ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター岡山第4戦エバーグリーンCUP

07月05日() 岡山県 高梁川

NBCチャプター岡山第4戦エバーグリーンCUP概要写真 2015-07-05岡山県高梁川

2015年チャプター岡山・第4戦エバーグリーンCUPが7月5日、岡山県・高梁川で開催された。

今年は梅雨入りからよくまとまった雨が降っている岡山県。大会前日にもまとまった雨が降ったが、主に県南だった為か、思ったほどの増水や濁りが入らず厳しい釣果が予想された。

そんな第4戦を制したのは、高梁川で開催されるオープン大会の上位常連でもあり、本年度からチャプターにも参戦している林克典選手。フィーディングエリアのランガンという攻めのスタイルで、5705gと言う素晴らしいウエイトを持ち込み初優勝を手にした。準優勝には昨年TOP50の年間タイトルを獲得した小林知寛プロ。プラ無しながらいち早く状況を掴み、カバー撃ちで攻略した。3位には優勝した林選手とともにオープン大会で数々の入賞経験を持つ平松成夫選手。プラから状況が変わったと判断し、エリアを中流域に変更してグットサイズを含む2本をウエインした。4位には約6年ぶりの入賞となった後田誠一選手。下流〜中流域までを幅広く探り、リミットメイク。久しぶりにお立ちに立った。5位には第3戦から連続入賞となった塩見友広選手。この時期定番の最上流でドライブクローラーのズル引きでキッカーを仕留めた。

注目の年間争いは、今大会も3位に入賞した平松成夫選手が暫定トップに。暫定2位には入賞こそないものの、安定して釣って来ている西平和人選手。暫定3位には同ポイントで3人が並び、連続入賞の塩見友広選手。第2戦、第3戦連続入賞の三島毅士選手。厳しい第1戦を制した那須仁司選手が続く。どの選手にもまだまだチャンスはあり、初参戦ながらトップに立つ平松選手が逃げ切るのか?ベテラン勢がまくるのか?最終戦が注目される。

今大会にあたりご協賛頂きました有限会社エバーグリーン様には商品をご提供頂きました。また小林知寛プロにも参戦頂き、表彰式ではプレゼンターとして大会を盛り上げて頂きました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

成績表

氏名重量
1 林克典 5,705 3 30
2 小林知寛 4,313 3 29
3 平松成夫 2,483 2 28
4 後田誠一 1,761 3 27
5 塩見友広 1,720 1 26
6 大森啓晶 1,669 1 25
7 大島洋之 1,659 1 24
8 竹井裕貴 1,557 1 23
9 三宅弘 1,158 1 22
10 宇野堅二 967 2 21
11 有木隆記 886 1 20
12 西平和人 599 1 19
13 千葉潤一 0 0 5
14 細川修平 0 0 5
15 黒杉哲雄 0 0 5
16 三島毅士 0 0 5
17 末光啓史郎 0 0 5
18 百々洋人 0 0 5
19 佐々木英樹 0 0 5
20 田渕文久 0 0 5
21 中山義久 0 0 5
22 守屋明斉 0 0 5
23 鈴木健二 0 0 5
24 那須仁司 0 0 5
25 中田淳志 0 0 5
26 近藤哲平 0 0 5
27 三浦純一 0 0 5
28 藤村耕司 0 0 5
29 武下和宏 0 0 5
30 原田宏志 0 0 5
31 川畑尚久 0 0 5
32 津国大輔 0 0 5
33 小郷順弘 0 0 5
34 井上裕介 0 0 5
35 土肥建志 0 0 5
36 高橋政義 0 0 5
37 加納元紘 0 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター岡山第4戦エバーグリーンCUP上位のフィッシングパターン写真 2015-07-05岡山県高梁川

優勝 林克典選手



ポイント: 上流域
ロッド: ロデオライド61L
リール: バンキッシュ2500S
ライン: エクスレッド4ポンド
ルアー: フォールスティック 
リグ/ウエイト: ノーシンカー
タクティクス: 1級フィーディングエリアのランガン。フィーディングの魚が回ってくれば釣れるのは解っていたので、タイミングを見て入ることを意識して動きました。

コメント: 快く送り出してくれる家族に感謝しています。岡山チャプターのスタッフの方、また選手の皆さんのお陰で楽しい大会に出る事が出来ています。ありがとうございます。これからも宜しくお願いします。


準優勝 小林知寛プロ



ポイント: 上流域 
ロッド: スーパーディトネーター
リール: メタニウムXG
ライン: バスザイルR16ポンド
ルアー: キャスティングジグ
リグ/ウエイト: 3/8、キッカーバグ4.5
タクティクス: ひたすらカバー撃ち。ゴミだまり、水面に近いオーバーハングをひたすら撃つ。

コメント: 久しぶりに楽しい釣りが出来ました。


 

3位 平松成夫選手



ポイント: 中流域
ロッド: DeeZベイトフィネス1
リール: アルデバラン
ライン: 8ポンド
ルアー: トルキーストレート4.8
リグ/ウエイト: ネコリグ/2.2g
タクティクス: プラではスロープ上が良かったが、今日は不発。昼前に水が変わったタイミングで中流に行き、JR下流のカバーで1本。その後2号線橋脚で1本。日差しが強くなったので、シェードを意識してやった。

コメント: いつも釣りに行かしてくれる家族に感謝。


4位 後田誠一選手



ポイント: 下流域
ロッド: 6.3フィート
リール: ベイト
ライン: フロロ10
ルアー: ドライブクローラー 
リグ/ウエイト: ネコリグ/ 1/16
タクティクス: 旧霞AM9:00、橋脚周り、クランクベイト。玉島側、ウィードパッチ、テキサスリグ。JR橋脚PM12:00、ネコリグ。 

コメント: いつも仲良くして頂いている皆さん、スタッフの方、ありがとうございます。


5位 塩見友広選手 



ポイント: 上流域
ロッド: テクナPMX-66CLP+J 
リール: メタニウムMG
ライン: エクスレッド7ポンド
ルアー: OSPドライブクローラーエコ5.5
リグ/ウエイト: ネコリグ/1/16
タクティクス: 最上流の中州1mラインの砂と岩場をドリフトさせて2キロアップをバラシ。その後同じラインで着底後のズル引きで1,700gを1本。 

コメント: サポート頂いていますティムコ様、東レ様、テスターズ水島(釣具の宮一)のサポートで釣りをさせて頂いてます。そしていつも気持ち良く試合に出させてくれる家族に感謝です。 

TOP