Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター岡山第5戦イマカツCUP
08月20日() 岡山県 高梁川

NBCチャプター岡山第5戦イマカツCUP概要写真 2017-08-20岡山県高梁川

2017年チャプター岡山・第5戦イマカツCUPが8月20日、岡山県・高梁川で開催された。

厳しい暑さが続き、減水傾向が続いていた高梁川だが、金曜に流域に降った雨の影響もあり、当日は僅かながら増水したが、気温はぐんぐん上がり、魚にも選手には厳しい最終戦となった。

そんな最終戦を制したのは、昨年茨城から岡山に来られた宝子丸憲康選手。2号線まわりのウィードパッチをショートヘビダンで攻め、7チャプター目の入賞と、14年ぶり3回目の優勝を手にした。準優勝には第1戦にも入賞を果たしている松本泰明選手。得意とする最上流で、スルダンの転がしを使用。この日の最大魚をウエインした。3位には、チーム児島メンバーで、長年参戦している原田宏志選手。2号線橋脚をスモラバで攻略。朝の早い段階で2本ゲットしての入賞となった。4位には長年広島から参戦している大ベテランの佐々木英樹選手。バイパス下のウィードパッチを得意とする巻きスタイルを貫き、バイブレーションで魚を手にした。5位には数々の伝説を誇る井筒正俊選手。プラから横の動きに反応する事をつかみ、クランクベイトで貴重な1本をゲットした。

注目の年間ランキングは、まさかの暫定トップで迎えた最終戦を仕事の為、無念の欠場となってしまった戸田康平選手。それでも参加した4戦を優勝を含む全て入賞という素晴らしい成績で、嬉しい初タイトル獲得となった。年間準優勝には第3戦で優勝している日谷浩一選手。ほぼぶっちぎりだった戸田選手に、唯一最後までタイトル争いをした。年間3位には昨年の年間チャンピオンでもある井筒正俊選手。子供の運動会の為、欠場した第3戦が痛いが、それでも年間3位は流石です。年間4位には、昨年年間2位だった守屋明斉選手。後半厳しい展開となったが、きっちりとブロック大会の権利を手にした。年間5位には昨年年間6位からワンランクアップした宝子丸憲康選手。最終戦で見せた爆発力をブロック大会でも期待したい。

今大会でチャプター岡山2017年度の通常日程を大きな事故やトラブルも無く、無事終える事が出来ました。
今期チャプター岡山開催にあたり、各大会に多数の商品を提供して頂きましたスポンサー各社様、協賛・協力加盟店様、関係各位様、参加選手の皆様にスタッフ一同心からお礼申し上げます。

また来年度もチャプター岡山をよろしくお願いします。

成績表

氏名重量
1 宝子丸憲康 2,052 2 30
2 松本泰明 2,028 1 29
3 原田宏志 1,468 2 28
4 佐々木英樹 1,427 1 27
5 井筒正俊 1,260 1 26
6 細川修平 873 1 25
7 鈴木健二 859 1 24
8 武下和宏 813 1 23
9 日谷浩一 592 1 22
10 寺本一生 492 1 21
11 杉元雄一 431 1 20
12 岩崎徹 423 1 19
13 青山和広 420 1 18
14 土肥建志 0 0 5
15 有木隆記 0 0 5
16 塩見友広 0 0 5
17 千葉潤一 0 0 5
18 益田剛 0 0 5
19 藤本俊明 0 0 5
20 林克典 0 0 5
21 大森啓晶 0 0 5
22 竹中竜一 0 0 5
23 三宅弘 0 0 5
24 百々洋人 0 0 5
25 池本清 0 0 5
26 西平和人 0 0 5
27 守屋明斉 0 0 5
28 田渕文久 0 0 5
29 中田淳志 0 0 5
30 川畑尚久 0 0 5
31 渡邊一輝 0 0 5
32 平松成夫 0 0 5
33 横山貴之 0 0 5
34 村山正剛 0 0 5
35 後田誠一 0 0 5
36 小谷睦 0 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター岡山第5戦イマカツCUP上位のフィッシングパターン写真 2017-08-20岡山県高梁川

優勝 宝子丸康平選手



ポイント: 下流域
ロッド: レジットデザインWSC-610MH
リール: レボ
ライン: サンライン13ポンド
ルアー: レインズ Gテールツイン エビミソ
リグ: ショートヘビダン
タクティクス: 前プラで2号線まわりのウィードパッチでバイトを得ていたので、一日中やりきる事に決定。特に密集しているウィードを狙って、シェードを意識して撃って行った。ルアーはGテールツインを選択。Gテールツインのアピール力がポイントだった。

コメント: 14年ぶり3回目の優勝、非常にうれしく思います。


準優勝 松本泰明選手



ポイント: 最上流
ロッド: MACCA 71H
リール: メタニウムMGL
ライン: アブソルート20ポンド
ルアー: スタッガー6インチ
タクティクス: 朝一、上流エリアの流れがよれる場所を、スタッガー6インチのスルダン21gで転がすとバイトが出ました。

コメント: いつもサポートしていただいているTRIBE様、HIDEUP様、バックウォーター様、チームの皆さん、いつもありがとうございます。


3位 原田宏志選手



ポイント: 下流域
ロッド: ストラーダレッド65L
リール: SSAir
ライン: アブソルート7ポンド
ルアー: スモラバ+アバカス 2.7g
タクティクス: カレントが生きているR2バイパスの橋脚にスモラバをキャスト。動かさず置いておくとラインが入る。8時前と8時半ごろに釣れた。9時過ぎくらいに流れが止まったので、南風を待っていたが吹かず、1本大物を求めて上流に行ったが釣れずに終了でした。

コメント: いつもお世話になります。チーム児島の皆様、藤村さん、岩崎さん、国安様、ありがとうございました。


4位 佐々木英樹選手



ポイント: 下流域 
ロッド: 7フィート
リール: ベイトリール
ライン: 18ポンド
ルアー: バイブレーション
タクティクス: バイパス下のウィードパッチでバイブレーションを引く。

コメント: いつも大変お世話になっているスタッフ、あいさつしてくれる皆さん、ありがとうございます。お立ちに立てて嬉しいです。


5位 井筒正俊選手



ポイント: 下流域
ロッド: 71M
リール: カルカッタ
ライン: 12ポンド
ルアー: IK250
タクティクス: プラで横の動きに反応が良かったので、クランクメインに巻いて釣りました。

コメント: 運営スタッフ、参加選手の皆さん、お疲れ様でした。

TOP