ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBC陸釣りクラブ和歌山第6戦エバーグリーンCUP

09月13日() 和歌山県 紀の川

NBC陸釣りクラブ和歌山第6戦エバーグリーンCUP概要写真 2015-09-13和歌山県紀の川

2015・9月13日(日)NBC陸釣りクラブ和歌山の最終戦、第6戦の
エバーグリーンCUPが開催されました。台風続きで開催も心配されましたが、無事に迎える事が出来ました。水位も通常に戻り濁りも少しずつ取れて来てた中だったので、時折、ボイルも見せ生命感に溢れていました。
朝一は、にわか雨もありましたが、ほとんど曇り空の元での大会になりました。上流エリア、下流エリアともに数釣りもあって、賑やかに楽しい大会となりました。今年1年、冠スポンサー様をはじめ、選手の皆様、運営スタッフの皆様ありがとうございました。お陰様で今年も事故もなく無事にシリーズ戦を終える事が出来ました。来年も今年以上に盛り上げて行きます。
来シリーズもよろしくお願いします。

NBC 陸釣りクラブ和歌山  会長 中井 俊之

成績表

氏名重量
1 渡部恭孝 1,280 1 30
2 高木修司 1,005 1 29
3 川崎真弥 590 1 28
4 森本悠紀 475 1 27
5 花房靖 465 1 26
6 丸岡弘明 335 1 25
7 鳴海康文 325 1 24
8 覚正隆之 305 1 23
9 滝本太郎 245 1 22
10 椋木俊博 0 0 5
11 川上誠治 0 0 5
12 長谷川晃一 0 0 5
13 中吉幸敏 0 0 5
14 徳山晃 0 0 5
15 下薗正典 0 0 5
16 瀬川鉄平 0 0 5
17 宮井栄輔 0 0 5
18 森賢司 0 0 5
19 平岡伸久 0 0 5
20 中吉拓人 0 0 5
21 大藪孝信 0 0 5
22 森田申介 0 0 5
23 堀秀二 0 0 5
24 大友哲也 0 0 5
25 正生晃一 0 0 5
26 佐久間尚之 0 0 5
27 石田悠祐 0 0 5
28 藤井健 0 0 5
29 梶谷浩士 0 0 5
30 今西勝大 0 0 5
31 船富祐樹 0 0 5

上位の釣り方

NBC陸釣りクラブ和歌山第6戦エバーグリーンCUP上位のフィッシングパターン写真 2015-09-13和歌山県紀の川

優勝 渡部 恭孝



1,280g  43.0センチ

今年、好調な下流ワンドの岬周りでスピナーベイトのフォローに、O.S.P社のシャッドテール0.9gのネコリグ(グリパン)で魚が居る所にキャストで
着水と同時にヒット!1ポイント差、2ポイント差で年間争いをしていた渡部選手は、自らの手で最終戦を勝ち取り見事に年間優勝にも輝いた。
渡部 選手 優勝おめでとうございます。

準優勝 高木 修司


1,005g  40.0センチ
高木選手も下流ワンドにて、小さな変化も見逃さず、いつもの釣れる条件が同じのポイントでゲーリー社のカットテール4パンプキン(BRKxGRN)
1/32のネイルシンカーでワームをステイさせるタイミングとアクションのメリハリを付けてゲット。

第3位 川崎 真弥


590g   34.0センチ
同じく下流ワンドで小さいベイトが居たので、マッチザベイトを意識して
シャローのフィーディングスポットで、DUO社のレアリスシャッドを早巻きして手中に収めた。

第4位 森本 悠紀


475g  32.0センチ
森本選手も含め実にお立ち台の4人が、ほぼ同じ下流ワンドからでした。ゲーリー社のハートテールのノーシンカー(グリパン)で普段の釣りと同じ様な感じがした場所で、ボトムをズル引きした後に、少しアクションを入れた時にバイトがあったのを物にした。

第5位 花房 靖


465g  32.0センチ
お立ち台では、唯一の上流ワンドからの入賞です。目当てのポイントは空いてなくて、たまたま空いてたポイントで対岸のブッシュにゲーリー社のスモークノーシンカーをスキッピングで入れ食わせる事に成功。

写真

TOP