ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター大阪第3戦ゲーリーインターナショナルCUP

06月07日() 大阪府 淀川・城北ワンド

NBCチャプター大阪第3戦ゲーリーインターナショナルCUP概要写真 2015-06-07大阪府淀川・城北ワンド

6月7日(日)NBCチャプター大阪第3戦ゲーリーインターナショナルカップが開催された。
近畿地方は6月3日に梅雨入り、平年より4日早く、昨年と同じと発表されていました。
梅雨入り後、最初の日曜で雨を心配したのだが、グッドタイミングで少し寒いぐらいの天気となりました。
淀川の近況はアフターバスがほとんどとなり釣れるエリアもワンドから本流へと移っていきます。
この時期、キーになるのはやはり水の流れ、バスの活性に大きな影響を与えます。
ただ、大会2日前に雨が降り、水温の下降と濁りによる影響が心配され、前日のプラでも釣れないと嘆く選手が多く、
フィールドコンディションは芳しくないと考えられました。

早朝の寒さも時間の経過とともに気温も上昇、ウエイン時にはバーベキューを楽しむ方が混雑するほどの
賑わいで大会に確保していたスペースも少しずつ浸食されて時間とともに減っていくではありませんか。
かろうじて最低限の面積を確保して帰着が始まりました。

当日の結果は予想された通り、今日も淀川はタフコンディションで厳しい状況でした。
優勝の西岡博昭選手は豊里大橋下流本流でナイスバス2匹を含む3匹をゲットし2,675gで唯一人リミット達成。
苦節15年!初お立ちにして初優勝「諦めず出場していて良かった!」とのインタビュー。
それでも釣ってきたのは60名中、12名(20%)で今回も淀川は選手に試練を与えたようです。
(淀川を完膚なきまで攻略できるのはいつか・・・・・・・)

次回、第4戦秦拓馬カップは7月12日(日)の開催!
梅雨明け?の淀川で秦拓馬プロも参戦し、戦列バトルを展開!
数が釣れるか、モンスターが釣れるか、大変興味深い大会となります、多くの選手の参加をお待ちしています。
最後に今大会をスポンサードいただいたゲーリーインターナショナル様に心から深く感謝し御礼申し上げます。

シニア部門成績表

氏名重量
1 西岡博昭 2,675 3 40
2 平山知心 2,135 1 39
3 渡辺壮 1,170 1 38
4 平川武 1,155 1 37
5 川上誠治 1,070 1 36
6 松原清介 895 2 35
7 杉本利徳 625 2 34
8 佐藤昇吾 335 1 33
9 比嘉大輔 335 1 32
10 矢持登 245 1 31
11 森内勝 235 1 30
12 阪上勇貴 190 1 29
13 高橋一彦 0 0 5
14 松本恭典 0 0 5
15 木下高生 0 0 5
16 金替勝久 0 0 5
17 内野海 0 0 5
18 真砂裕次 0 0 5
19 和泉大四郎 0 0 5
20 藤原大輔 0 0 5
21 荒木正員 0 0 5
22 油谷幸弘 0 0 5
23 永留透 0 0 5
24 水野翔太 0 0 5
25 上元英樹 0 0 5
26 中西大記 0 0 5
27 舟田智哉 0 0 5
28 植月治人 0 0 5
29 鴨林泰行 0 0 5
30 平間卓哉 0 0 5
31 高橋祐樹 0 0 5
32 河野幸洋 0 0 5
33 前田武広 0 0 5
34 八木昌和 0 0 5
35 渡辺敦史 0 0 5
36 岡田直哉 0 0 5
37 山根夏也 0 0 5
38 梶谷浩士 0 0 5
39 喜多誠 0 0 5
40 北野裕大 0 0 5
41 岡安津士 0 0 5
42 城内司 0 0 5
43 浅田裕紀 0 0 5
44 後藤裕治 0 0 5
45 大島幸治 0 0 5
46 石田徳人 0 0 5
47 谷口浩一 0 0 5
48 内山直樹 0 0 5
49 武田浩章 0 0 5
50 和泉直樹 0 0 5
51 覚正隆之 0 0 5
52 平岡伸久 0 0 5
53 明石隼人 0 0 5

ジュニア部門成績表

氏名重量
1 田中佑弥 0 0 5
2 横山詩音 0 0 5
3 岡田拓真 0 0 5
4 田中陸玖登 0 0 5
5 八木稔賢 0 0 5
6 小田恭平 0 0 5
7 人長遊樹 0 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター大阪第3戦ゲーリーインターナショナルCUP上位のフィッシングパターン写真 2015-06-07大阪府淀川・城北ワンド

<シニアの部>
■優勝 西岡博昭選手 2,675g(3匹)
・エリア   豊里大橋下流本流
・使用ルアー ディースタイル・D1(カラー:ホワイトライトアンバー)
       ベイトブレス・フィッシュテール4.5インチ(カラー:ウォーターメロンシード)
・釣り方   8:50〜9:20頃(陽が照りだして明るくなった)にばたばたと釣れた。
       ダウンショット(1.8g)オフセットフック使用

■2位 平山知心選手 2,135g(1匹)
・エリア   豊里大橋下流本流
・使用ルアー エバーグリーン・ボウワーム4.2インチ(カラー:グリパンブルーフレーク)
・釣り方   8時30分過ぎに砂けむりが上がりバスのテールが見えた
       ノーシンカーでキャストしたら即バイトがあった

■3位 渡辺 荘選手 1,170g(1匹)
・エリア   14番ワンド
・使用ルアー オーエスピー・ドライブクロー3インチ(カラー:グリパンレッド/ナチュラルオレンジ)
・釣り方   ダウンショットリグ(7g)で沖に遠投し、ジャーク&フォールでザリガニを
       をイメージしてアクション。
       

■4位 平川 武選手 1,155g(1匹)
・エリア   豊里大橋下流本流
・使用ルアー ベイトブレス・フィッシュカーリー3.5インチ(カラー:ジュンバグ)
・釣り方   ケイテックのジグヘッドを装着し、ボトムトレースし手前のブレイクのウィードに
       コンタクトし、バイトを誘った。
       

■5位 川上誠治選手 1,070g(1匹)
・エリア   豊里大橋下流の本流
・使用ルアー イマカツ・ハドルフライ3.5インチ(カラー:スモークプロブルーブルーパールベリー)
・釣り方   遠投し沖目(30m付近)をダウンショット5gで何かのストラクチャーにコンタクトした
       時にバイト

TOP