Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター大阪第1戦エバーグリーンCUP
04月09日() 大阪府 淀川・城北ワンド

NBCチャプター大阪第1戦エバーグリーンCUP概要写真 2017-04-09大阪府淀川・城北ワンド

チャプター大阪第1戦・エバーグリーンカップが4月9日(日)に淀川で開催された。
近畿地方の桜開花が例年より遅く4月になりやっとの状況、気温も大会1週間前から安定し、
バスの活性も上昇気配、前日プラでも50アップがキャッチされたとの情報も届き期待が持てる開幕戦となった。
大会当日の天気は雨後曇りの予報に、雨はショア大会には大きな影響を受けるのだがフィールドコンディションは
まずまずといったところであろうか。
本年度第1戦ということで緊張感あふれた選手の顔は時間の経過とともにトーナメントモードに変貌していく、
スタート抽選後それぞれのポイントに入りスタートフィッシングとなった。
淀川の近況は4月に入りワンドの各所にネストが見られ一気にスポーニングに突入、釣れると40〜50センチと
一年で最も熱いシーズン突入となっていた。
大会の結果も50アップ数匹をはじめ、検量率(22.4%)は昨年度より低いものの1匹平均ウエイトは1,346gと久々に
淀川の実力を発揮した結果となりました。
シニア優勝の浅田裕起選手は4,205g(2,305gと1,900gの2匹)のビッグウエイト、ジュニア優勝の志達海輝選手は
ビッグフィッシュ2,470g(54.5cm)でそれぞれウイナーに輝きました。
表彰式、抽選会と多いに盛り上がり無事終了することができました。
第2戦は5月21日(日)サンラインカップ!さらにビッグバスが多数ウエインされることを期待し、多くの選手の参加を願っています。
最後に今大会をスポンサードいただいたエバーグリーン様に心から深く感謝し御礼申し上げます。

シニア部門成績表

氏名重量
1 浅田裕紀 4,205 2 40
2 野原秀平 2,425 1 39
3 杉本利徳 2,125 1 38
4 鴨林泰行 1,675 1 37
5 北野裕大 1,245 1 36
6 松原大輔 960 1 35
7 渡辺敦史 930 1 34
8 中西晃司 810 1 33
9 八木昌和 710 1 32
10 植月治人 520 1 31
11 和泉大四郎 420 1 30
12 内野海 350 1 29
13 佐藤昇吾 0 0 5
14 柏木一馬 0 0 5
15 真砂裕次 0 0 5
16 川上誠治 0 0 5
17 川上大輝 0 0 5
18 金替勝久 0 0 5
19 矢持登 0 0 5
20 矢持裕也 0 0 5
21 安福雄祐 0 0 5
22 川功大 0 0 5
23 桜山達也 0 0 5
24 上元英樹 0 0 5
25 梶谷浩士 0 0 5
26 喜多誠 0 0 5
27 里将太 0 0 5
28 永留透 0 0 5
29 平川武 0 0 5
30 安田法之 0 0 5
31 前田武広 0 0 5
32 村田圭 0 0 5
33 油谷幸弘 0 0 5
34 廣瀬健治 0 0 5
35 和泉直樹 0 0 5
36 小西誠 0 0 5
37 平岡伸久 0 0 5
38 覚正隆之 0 0 5
39 武田浩章 0 0 5
40 内山直樹 0 0 5
41 比嘉大輔 0 0 5
42 荒木正員 0 0 5
43 石田徳人 0 0 5
44 今井修 0 0 5
45 上野昇 0 0 5
46 大川達也 0 0 5
47 小田恭平 0 0 5
48 木下高生 0 0 5
49 城内司 0 0 5
50 下村謙太 0 0 5
51 辻岡誠爾 0 0 5
52 橋本進二 0 0 5
53 平山知心 0 0 5
54 古田啓人 0 0 5
55 松原清介 0 0 5
56 舟田智哉 0 0 5

ジュニア部門成績表

氏名重量
1 志達海輝 2,470 1 20
2 大富碧 1,410 1 19
3 八木稔賢 1,285 1 18
4 菅原功貴 0 0 5
5 田中陸玖登 0 0 5
6 藤井世名 0 0 5
7 横山詩音 0 0 5
8 瀬口正貴 0 0 5
9 田中佑弥 0 0 5
10 櫻木拳斗 0 0 5
11 金本理来 0 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター大阪第1戦エバーグリーンCUP上位のフィッシングパターン写真 2017-04-09大阪府淀川・城北ワンド

<シニアの部>
■優勝 浅田裕紀選手 4,205g(2匹)
・エリア   10番ワンド
・使用ルアー ノイケ・ニンジャ3インチ(カラー:モーターオイル)
・釣り方   8時&10時にヘビーダウンショットリグ(10.5gシンカー)
・タックル  ロッド:ノイケ611MH リール:ダイワT3 ライン:14LB       

■2位 野原秀平選手 2,425g(1匹)
・エリア   9番ワンド裏本流
・使用ルアー モスフィッシングジャパン・アップラッシュ3.5インチ(カラー:ビジョンブラッド)
・釣り方   ダウンショット3.5gシンカー

■3位 杉本利徳選手 2,125g(1匹)
・エリア   5番ワンド
・使用ルアー イマカツ・アンクルゴビー2,5インチ(カラー:イマエババスラ)
・釣り方   ダウンショット1.3g

■4位 鴨林泰行選手 1,675g(1匹)
・エリア   工大裏本流
・使用ルアー イマカツ・ジャバシャッド3.5インチ(カラー:グリーンパンプキンペッパー)
・釣り方   キャロライナリグ(10.5g)10時30分ごろ風向きが変わったタイミングでバイト
       

■5位 北野裕大選手 1,245g(1匹)
・エリア   4番ワンド
・使用ルアー イマカツ・ギルロイドJr(カラー:琵琶湖メスギル)
・釣り方   ネストのバスを攻略した10時

<ジュニアの部>
■優勝 志達海輝選手 2,4705g(1匹)
・エリア   10番ワンド
・使用ルアー ディスタイル・シェイクシャッド2.5インチ(カラー:ライトモエビ)
・釣り方   ダウンショット(1.8g)で11時頃バイト
       

TOP