ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター岡山第5戦イマカツCUP

08月23日() 岡山県 高梁川

NBCチャプター岡山第5戦イマカツCUP概要写真 2015-08-23岡山県高梁川

2015年チャプター岡山・第5戦イマカツCUPが8月23日、岡山県・高梁川で開催された。

週半ばに降った雨の影響か?水温は例年より低めで、水位はやや増水し、濁りも多少入った状態。通常なら釣れそうな感じだが、活性が上がったのはノンキーだけで、おおくの選手がキーパーを釣るのに苦戦した。

そんな最終戦を制したのは、前週の旭川ダムでもぶっちぎりの優勝した、若手実力派の守屋明斉選手。通称三島のまわりのフィーディングの魚をノーシンカーで攻略。ぶっちぎりの5キロオーバーを持ち込んで、第2戦に続きシリーズ2勝目を手にした。準優勝には、第4戦までに年間ランキング暫定6位につけていた近藤哲平選手。プラから掴んでいた下流のウィードエリアで、ネコリグで揃え、直リグで入れ替えウエイトを伸ばした。3位には第3戦で優勝した黒杉哲雄選手。中流域のブッシュなどをシェードとカレントを意識してリミットメイクした。4位には2013年にシーズン2勝を挙げるなど活躍した有木隆記選手。ボイル撃ちで1本ながらキッカーを仕留めた。5位には第3戦でも入賞している津国大輔選手。ウィードパッチをネコリグのドリフトで攻め入賞した。

今大会にあたりご協賛頂きました株式会社イマカツ様には多数の商品をご提供頂き、最終戦を大いに盛り上げて頂きました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

同時に年間表彰も行われ、2015年チャプター岡山・年間優勝者は、上位6人が10ポイント差という混戦状態で迎えた最終戦で見事準優勝した近藤哲平選手。

今シーズンの近藤選手は、初戦と第4戦を外したものの、第2戦・6位、第3戦・3位、最終戦・準優勝と言う素晴らしい成績を残し、昨年は暫定トップで最終戦を迎えながら、惜しくもタイトルに手が届かなかったが、一年越しで見事にリベンジを果たした。

惜しくも同ポイントのウエイト差で準優勝となったのは平松成夫選手。ルーキーながらいきなり年間を争いに絡み、盟友の第4戦で優勝した林克典選手。同じクラブで今年復活し、年間6位となったベテラン大森啓晶選手と共に、今シーズン大いに盛り上げてくれた。年間3位には岡山を代表するアングラーの一人である塩見友広選手。4位には今シーズンコンスタントに釣って来た西平和人選手。5位には第1戦で初優勝を果たしたベテラン那須仁司選手が入賞した。

今大会でチャプター岡山2015年度の通常日程を大きな事故やトラブルも無く、無事終える事が出来ました。
今期チャプター岡山開催にあたり、各大会に多数の商品を提供して頂きましたスポンサー各社様、協賛加盟店様(クニヤス様、マニア様、リード様)、関係各位様、参加選手の皆様にスタッフ一同心からお礼申し上げます。

また来年度もチャプター岡山をよろしくお願いします。

成績表

氏名重量
1 守屋明斉 5,270 3 30
2 近藤哲平 2,320 3 29
3 黒杉哲雄 1,773 3 28
4 有木隆記 1,760 1 27
5 津国大輔 1,413 2 26
6 塩見友広 1,351 1 25
7 西平和人 1,258 2 24
8 細川修平 1,025 1 23
9 藤村耕司 794 2 22
10 大森啓晶 661 2 21
11 那須仁司 567 2 20
12 平松成夫 373 1 19
13 青山和広 308 1 18
14 原田宏志 293 1 17
15 田渕文久 291 1 16
16 日谷浩一 278 1 15
17 川畑尚久 220 1 14
18 郡野信一 198 1 13
19 千葉潤一 0 0 5
20 三宅弘 0 0 5
21 林克典 0 0 5
22 三島毅士 0 0 5
23 百々洋人 0 0 5
24 佐々木英樹 0 0 5
25 宇野堅二 0 0 5
26 中田淳志 0 0 5
27 後田誠一 0 0 5
28 三浦純一 0 0 5
29 玉木直也 0 0 5
30 福田明紀 0 0 5
31 武下和宏 0 0 5
32 小郷順弘 0 0 5
33 土肥建志 0 0 5
34 高橋政義 0 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター岡山第5戦イマカツCUP上位のフィッシングパターン写真 2015-08-23岡山県高梁川

優勝 守屋明斉選手



ポイント: 上流域
ロッド: デュミナスTHP-S64ML、デュミナススーパーコンペティション607MH
リール: 07ステラ2500S、メタニウムMg7
ライン: デットオアアライブ5ポンド、14ポンド
ルアー/リグ: プロストレート5インチ/オフセットノーシンカー、エッグボール14g+クエイククロー4インチ
タクティクス: 三島まわりのフィーディングの魚を狙いました。タイミングの時は、ノーシンカーのリフト&フォールと高速トゥィッチ。無風の時はフットボールのリアクション。

コメント: スポンサードして下さるジャクソン様、テスターズ様、仲良くしてくれる皆さんに感謝します。どうもありがとうございました。


準優勝 近藤哲平選手



ポイント: 下流域
ロッド: 71MH、63ULS
リール: 07メタニウムMg7、07ステラ2500S
ライン: エクスレット14ポンド、5ポンド
ルアー/リグ: セクシーアンクル7インチ/直リグ10g、エコスワンプJr/ネコリグ0.9g
タクティクス: エビモとカナダモのパッチ撃ち。プラで魚がさして来るのが解っていたので、ネコリグでキーパーを、直リグで入れ替える。

コメント: 家族と釣り友に感謝します。大会役員の方、今年一年お世話になりました。


3位 黒杉哲雄選手



ポイント: 中流域
ロッド: ノリーズ・ロードランナー・ストラクチャーST620XLS・As、VOICE 760JMH
リール: シマノ2500、シマノベイト
ライン: 4ポンドフロロ、18ポンドフロロ
ルアー/リグ: ノリーズ・ラッテリーナタテール/ネコリグ0.9g、エスケープツイン(バンドウカワエビ)/3.5gフロリダリグ
タクティクス: 中流橋脚(船穂橋)にてキーパーを1本。移動してJR橋脚にて2本のキーパーをラッテリーナタテールで。水菱プラスチックと船穂橋間にあるブッシュにて、キッカーフィッシュをエスケープツインで釣り入れ替え。シェード・カレントを意識した展開で釣りました。

コメント: いつも仲良くして下さるチーム員の皆さん、そしていつも手厚くサポートして下さるノリーズ様、宮一釣具、テスターズ様へ感謝しております。そして家族に感謝しています。


4位 有木隆記選手



ポイント: 上流域
ロッド: DSCC-602L-AS
リール: LTX
ライン: バンガード7ポンド
ルアー/リグ:フォールスティック/ノーシンカー
タクティクス: ボイル撃ちで釣れました。

コメント: ライブベイターズの皆さん、いつも仲良くして下さる方々に感謝します。


5位 津国大輔選手



ポイント: 中流域
ロッド: スピニング65UL
リール: ダイワ
ライン: 5ポンドフロロ
ルアー/リグ: ドライブクローラー5.5/ネコリグ1/32オンス
タクティクス: スタート地点対岸。中州の下流ウィードパッチへネコリグをドリフトさせる。 

コメント: 今日はラッキーでした。ありがとうございました。

TOP