ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBC陸釣りクラブ広島第3戦レイドジャパンCUP

07月12日() 広島県 芦田川

NBC陸釣りクラブ広島第3戦レイドジャパンCUP概要写真 2015-07-12広島県芦田川

 台風の影響か蒸し暑い平成27年7月12日、広島県福山市の芦田川で第3戦レイドジャパンカップが開催されました。レイドジャパンの岡友成氏をゲストに迎え、シニア46人、ペア1組、ジュニア14名の合計62名が参加し、今年一番の賑わいです。また、昨年まで陸釣りクラブ広島にジュニア選手として参加し、ヒューマンアカデミー フィッシングカレッジに進学した長尾祐輔選手と、友人の森山涼太選手がはるばる大阪から参加してくれ、進んで会場本部の設営準備や受付の補助をしてくれました。運営スタッフは、はじめて大会に出る選手やジュニア選手をこの大会で育ててゆきたいとの思いがあるため、ジュニアのころから見てきた選手がこのように立派に育っているのを見ることが出来、大変うれしい出来事となりました。
 さて、第2戦は完全試合が出てしまった芦田川。第3戦はいかに?
 と、スタートしてすぐ、妹尾正規選手が432gのバスをウエイン。その興奮も冷めないうちに、森山涼太選手が1460gのパンパンにお腹を膨らませたバスをウエイン。随時検量を行っている本部では、岡さんも検量に立ち会い一緒に写真撮影を行ってくださいました。
 その後、9時までの間に、初めて大会に参加したという光本暉選手が1605g、藤井洋平選手が1195gを持ち込み、ラスト一時間で年間暫定トップの安井一夫選手が1695gをウエイン。帰着時間間際に再び妹尾選手がバスを持ち込み、順位変動かと思われたが、1650g、僅差で安井選手の優勝となりました。

 閉会式では、レイドジャパン様からご提供いただいたたくさんの賞品で、入賞者だけでなく多くの参加者がルアーやグッズを手にすることが出来ました。大会を開催するにあたり、協賛をいただいたレイドジャパン様、大会会場までお忙しい中盛り上げに来てくださった岡様に御礼申し上げます。また、ご協力をいただきました地元関係各所の皆様、協力ショップ様にも深く御礼申し上げます。

 次戦は10月4日(日)に第4戦エバーグリーンカップを開催いたします。多数のご参加をお待ちしております。

成績表

氏名重量
1 安井一夫 1,695 1 20
2 妹尾正規 1,650 1 19
3 光本暉 1,605 1 18
4 森山涼太 1,460 1 17
5 藤井洋平 1,195 1 16
6 青山侑司 0 0 5
7 池野英男 0 0 5
8 石田裕治 0 0 5
8 稲垣智文 0 0 5
8 今井利基 0 0 5
8 植盛幹太 0 0 5
8 植盛嘉之 0 0 5
8 宇野鉄平 0 0 5
8 馬屋原淳司 0 0 5
8 大戸孝文 0 0 5
8 岡崎拓哉 0 0 5
8 河村悟志 0 0 5
8 木下伸一 0 0 5
8 黒瀬天爾 0 0 5
8 黒田侑哉 0 0 5
8 小寺秀昌 0 0 5
8 小林拓也 0 0 5
8 小山純輝 0 0 5
8 斉藤敏行 0 0 5
8 貞方佑斗 0 0 5
8 佐野愛樹 0 0 5
8 皿谷哲也 0 0 5
8 菅原元気 0 0 5
8 菅原翔 0 0 5
8 助迫啓吾 0 0 5
8 関藤睦雄 0 0 5
8 高橋朋子 0 0 5
8 竹縄真吾 0 0 5
8 竜円恒樹 0 0 5
8 壇上貴弘 0 0 5
8 辻元寛人 0 0 5
8 長尾祐輔 0 0 5
8 中下修一 0 0 5
8 中田淳志 0 0 5
8 西迫蓮司 0 0 5
8 長谷川晃一 0 0 5
8 柞磨昭宏 0 0 5
8 早瀬智一 0 0 5
8 平山丈夫 0 0 5
8 福本尚 0 0 5
8 藤井新 0 0 5
8 藤井健太 0 0 5
8 藤井直也 0 0 5
8 藤井陽平 0 0 5
8 富士本年治 0 0 5
8 村上康 0 0 5
8 本藤倫也 0 0 5
8 森岡謙一 0 0 5
8 屋敷亮太 0 0 5
8 安田圭吾 0 0 5
8 薮下晃浩 0 0 5
8 山根勝也 0 0 5
8 山本紳平 0 0 5
8 山本俊哉 0 0 5
8 横山雅文 0 0 5
8 横山喜裕 0 0 5
8 渡邊倫久 0 0 5

上位の釣り方

NBC陸釣りクラブ広島第3戦レイドジャパンCUP上位のフィッシングパターン写真 2015-07-12広島県芦田川

第1位 安井一夫 選手


【いつ釣れましたか】
11時ごろ

【どこで釣れましたか】
法音寺橋から2号線までの間の中州の対岸のカバー

【釣り方、ルアー、ライン等】
レイドジャパン バギークロー 2.3gネイルシンカーを打ち
対岸のカバーを流して釣りました
ライン 東レ エクスレッド 16lb

【一言どうぞ】
今年2勝目をレイドジャパンカップで獲れたことは非常に嬉しいです。
年間優勝も大きく近づいたので、最終戦も気を抜かず戦います。

第2位 妹尾正規 選手


【いつ釣れましたか】
11:30ごろ

【どこで釣れましたか】
ゴルフ場前中州の先端の木

【釣り方、ルアー、ライン等】
イマカツ ジャバシャッドIS-Plus4.5in ブルーイリジウムカラーを
逆づけノーシンカーでバックスライドさせる。
ロッド 6ft4in ML
ライン PE1号 リーダー フロロ8lb

【一言どうぞ】
最後まで諦めなくてよかった。次戦も頑張りたい。

第3位 光本暉 選手


【いつ釣れましたか】
8:00ぐらい
【どこで釣れましたか】
JRの下の橋の少し下流の島のえぐれ

【釣り方、ルアー、ライン等】
バスがえぐれに入っていくのが見えたので、自作のスモラバにD1をつけて打ったら取ることが出来ました

【一言どうぞ】
初めての大会でお立ち台にあがることが出来たので、嬉しかったです。
これからもバスプロ目指して頑張ろうと思うのでよろしくお願いします。

第4位 森山涼太 選手


【いつ釣れましたか】
8:30ごろ

【どこで釣れましたか】
水呑大橋の橋脚下

【釣り方、ルアー、ライン等】
BFカバージグ2.3gにオカエビ3.5インチをつけたものを
橋脚下でシェイクした後にボトムステイさせていたら釣れました。
よく引きましたが、ロッドがレイドジャパンのライトフィリップスだったので
パワー負けはしませんでした。

【一言どうぞ】
大阪から来た甲斐がありました!

第5位 藤井洋平 選手


【いつ釣れましたか】
午前8時ごろ
 
【どこで釣れましたか】
小水呑橋から上流へ100mぐらいのところ

【釣り方、ルアー、ライン等】
足元を丁寧に、ゲーリーヤマモトのカリフォルニアロールのネコリグをスローなアクションで釣りました。(ボトムを感じながら)

【一言どうぞ】
まさかの入賞にビックリしています・・・。

TOP