUPの開催となります。沢山の方々のご参加心よりお待ちしております。

成績表

氏名重量
1 初澤一嘉 3,960 2 30
2 金田修一 2,500 1 29
3 曽我真也 1,470 2 28
4 高橋一弥 820 1 27
5 本田和士 590 1 26
6 浅見克美 0 0 5
7 泉高志 0 0 5
8 緒方翔悟 0 0 5
9 落合日出男 0 0 5
10 金井俊介 0 0 5
11 岸順一 0 0 5
12 久保田政 0 0 5
13 栗林佑樹 0 0 5
14 小島忠司 0 0 5
15 小松秀和 0 0 5
16 斉藤圭太 0 0 5
17 佐伯和哉 0 0 5
18 早苗海斗 0 0 5
19 志村太郎 0 0 5
20 宿野部勇三 0 0 5
21 菅谷淳一 0 0 5
22 高部忠宏 0 0 5
23 寺沢庸二 0 0 5
24 中田昌直 0 0 5
25 中村真悟 0 0 5
26 中村圭一 0 0 5
27 中谷直之 0 0 5
28 長谷部寛太郎 0 0 5
29 平川征利 0 0 5
30 牧直也 0 0 5
31 松浦秀隆 0 0 5
32 宮岡章仁 0 0 5
33 森永克義 0 0 5
34 山田毅 0 0 5
35 渡辺裕介 0 0 5
36 粕谷邦夫 0 0 5
37 清水健 0 0 5
38 蓮池和人 0 0 5
39 牧野綱汰 0 0 5
40 中田敬太郎 0 0 5
41 安藤マコト -200 0 5
42 清水直人 -200 0 5
43 渡辺裕也 -200 0 5
44 田辺久敬 0 0 0

上位の釣り方

NBCチャプター東京第1戦ティムコCUP上位のフィッシングパターン写真 2017-03-19神奈川県津久井湖

【 優勝 】初澤 一嘉


【エリア】馬渡ワンド
【 リグ 】O.S.Pドライブクローラー3.5(ゴーストシュリンプ)ノーシンカーワッキー
【コメント】
津久井オープンから便強させていただき、気が付いたらレンタルボートの装備が増えていました。ハイレベルでフレンドリーな津久井ロコの皆さんのおかげでレベルアップでき感謝しています。15年ぶりに東京チャプターで優勝できうれしく思います。

【第2位】金田 修一


【エリア】神社下のスタンプ
【 リグ 】
ロッド:SBCS-603SLT1
リール:2004
ライン:FCスナイパー3.5
ルアー:SHU7のスモークシルバーフレークの㊙︎ノーシンカー
【コメント】
年間を考えると外せない初戦で帰着間際の魚はシビレました!津久井湖戦しか出ないと言ってる初澤プロに次は勝てるように頑張って練習します!運営スタッフの方々お疲れ様でした

【第3位】曽我 真也


【エリア】名手橋右岸インレット 三井大橋橋脚
【 リグ 】オーバーリアル63ウェイク(プロト品)
【コメント】
O.S.Pより4月下旬発売となるプラグで2本キャッチしました。本来表層を巻くルアーですが、この日はベイトのレンジもやや深いこともあり、2.7gのキャロライナリグ(リーダー50)で水深3m〜4mのレンジを探りました。エリア選択はプラクティスでチェイスが多かった名手エリアに絞り試合時間の2/3を名手のエリアに投資しました。水温が10度台に突入した9:30頃に待望の1匹目を名手右岸のインレットでキャッチ(1kgぐらい)し、その後もそのエリアを釣りづつけましたが後が続かずエリアを三橋脚に移し、橋脚3m〜4mを橋脚ピタピタをトレースしたところ2匹目をキャッチ(800gぐらい)でした。
チャプターに昨年より参加させていただいておりますが、初のお立ち台に立てて本当に嬉しいです。参加された選手ならびに運営スタッフの皆様ありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

【第4位】高橋 一弥


【エリア】観光桟橋前13m
【 タックル】
ロッド:6.1ft UL solid tip
リ一ル:2500
ライン: FCスナイパ一BMS 2.5Lb (サンライン)
リ一ダ一:Vハ一ド1号(サンライン)
フック: マスバリ#4
シンカ一:1/4oz
ルアー:HPシャッドテ一ル2.5inch(#ワカサギ)
エレキ:SABUROKUチュ一ン
【コメント】
練習で反応があったエリアは名手の岩盤ネコ。試合では、観光桟橋沖を流し、13mのワカサギボ一ルを発見。軽めのDSは反応が無く、得意のヘビダン7gをリアクションで投入しました。なるべくシンカ一を浮かせない様にし、ルアーを横へ飛ばすイメ一ジで使用しました。
最後ですが、あまり湖に浮けない私に声を掛けて下さる選手の皆様、SUNLINE様、SABUROKU様 ありがとうございます。

【第5位】本田和士


【エリア】7番12〜14m
【 リグ 】ダウンショット、HP シャッド、
【コメント】初戦で釣れてラッキーでした。次戦も頑張ります。

TOP