ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ OSP

NBCチャプター琵琶湖第2戦ヴァガボンドCUP

05月17日() 滋賀県 琵琶湖

全体的な状況としてはアフターの魚が多く、そんな中でいかにウェイトを稼ぐか、産卵絡みのどの状況の魚を狙うかという戦略が見ものの大会となりました。上位3名は、北部の木ノ浜エリアから出ており、明らかにキーエリアとなった模様。特に優勝の村上選手はウェイトが稼げるプリの状態の魚を狙う戦略で圧倒の7キロ台をキャッチされました。
banner for http://www.dictsproducts.com/

成績表

氏名重量
1 村上明生 7,040 3 50
2 辻大吾 6,330 3 49
3 熊川匡士 5,250 3 48
4 駒田都一 5,050 3 47
5 武田哲也 5,010 3 46
6 松中涼 4,990 3 45
7 清水崇 4,610 3 44
8 森安信男 4,330 3 43
9 西谷明 4,230 3 42
10 林鋭治 4,190 3 41
11 軸屋達也 4,070 3 40
12 山本隆広 4,020 3 39
13 太田雅也 3,870 3 38
14 兒丸浩昭 3,820 3 37
15 久木淳弘 3,700 3 36
16 日置隆宏 3,570 3 35
17 木村慶彦 3,420 3 34
18 廣江俊臣 3,390 3 33
19 鵜飼良 3,270 3 32
20 赤井健二 3,250 3 31
21 中山和也 3,190 3 30
22 横地稔 3,150 3 29
23 久保雅広 3,070 3 28
24 津田靖英 3,060 3 27
25 長友政貴 3,020 3 26
26 菅俊貴 2,900 3 25
27 市川哲也 2,840 3 24
28 八澤正成 2,750 2 23
29 當舎信昭 2,610 3 22
30 廣渡孝幸 2,540 2 21
31 奥祐樹 2,450 3 20
32 山下裕史 2,420 3 19
33 中西紀章 2,380 3 18
34 大林春樹 2,120 2 17
35 坂本幸一 2,080 2 16
36 塩田晃 2,050 2 15
37 奥西伸介 2,040 3 14
38 浅野弘充 2,030 2 13
39 森龍也 2,020 1 12
40 寺田裕貴 2,020 3 11
41 岩田健司 1,990 3 5
41 川本正 1,970 3 5
41 井上幸治 1,940 2 5
41 佐野吾郎 1,700 1 5
41 中川優 1,650 2 5
41 山中寛雅 1,460 2 5
41 斉藤真紀 1,370 1 5
41 北澤浩次 1,270 2 5
41 上田恭弘 1,170 1 5
41 田仲正明 900 1 5
41 南正之 800 1 5
41 森野将司 780 1 5
41 青山恒也 640 1 5
41 牧浦伸行 0 0 5
41 西城雅昭 0 0 5
41 宮脇良浩 0 0 5
41 井上心路 0 0 5
41 内山智貴 0 0 5
41 中矢将之 0 0 5
41 小島匡人 0 0 5
41 奥嘉弘 -1,000 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター琵琶湖第2戦ヴァガボンドCUP上位のフィッシングパターン写真 2015-05-17滋賀県琵琶湖

【優勝】村上明生選手 
木ノ浜沖にてハードボトムに生えるエビモにワームを乗せて、基本ノーアクションで魚が持っていくまで待つ。ノーシンカーはエコカットテール(グリパン)、ダウンショットはバンカーバスタースリム5in(スカッパノン)

【2位】辻大吾選手


貝捨場でOSPドライブクローラーの1.8gジグヘッドワッキー。木ノ浜にてギル型ルアーで3500gのBIGサイズをキャッチ。

【3位】熊川匡士選手


木ノ浜沖にてイマカツのアンクルゴビーを1/16ozライトキャロで使用。

【4位】駒田都一選手


北山田シャロー(1〜1.5m)にて、ブシドー14gテキサスと、フレギュラー10gヘビダン使用。

【5位】武田哲也選手


下物および葉山川沖エリアにて3.5gダウンショット使用。

TOP