Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター奥河口湖第2戦Z−ファクトリーCUP
07月09日() 山梨県 河口湖

NBCチャプター奥河口湖第2戦Z−ファクトリーCUP概要写真 2017-07-09山梨県河口湖

日中の気温が30℃を超す猛暑の河口湖で、41名の選手で争われた第2戦「ZファクトリーCUP」。選手、スタッフの皆様、暑い中、おつかれさまでした。標高の高い河口湖は平野部より水の中が遅く、水温24℃代でミッド〜アーリーサマーの様子。これらのネイティブを狙うか、6月下旬の放流を狙うかが勝負の別れどころ。そんな中、第3位にハワイのシャローを豚うなぎDSで攻略した酒井忠之プロ、準優勝は、冬の管釣りが役立ったという放ちゃん大好きの永松洋介プロ、そして優勝は冠のZファクトリー様サポート選手である、永野浩プロ。永野プロは以前からスモラバによるネイティブの釣りに長けており、今回もスモラバにより56cm 2,860gのビックフィッシュを含む3本で唯一の4kg代を釣り、見事、優勝!
第2戦を終わって暫定首位は、連続お立ち台の永松洋介プロ(75pts)、暫定2位に昨年の奥チャプ年間優勝の藤田京弥プロ(69pts)、暫定3位に第1戦優勝の喜代浜友貴プロ(68pts)とつづき、7pts差に3人いる混戦模様です。
今回、冠を持っていただいたZファクトリー 財津様、ポークルアーをはじめとした沢山の協賛、ありがとうございました。ぜひ、今回のお立ち台でも使用されていた河口湖常勝ポークルアーの「豚うなぎ」をはじめとしたポークルアーを、ぜひお使いください。又、同サポート選手の永野プロ、井口プロ、吉田プロよりも協賛をいただき、ありがとうございました。そして備品等を貸していただいてる、さかなや様、いつもありがとうございます。
次回、第3戦は7/30(日)HMKL CUPが開催されます。皆様の参加をスタッフ一同、お待ちしております。 (報告・写真:お)

成績表

氏名重量
1 永野浩 4,680 3 40
2 永松洋介 3,260 5 39
3 酒井忠之 2,440 4 38
4 三角祐司 2,160 2 37
5 椎野禎一郎 2,120 3 36
6 平原慶太 2,040 3 35
7 出村政孝 1,980 2 34
8 後藤崇宏 1,500 1 33
9 村上潤 1,460 2 32
10 長谷部寛太郎 1,380 2 31
11 藤田京弥 1,360 1 30
12 川端将義 1,280 1 29
13 喜代浜友貴 1,080 1 28
14 吉田真長 940 2 27
15 大内直美 880 1 26
16 新田建 760 1 25
17 原健人 600 1 24
18 天野雄太 600 1 23
19 小川忠利 580 1 22
20 上野敏宏 500 2 21
21 豊嶋仁 0 0 5
22 佐武伸一郎 0 0 5
23 呰喜彦 0 0 5
24 石原淳一 0 0 5
25 原田匠 0 0 5
26 松林幸男 0 0 5
27 岩堀剛志 0 0 5
28 井口淳夫 0 0 5
29 高橋一也 0 0 5
30 勝俣朝矢 0 0 5
31 大塚誠司 0 0 5
32 山口重人 0 0 5
33 秋鹿剛 0 0 5
34 國玉青空 0 0 5
35 牧野綱汰 0 0 5
36 新間信隆 0 0 5
37 水野雅巳 0 0 5
38 森規 0 0 5
39 高田武幸 -100 0 5
40 岡本秀斗 -100 0 5
41 小島忠司 0 0 0

上位の釣り方

NBCチャプター奥河口湖第2戦Z−ファクトリーCUP上位のフィッシングパターン写真 2017-07-09山梨県河口湖

優勝:永野 浩(河A17)3本 4,680g
【ポイント】小海、さかなや、二ノ瀬7〜8m
【リグ】スモラバ3/32
【釣り方】ハンプに引っかけて、ハングオフによるリアクション
【一言】スポンサー頂きますZファクトリー様、運営スタッフの皆様に感謝致します。

第2位:永松洋介(河A6)5本 3,260g
【ポイント】小海ジャンプ台岬周辺
【リグ】スモラバ、ノーシンカー
【釣り方】沖に投げて2本、ジャンプ台で3本
【一言】沼津生まれ沼津育ちの永松洋介です。愛する愛しい放流バスを終始狙い頑張りました!チャプター奥河口湖はアットホームな大会なので初めての方も安心!皆様も参加されてはいかがでしょうか(^^)

第3位:酒井忠之(河A65) 4本 2,440g
【ポイント】 ハワイ 1.5から2.3mのウィード
【リグ】ダウンショット 3.5g リーダー10cm〜30cm 豚ウナギハーフカットのブラックとプレーン
【釣り方】ウィードに絡めて軽く外した時のリアクション
【タックル】デジーノ ステルス69L、スティーズ2506
【一言】また参加したいと思います!

第4位:三角祐司(河A19) 2本 2,160g
【ポイント】丸栄、桑崎
【リグ】1/2ozラバージグ+ダディ、1/16ozスモラバ+ポーク
【釣り方】アフター狙いは、溶岩尾根の落ちきった6mレンジを1/2ラバージグ。風が出たタイミングで、回復系フィーディングの魚を狙い、4mのウィードをスモラバのスイミング。
【一言】最近は一発狙いで魚が獲れていますが、ゼロと紙一重。それでも引き続きマイゲームで勝負します。

第5位:椎野禎一郎(NBC57705) 3本 2,120g
【ポイント】奥河口
【リグ】豚うなぎ1/4カット・グレープの1/12ozダウンショット
【釣り方】ウィードパッチの微かに見えるトップ部に向かってキャスト、ウィードを外して底までフォール
【タックル】 MLクラススピニング
【一言】アットホームなのにハイレベルな奥チャプで、10年以上ご無沙汰してた、お立ち台に立てて感激です。これからも、体力の続く限り都合をつけて参加したいので、よろしくお願いいたします。

TOP