ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBC陸釣りクラブ和歌山第3戦ガンクラフトCUP

05月31日() 和歌山県 紀の川

NBC陸釣りクラブ和歌山第3戦ガンクラフトCUP概要写真 2015-05-31和歌山県紀の川

5月31日(日)の日曜日は、NBC陸釣りクラブ和歌山の第3戦
GAN CRAFT CUPが開催されました。
当日に心配された雨も明け方には止んで、日蔭でも27.6℃と夏日を思わせる様な暑い1日でした。前日からの雨で濁りもあって魚が見えない状況でしたが、大半の選手がネストの釣りからアフターの回復バスに狙いを変えていました。それが良かったのか、ノンキーや雷魚を釣ってる人が多い中、約40名中8名の選手がウェイインされました。水の動く場所やシェードパターンを上手く状況判断の出来た選手に軍配が上がった結果でした。
今回の冠スポンサーである、ガンクラフト様ありがとうございました。暑い中、参加された選手の皆様お疲れ様でした。
次回は、7月5日(日)道楽箱CUPです。
みなさん、よろしくお願いします。

成績表

氏名重量
1 佐久間尚之 1,505 1 30
2 谷口浩一 1,085 1 29
3 川崎真弥 970 1 28
4 渡部恭孝 880 1 27
5 山本翔太 720 1 26
6 川上誠治 645 1 25
7 下薗正典 580 1 24
8 椋木俊博 245 1 23
9 滝本太郎 0 0 5
10 徳山晃 0 0 5
11 森田申介 0 0 5
12 長谷川晃一 0 0 5
13 大藪孝信 0 0 5
14 森賢司 0 0 5
15 中吉拓人 0 0 5
16 中吉幸敏 0 0 5
17 瀬川鉄平 0 0 5
18 丸岡弘明 0 0 5
19 津島礼司 0 0 5
20 花房靖 0 0 5
21 岸上寛旦 0 0 5
22 西尾佳則 0 0 5
23 矢崎直哉 0 0 5
24 石田悠祐 0 0 5
25 堀秀二 0 0 5
26 木村典文 0 0 5
27 渡辺敦史 0 0 5
28 芝田昂平 0 0 5
29 永留透 0 0 5
30 橋本諒平 0 0 5
31 鳴海康文 0 0 5
32 菅沼悠輔 0 0 5
33 八木節生 0 0 5
34 河野友昭 0 0 5
35 今西勝大 0 0 5
36 大野光也 0 0 5
37 仲濱匠悟 0 0 5
38 森田祥平 0 0 5
39 西野裕紀 0 0 5

上位の釣り方

NBC陸釣りクラブ和歌山第3戦ガンクラフトCUP上位のフィッシングパターン写真 2015-05-31和歌山県紀の川

・優勝・佐久間 選手
エリア最下流のワンド入り口にて、メガバスのTKツイスター(スカッパノン)をノーシンカーをフリーフォールさせて、1505g、45センチを手中に収め栄冠に輝いた。

・準優勝・谷口 選手


本流筋の上流のウィードエリアでスモラバ(キャサリン)にドライブスティック(ウオーターメロン)をトレーラーにして、ウィードに引っ掛けナチュラルドリフトさせるアクションで、1085g、41.5センチをゲット。

3位・川崎(真)選手


エリア最下流の橋脚下にて、過去の実績から今の時期に魚は居ると信じて、レイドジャパンのレベルスピン3/8ozを対岸のシャローにスローロールで、970g、41センチを仕留めた。

4位・渡部 選手


エリア最下流の岬にて、5月に入ってからのプラでマークしていたポイントで、O.S.Pのドライブクローラー6.5(ウオーターメロン)を3.5gのジグヘッドワッキーで駆け上がりに引っ掛けてシェイク、外してのリアクションで、880g、39センチのバスを。

5位・山本(翔) 選手


本流筋のテトラ帯で、バスがベイトを追いかけているのが見え、
そのルートにO.S.Pのハイカット(チャート)をテトラにわざと当て
ルアーの姿勢を崩して、720g、36.5センチを物にした。

写真

TOP