Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター奥河口湖第2戦ハンクルCUP 06月26日() 山梨県 河口湖

NBCチャプター奥河口湖第2戦ハンクルCUP概要写真 2016-06-26山梨県河口湖

梅雨の中休みで晴れ間ものぞく中、第2戦「HMKL CUP」が開催されました。その前日、前々日と湖上に浮きましたが、標高の高い河口湖での水温は22-23 ℃代でミッド〜アリーサマーの模様。過去放流は難しい感じでした。前日のチャプターヒューマン河口湖では、シャロー〜8mまで釣れていましたが、ウェイン39%と厳し状況。
そんな中、前日のヒューチャプでも優勝した藤田京弥プロ(河A)がビックベイトなどを使い、見事、唯一のリミットメイク 5本 4,480gで連日の優勝。その後の河口湖B 第2戦では3位入賞と期待の選手です!  2位には、前回、6位の寸止めに泣いた松井直樹選手(NBC)が、放流とネイティブを狙いわけて2本ながら2,300gと高ウェイト。3位には小海のミド ルレンジを攻めた坂田泰信プロ(M)が3位入賞。年間暫定順位は、第1戦上位が欠場やノーフィッシュで、今回、1-2 位の2名が逆転、年間暫定1-2 位まで上がり、同ポイント、ウエイトで藤田プロが年間暫定1 位になりました。
大会終了後は、年1回、各チャプターで開催されてる環境保全講習を行いました。又、ゴミ拾いなどの清掃活動も行いました。
今回、沢山の協賛品を提供していただいた冠のHMKL様(第1戦お立ち台の内、3人がHMKL  ジョーダンを使い入賞!)、泉社長様、豚うなぎなどポークルアーを提供していただいたZファクトリー様、お忙しい中、挨拶にかけつけてくれたHMKLサポートの平原プロ、HMKL ルアーのノウハウを選手達に解説してくれたHMKL サポートの元気プロ、いつも備品を貸していただいてる、さかなや様、皆様、どうもありがとうございました。この場を借りて、お礼を申し上げます。

第3戦「タックルベリー」CUPは、8/6(土)に開催されます。皆様の参加をスタッフ一同、お待ちしております。 (お)

成績表

氏名重量
1 藤田京弥 4,480 5 40
2 松井直樹 2,300 2 39
3 坂田泰信 1,820 2 38
4 秋鹿剛 1,720 1 37
5 大塚誠司 1,580 1 36
6 長田和輝 1,260 2 35
7 西岡光一郎 1,240 1 34
8 吉田真長 1,100 1 33
9 新田建 1,040 1 32
10 阿部貴樹 760 2 31
11 長谷部寛太郎 740 1 30
12 水野雅巳 700 1 29
13 永野浩 600 1 28
14 天野雄太 600 1 27
15 高田良介 580 1 26
16 酒井忠之 540 1 25
17 川端将義 520 1 24
18 石原淳一 240 1 23
19 林佑輔 220 1 22
20 小島忠司 0 0 5
21 稲垣誠司 0 0 5
22 桜井大輔 0 0 5
23 國玉青空 0 0 5
24 鶴田敦也 0 0 5
25 原田匠 0 0 5
26 松林幸男 0 0 5
27 大内直美 0 0 5
28 三角祐司 0 0 5
29 山口重人 0 0 5
30 山下雄司 0 0 5
31 池田修司 0 0 5
32 後藤崇宏 0 0 5
33 中澤一也 0 0 5
34 中島慎一 0 0 5
35 山巌 0 0 5
36 勝俣朝矢 -100 0 5
37 荻野元気 -100 0 5
38 原幸嗣 -100 0 5
39 椎野禎一郎 0 0 0

上位の釣り方

NBCチャプター奥河口湖第2戦ハンクルCUP上位のフィッシングパターン写真 2016-06-26山梨県河口湖

優勝:藤田京弥(河A91)3本 4,480g
【ポイント】 産屋側の橋脚、全域のシャロー
【リグ】 GENKI ポーク(プレーン)+1.3gダウンショット、ビッグベイト
【釣り方】 あまり引っ張らないシェイク、ただ巻き
【一言】 前日のヒューマンチャプターに続き2連勝でき、嬉しいです。前日に狙っている魚を釣ってしまったので完全ノープランでしたが、なんとかその日の魚を見つけることができました。プロ戦でお立ち台に立てるよう練習していきます!

2位:松井直樹(NBC55124) 2本 2,300g
【ポイント】二町ワンド、寺崎キャンプ場前
【リグ】 ダウンショット3/32oz+ポークルアー
【釣り方】 二町ワンドのギルネストに差してくるキーパーネイティブや放流を狙い、500gの放流を釣った後、岬のビッグネイティブ狙いに行き、寺崎キャンプ場前の 5〜6mで、スローに、少しだけ底を切ったくらいのノーアクションスイミングに1800弔 食ってきた。
【一言】久しぶりのお立ちで次戦以降もやる気がわいてきました。参加者がもっと増えるといいなぁ。

3位:坂田泰信(M56) 2本 1,820g
【ポイント】小海 3〜5m
【リグ】ポークルアー ドロップショット
【釣 り方】前日プラでギル食いの50アップをビッグベイト(フック:ICHIKAWAFISHINGトレブル)で釣り、試合当日朝一も狙ってみましたが、風がなくプラン変更。その後、同じエリアの沖の変化をドロップショットで探り1400gをキャッチ。30分後に400gを追加し、しばらくやり続けるもノーバ イト、奥河口湖の似たエリアを回ったが追加出来ずに終了となりました…。
【タックル】プラ:ビッグベイト+ICHIKAWAFISHINGトレブル(強い&ビッグバスの固い口にもサクッと刺さります)、ベイトH、16ポンドライン
本番:豚うなぎ1/4カット ドロップショット 1/16oz、スピニングUL、3ポンドライン
【一 言】一年ぶりの奥チャプ。霞にマイボートを駐艇しているため、今年は時間節約のためレンタルで全戦参加予定です。本命はマスターズですが、高い経費を払っ てでもw奥チャプに出ることで慣れたレイクでの試合感を忘れないようにし、別のレイクでの試合に活かせればと思って参加してます。 ビッグベイトからフィネスまでパターンが存在する河口湖はやっぱり楽しい!運営の皆様、サポートしていただいてる山中湖センターフィールド様(あ、今回、幸運のF子様待ち受けを導入したら2日連続グッドサイズが釣れましたw)、イチカワフィッシング様(要チェックフックメーカーです!FACEBOOKページもあるので覗いてみて下さい。琵琶湖、芦ノ湖でも活躍してますよ)に感謝し ます。そして選手の皆さまお疲れ様でした。次戦は是非14時までやりましょう!

4位:秋鹿剛(河A72) 1本 1,720g
【ポイント】ハワイ5m
【リグ】ダウンショット2.7gリーダー20cm Zファクトリー豚うなぎ1/4カット パープルウィニー
【釣り方】ズル引き(かなりスロー)
【タックル】ロッド:ビゴッドBGS-511SL2、リール:シマノコンプレックス2500S、ライン:フロロ3lb
【一言】いつもお世話になっている富士五湖ボートサービスの小山田さん、チームLGのメンバー、同駐・河口湖でいつも一緒に釣りをしている仲間達に感謝いたします。アラフィフですが次も全力で頑張りたいと思います

5位:大塚誠司(河A62) 1本 1,580g
【ポイント】さかなやワンド西側岬周辺 水深5〜6m
【リグ】1/2oz手巻きフットボールジグ+ビッグダディ 共に黒 ライン16lb
【釣り方】岩・ウィード等に引っ掛けて外しアタリを聞く の繰り返し
【一言】河口湖に来て早5シーズン目、ようやく人にお見せできる結果が出て素直にうれしく思います。 今回をきっかけにこれからもがんばりますのでよろしくお願いします。 最後に 広島チャプターの皆さん、えらい永らく大変お待たせしました。大塚元気にがんばってます。

TOP