ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター東京第6戦古沢勝利CUP

10月04日() 神奈川県 相模湖

NBCチャプター東京第6戦古沢勝利CUP概要写真 2015-10-04神奈川県相模湖

10/4、今年度の最終戦のチャプター東京第6戦「古沢勝利」CUPが相模湖にて開催されました。目が離せない年間賞争いや、接戦で熱い新人賞争いからも目が離せません。水質悪化、水温低下など「タフコンディション」での開催に選手はどうアジャストしていったか。。。
優勝は谷崎選手!低水温・濁りの秋山川を攻略し他を圧倒!第2位には今年最も釣った男!の金田選手。本湖のやや深いレンジを見事攻略。第3位には今季好調の本田選手。会場前を得意の「ラバジ」でキッカーGET!第4位には桂川筋の上流域を攻略した篠崎選手。第5位にはベテラン乙子選手が秋山川、吉野ワンドを攻略し入賞。上位選手の詳しいパターン・6位以下の成績は下記をご覧下さい。
今大会の冠スポンサー様でもある「古沢勝利」様からは多くの商品を頂きました。また当日は冠名でもある通り「古沢勝利」プロに足を運んでいただき大会を盛り上げていただきまして有難う御座います、さらにはサプライズで今年もロッドジャンケン大会(2本も)!!こちらも大いに盛り上がりました!!!、この場をお借りしてお礼申し上げます。有難う御座いました。
今戦をもちまして2015年度の全日程が終了いたしまし。残すは「関東Cブロックチャンピオンシップ」が河口湖を舞台に開催されます。また来年度もご参加お待ちしております。

成績表

氏名重量
1 谷崎智弘 2,330 2 30
2 金田修一 2,170 3 29
3 本田和士 1,640 2 28
4 篠崎裕二 1,635 1 27
5 乙子康宏 1,485 3 26
6 小林明人 1,345 3 25
7 菅谷淳一 1,230 3 24
8 川端嘉行 1,190 2 23
9 山口敦史 1,160 3 22
10 五味拓也 1,100 3 21
11 小松秀和 850 2 20
12 宮岡章仁 580 1 19
13 田辺久敬 510 1 18
14 牧野綱汰 475 1 17
15 水野高宏 465 1 16
16 泉高志 435 1 15
17 鈴木浩 410 1 14
18 矢口貴博 380 1 13
19 金井俊介 365 1 12
20 加藤誠 280 1 11
21 浅見克美 260 1 5
22 中林典昭 0 0 5
23 岸田嵩頼 0 0 5
24 甲斐泰孝 0 0 5
25 石川晶平 0 0 5
26 落合日出男 0 0 5
27 岸順一 0 0 5
28 山田毅 0 0 5
29 及川大甲子 0 0 5
30 志村太郎 0 0 5
31 岩崎潤 0 0 5
32 中村真悟 0 0 5
33 山口友和 0 0 5
34 名木崇澄 0 0 5
35 宿野部勇三 0 0 5
36 森永克義 0 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター東京第6戦古沢勝利CUP上位のフィッシングパターン写真 2015-10-04神奈川県相模湖

写真左より

【 優勝 】谷崎智弘


【エリア】秋山川旧橋脚、日相園対岸
【リグ】タ゛ウンショット、ハ゛ックスライト゛
ロッド:スヒ゜ニンク゛ロット゛6.3ft、ヘ゛イトロット゛6.6ft
リール:スヒ゜ニンク゛2500
ライン:3ホ゜ント゛、10ホ゜ント゛
ルアー:フッィシュテイル2.8inc、タ゛イナコ゛ン4inc
【コメント】
初の優勝うれしいです。大会の環境を調えている運営スタッフの皆様、釣りに行かせてくれる家族に感謝します。

【第2位】金田修一


【エリア】本湖のカバーとディープ
【リグ】3.5gダウンショットと1.3gダウンショット共にフォールクローラーのゴッドマジック
【コメント】
1年間お疲れ様でした。来年もよろしくお願い致します

【第3位】本田和士


【エリア】日相園前
【リグ】ラバージグ:ハンツ1/2+ダブルモーション ネコリグ:ドライブクローラー。
【コメント】
狙った場所で、狙い通り釣れました(^-^)しかも、強者先行者二人の後で釣れ、チョー気持ち良かったです(^o^)v年間5位まで順位が伸ばせて、とりあえず良かったです(^o^)v来年も52才のジジィは、頑張ります(^o^)v

【第4位】篠崎裕二


【エリア】大曲〜諏訪の滝
【リグ】フォールクローラー3インチ ネコリグ
【コメント】
最終戦で入賞できて嬉しいです!いつも楽しく大会運営してくださるスタッフの皆様、選手の皆様お疲れ様でした!

【第5位】 乙子康宏


【エリア】 秋山川、吉野ワンド
【リグ】 ダウンショット
【コメント】
やっと入賞できて嬉しいです。
今年はあと一歩で入賞を逃す試合が多く悔しい思いをしましたが、これからは決定力を強化する事を課題に頑張りたいです。

TOP