Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター中部・信越ブロックチャンピオンシップ
10月01日() 長野県 野尻湖

NBCチャプター中部・信越ブロックチャンピオンシップ概要写真 2017-10-01長野県野尻湖

2017年10月1日、中部・信越ブロックチャンピオンシップが長野県野尻湖で開催されました。群馬、愛知、長野・野尻湖各チャプターの精鋭が気難しい秋のスモールに挑みました。リミットメイクはわずか2人、ウェイイン率42%の厳しい戦いを制したのは、長野野尻湖開幕戦ウィナーの奥泉プロ!竜宮沖をヒメマスパターンで攻め、2本2,368gで頂点に立ちました。ウイニングパターン詳細は本人SNSまたはガイドでとの事。奥泉プロの雄叫びが再びあがりました。
今大会開催にあたり、豪華商品を協賛していただいた、つり具のおおつか長野店様、ベイトブレス様、O.N planning様、愛知会長 藤垣様、関東Cブロック長 大場様、チャプター選手 遠田様、長野・野尻湖事務局 宮腰様、長野・野尻湖広報 安武様、(以上順不同)本当にありがとうございました。また恒例となりました群馬 林会長により特製スープが振舞われました。
参加選手の皆さん、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。上位5名と昨年のウィナー林晃大プロ、東日本決勝大会河口湖での健闘を祈ります。

成績表

氏名重量
1 奥泉悠介 2,368 2 50
2 丸山知幸 2,152 2 49
3 渡辺知洋 2,006 2 48
4 青木和人 2,004 2 47
5 櫻井宏 1,914 2 46
6 比田井裕二 1,654 3 45
7 林晃大 1,644 2 44
8 藤生直哉 1,626 3 43
9 瀧本英樹 1,598 2 42
10 田中浩之 1,378 1 41
11 小林翼 1,336 2 40
12 江沢弘信 1,178 1 39
13 小林哲也 1,130 1 38
14 原田義行 1,078 1 37
15 白井剛典 1,068 2 36
16 溝口将彦 1,064 1 35
17 高橋克徳 1,028 1 34
18 藤居賢司 1,008 1 33
19 宮腰潤 938 1 32
20 吉原宏明 872 1 31
21 喜代浜友貴 756 1 30
22 田畑二郎 704 1 29
23 真下温史 570 2 28
24 関之台一寿 496 2 27
25 太田雅文 434 1 26
26 栗原稔 354 1 25
27 遠田勉 268 1 24
28 福島義則 0 0 5
28 沢田智 0 0 5
28 木村浩規 0 0 5
28 武者雅広 0 0 5
28 小林紘也 0 0 5
28 小山佳敬 0 0 5
28 宮入拓也 0 0 5
28 下田芳久 0 0 5
28 安田智昭 0 0 5
28 近藤健広 0 0 5
28 伊藤康晴 0 0 5
28 関口裕輝 0 0 5
28 松尾和輝 0 0 5
28 新田浩章 0 0 5
28 礒野恒二郎 0 0 5
28 阿部俊介 0 0 5
28 大塚稔宜 0 0 5
28 石岡正成 0 0 5
28 戸津平 0 0 5
28 長尾祐輔 0 0 5
28 林幸那 0 0 5
28 鈴木彰二 0 0 5
28 二宮日出郎 0 0 5
28 平野純平 0 0 5
28 山本将弘 0 0 5
28 藤垣和正 0 0 5
28 三田直史 0 0 5
28 平林和穂 0 0 5
28 宮嶋功房 0 0 5
28 佐藤大悟 0 0 5
28 小林聖蓮 0 0 5
28 齋藤諒 0 0 5
28 横堀裕介 0 0 5
28 唐澤敬寛 0 0 5
28 大村将文 0 0 5
28 永田佑 0 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター中部・信越ブロックチャンピオンシップ上位のフィッシングパターン写真 2017-10-01長野県野尻湖

優勝 JB桧原湖6 奥泉悠介プロ(2匹)2,368g

【使用タックル】
ラインシステムG7トーナメントジーンフロロカーボン12ポンド
フェンウィックアイアンホークフックセッター610MH

【エリア】
竜宮沖の水深28mボトムの中層5〜10m

【リグ・パターン】
ヒメマスを補食しているビッグスモールをビッグベイトで狙ったヒメマスパターン

【コメント】
いつもサポートしてくださる、ゲーリーインターナショナル様、ラインシステム様、野尻湖マリーナ様、ガイドゲストの皆様のおかげです。ありがとうございました。
バスの方にもヒメマスの方にも、近くで釣りをするときは必ず声を掛けて、挨拶しましょう。




準優勝 JBマスターズ8 丸山知幸プロ(2匹)2,152g

【使用タックル】
ライトキャロ
ロッド:スペルバウンド・コアSCS-68SUL-ST
イモ系ワーム+1/16oz

ネコリグ
ロッド:SBS-511SL3
リヴィングストレート3.8+ネイルシンカー1/32oz

【エリア】
バンクのランガン

【コメント】
第5戦よりさらに厳しい状況となり、ナイスサイズを2本とれたので3本目も釣れるよう頑張ったのですが、バイトが得られませんでした・・・。
もう一歩のところで結果が出せない歯がゆい感じでしたが、2位入賞も素直にうれしいです。
東日本決勝も引き続き頑張りたいと思います。
最後にサポートしていただいているエンジン様・シースピリット&一番館様に感謝します。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。




第3位 JB2霞ヶ浦24 渡辺知洋プロ(3匹)2,006g

【使用タックル】
デルタDF-S68LX

【エリア】
松ヶ崎

【リグ・パターン】
ライトキャロ 1.8グラム ゲーリー4インチエコグラブ

【コメント】
お立ち台、嬉しかったです。
いつも快適な環境を提供して頂く、ほとり荘の小出様、サポートをしていただいているゆうわ様、一緒に参戦している仲間に感謝いたします。




第4位 NBC57138 青木和人選手(2匹)2,004g

【使用タックル】
ロッド:エバーグリーン コンバット スティック テムジン ソリッド・エアリアル ULMX
リール:シマノ ステラ FW2500S改 (ZPIカーボンハンドル)
ライン:ジャッカル レッドスプール 2lb
シンカー:1.3g
フック:ノガレス デスロック・ワイド 4
ルアー:バークレー マイクロ・クローラー3in

【エリア】
砂間ヶ崎からややワンド寄りに入った6〜7mエリア

【リグ・パターン】
ロングリーダーのダウンショット
底を取ってから、スラッグを多めに取ったゆるいシェイク、2本とも同じパターンでした。
もう1本同じエリア、同じパターンで掛けたんですがフックアウトしてしまいました。

【コメント】
前日までは、本気でラージ探してたんですが見つからず、当日は現実的にスモール狙いにシフトして結果を出すことができました。
ただし定番のライトキャロではなく、ダウンショットを使ったのはソリッド・エアリアルを使いたかったからです。
古くても良い物は良い!




第5位 NBC57078 櫻井宏選手(3匹)1,914g

【使用タックル】
ロッド 6.6MLスピニング ロッド 2500番リール

【エリア】
国際村・青学ワンド

【リグ・パターン】
国際村ではボイルに対しアイウェーバーを使用。青学ワンドではメタルワサビーをジャークして使用しました。

【コメント】
チャプタースタッフの皆様運営お疲れ様です。
ありがとうございました。
また、野尻湖マリーナの皆様ありがとうございます。
当日は12時過ぎまでノーバイトでしたが、諦めずなんとか釣ることができました。
また参加したいと思いますのでよろしくお願いいたします。


TOP