NBCチャプター長野・野尻湖第4戦ティムコCUP

2014年 08月24日() 長野県 野尻湖

NBCチャプター長野・野尻湖第4戦ティムコCUP概要写真 2014-08-24長野県野尻湖

お盆明けの8月24日、チャプター長野・野尻湖第四戦ティムコCUPが行われました。うだるような暑さが続きましたが、お盆後半は天候が崩れ一気に秋の気配を感じるようになりました。湖の状況もだんだんとタフになりつつあるようで、これといった感触を掴めぬまま本番を迎えた選手が多かったようです。そんな第四戦を制したのはヨシノボリ建設の棟梁、福島ヨシノボリ選手!リミットメイクに苦しむ選手が多い中、湖のホットスポットであるカトリック、青学ワンドをライトキャロで攻め、怒涛のヨシノボリ劇場を展開し2,952gで栄冠を手に入れました。また、ティムコサポート選手の皆様も上位を占め、表彰式に華を添える形となりました。そしてティムコ吉澤様とのスーパーテクナを賭けたジャンケン大会ではプレイオフで盛り上がりを見せました。今回も沢山の賞品をご用意して頂いたティムコ様、ありがとうございました。
年間タイトルも気になる最終戦は2週間後の9月7日に行われます。

banner for http://www.center-field.jp/

成績表

氏名重量
1 福島義則 2,952 3 40
2 三田直史 2,858 3 39
3 藤居賢司 2,750 3 38
4 小林翼 2,588 3 37
5 宮腰潤 2,582 3 36
6 佐藤大介 2,568 3 35
7 宮入拓也 2,454 3 34
8 山田謙二 2,350 3 33
9 古町堅一郎 2,226 3 32
10 神谷隆幸 2,012 3 31
11 ミゲルサントス 1,918 3 30
12 小林哲也 1,818 3 29
13 真下温史 1,784 2 28
14 武者雅広 1,778 2 27
15 杉山晃一 1,756 2 26
16 近藤健広 1,750 2 25
17 吉原宏明 1,558 2 24
18 藤井英雄 1,500 2 23
19 丸山知幸 1,402 2 22
20 小林紘也 1,400 3 21
21 吉沢裕二 1,304 2 20
22 比田井裕二 1,286 2 19
23 北田裕 1,158 2 18
24 ウーワーグナー 1,132 2 17
25 竹内維吹 1,056 1 16
26 戸津平 958 1 15
27 曽根毅 956 1 14
28 阿佐美直紀 934 2 13
29 江沢弘信 798 1 12
30 谷崎智弘 782 1 11
31 石岡正成 750 1 5
32 下田芳久 720 1 5
33 新倉裕司 716 1 5
34 水野哲史 696 1 5
35 町村猛 662 1 5
36 西條友教 618 1 5
37 一柳佳孝 608 1 5
38 大村将文 602 1 5
39 喜代浜友貴 578 1 5
40 田中俊彦 568 1 5
41 木村浩規 486 1 5
42 久保田克之 462 1 5
43 柘植清紀 270 1 5
44 太田雅文 0 0 5
44 宗島和雄 0 0 5
44 本間勝美 0 0 5
44 金子常俊 0 0 5
44 小川純一 0 0 5
44 豊嶋仁 0 0 5
44 鈴木晋平 0 0 5
44 久田恭平 0 0 5
44 小暮祐一 0 0 5
44 伊藤宏樹 0 0 5
44 山本俊和 0 0 5

上位の釣り方

優勝!!NBC52465 福島義則選手 2,952g(3匹)

【使用タックル】
ロッド:6,4f ヨシノボリスペシャル
    フェンウィック、アイアンホーク6,5f
リール:ダイワ、イグニス
ライン:FCスナイパー2lb

【エリア】
カトリック

【リグ・パターン】
ライトキャロ、
ゲーリー4インチイモ

【コメント】
あと少しで今シーズンも終わりますが完全燃焼したいと思います。
いつもお世話になっている『ピノキオさん』『一番館さん』ありがとうございます。
そして釣り仲間のみんなに感謝です。




準優勝!NBC52238 三田直史選手 2,858g(3匹)

【使用タックル】
ロッド:カレイド61UL
リ―ル:2000H
ライン:フロロ2.5ホ゜ント゛

【エリア】
大崎10メートル前後

【リグ・パターン】
1.8グラムダウンショット
ガルプ マイクロクロ―ラ―
シュ―ティング

【コメント】
朝から自分のミスで、一緒にペナルティ―を受けてしまった人には申し訳ないと思っています。
最終戦も自分の出来る釣りで、お世話になっている吉野屋さんや応援してくれている方たちに、
いい報告が出来るように頑張りたいと思います。




第3位 NBC52200 藤居賢司選手 2,750g(3匹)

【使用タックル】
.薀ぅ肇ャロ1g fenwick GWT-SF68SULJ 
SHIMANO COMPLEX 2500HGS
サンラインFCベーシック3lb+リーダー サンライン トルネードSV-1 0.8号
ガルプ バルキーホッグ2改
 
▲薀ぅ肇ャロ1.8g fenwick IHHS-SF65SLJ
SHIMANO STELLA C2500HGS
サンラインFCベーシック3lb+リーダー サンライン トルネードSV-1 0.8号 
ガルプ ベビーサーディン

【エリア】
水道局ワンド 6〜8m

【リグ・パターン】
ライトキャロのスイミングとシークレットな釣法

【コメント】
試合1週間前に3日間合宿をしました。
試合を想定してあえて船団で釣りしたり魚探掛けなど正直、
「釣り」としては面白くない3日間を雨の中我慢して行いました。
試合開始直後、今戦勝者の福島ヨシノボリさんや5位の宮腰さん、
野尻湖の優秀なプロガイドの方々のヒットシーンを見せつけられ
一瞬火だるま状態にされましたが、何とか気持ちを冷静に保ち
釣ることができたのも合宿の成果が少しは出たのかな!?と思います。

水道局の船団では一般アングラーも多くまじり、
ボート同士が接触するような距離でしたが、その中でもポイントを
シェアさせてくれた宮腰さんやフェアプレーで距離を保ってくれた喜代浜さん
ありがとうございました。

また、運営スタッフの皆様、いつもお世話してくださる一番館の皆様
ありがとうございました。




第4位 マスターズ7 小林翼プロ 2,588g(3匹)

【使用タックル】
ロッド TPMX61XULJ
リール 2500番
ライン サンラインFCスナイパー2ポンド
リグ ダウンショット0,9グラム
ワーム アースワーム

【エリア】
青学ワンドのバンクと大崎のフラット

【リグ・パターン】
水深7mから9mをダウンショットのシェイキングとカーブホール

【コメント】
今回自分がサポートしていただいてるティムコ様が冠の大会で
お立ち台に上がれた事はすごく嬉しいかったです。
この勢いで群馬チャプター・マスターズと頑張りますので
応援よろしくお願いします。



第5位 NBC52681 宮腰潤選手 2,582g(3匹)

【使用タックル】
タックル(ライトキャロ)
ロッド:フェンウィックGWT-SF64XSULJ
リール:ステラ2500S
リグ:1/16+リーダー90センチ(フロロ3LB)
ライン:フロロ2.5LB
ルアー:ガルプ

タックル(ライトキャロ)
ロッド:フェンウィックGWT-SF68SULJ
リール:ステラ2500S
リグ:3/32+リーダー180センチ(フロロ3LB)
ライン:フロロ2.5LB
ルアー:ガルプ

タックル(ダウンショット)
ロッド:GWT-60SLJ(KTF)
リール:ステラ2500S
リグ:3/64+40センチ
リーダーライン:フロロ2.5LB
ルアー:ウルトラフィネス、ガルプ

【エリア】
水道局・菅川

ムービー

写真の閲覧方法

写真

TOP

3G回線スマホ用サイト