ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター和歌山第4戦ガンクラフトCUP

08月16日() 和歌山県 七川ダム

NBCチャプター和歌山第4戦ガンクラフトCUP概要写真 2015-08-16和歌山県七川ダム

チャプター和歌山第4戦ガンクラフトCUPが七川ダムで開催された。
開催日程がお盆休みと絡み、オフリミット期間が設定されなかった関係でお盆休みを利用して念入りにプラクティスを行った選手も多くいた。
その影響であろうか。人的プレッシャーと連日の猛暑と山間部特有の夜間の冷え込みによる水質悪化とが相まって、ナイスサイズのバスは天才級と化していった。
そんな状況下で優勝を飾ったのは、『とっくん』ことDr.徳原靖剛プロ。
『3キロちょいですぅ〜』という“診断ミスと過少申告”もあり〜の、今の七川ダムを的確に“診断&施術”し、3,630gというスコアをたたきだした。
気になる年間チャンピオン争いは、実質上位4名に絞られ混戦状態で最終戦を迎えたが、稲垣信明プロが逃げきる形で年間チャンプの座を獲得した。
最後になりましたが、今年度も最終戦の冠スポンサーをお引き受けしていただきました『GANCRAFT』様には、多くの賞品をご提供いただき厚く御礼申し上げます。誠にありがとうございました。
また、チャプター和歌山の運営について、年間を通じて深いご理解とご協力をいただきました七川ダムレンタルボート店『古座川荘』の道野様と地元の方々に感謝申し上げます。

成績表

氏名重量
1 徳原靖剛 3,630 3 30
2 稲垣信明 3,494 3 29
3 鈴木真吾 3,462 3 28
4 田中正典 2,812 3 27
5 澤村潤 2,555 3 26
6 今津智晶 2,524 3 25
7 竹田達矢 2,455 3 24
8 竹本浩和 2,343 3 23
9 井谷匡孝 2,219 3 22
10 森口高幸 2,116 3 21
11 谷口真一 2,087 3 20
12 寺坂正明 2,067 3 19
13 奥野暢久 1,978 3 18
14 山形いつむ 1,782 3 17
15 石戸明人 1,721 3 16
16 堀政輝 1,679 3 15
17 田積良介 1,638 3 14
18 沖之島達也 1,635 3 13
19 宮尾貴敏 1,621 3 12
20 那須大士朗 1,549 3 11
21 河南順也 1,450 3 5
22 寺坂和義 1,437 3 5
23 杉田陽彦 1,404 3 5
24 石井伸幸 1,364 3 5
25 楠本昇 1,347 3 5
26 宮崎康治 1,302 3 5

上位の釣り方

優勝  徳原靖剛プロ  3,630g


    エリア  添野川と平井川の赤土系のエリア。
         平井川(湯の花橋)上流の張り出しをメインエリアにした。
    リグ   エコスワンプミニ 1.8g  DS
         セクシーアンクル 5g ライトテキサス
    釣り方  平井川の張り出しは5〜6mのレンジを平行に流す。

準優勝 稲垣信明プロ  3,494g


    エリア  平井川の土系のボトム(古座川荘下の立木付近)の5m
         本流と平井川のインターセクションの馬の背の立木10m
    リグ   ベティ 3.9in (セクシーミミズ) 1.8g DS 4lb
エコスワンプ(オキシブラッド) 3.5g テキサス 7lb
釣り方 立木はフォールメイン。土系はズル引き。 

3位  鈴木真吾選手  3,462g


    エリア  黒谷の橋の上流のガレ場と本流のBW
    リグ   ドライブシュリンプ 3in 0.9g DS
釣り方  黒谷はボイル撃ち。本流BWはゴミ溜まりのサイト。

4位  田中正典選手  2,812g


    エリア  平井川 湯の花橋周辺
    リグ   アップラッシュ 3.5in ライトキャロ
    釣り方  ボトムをズル引き(深いところは8mまで)

5位  澤村潤選手   2,555g


    エリア  平井川 湯の花橋周辺
    リグ   セクシーアンクル 4in 3.5g ライトキャロ
    釣り方  ボトムをズル引き(レンジは5〜6m)

写真

TOP