NBCチャプター東京第2戦スピンナーロックCUP

2014年 04月20日() 神奈川県 津久井湖

NBCチャプター東京第2戦スピンナーロックCUP概要写真 2014-04-20神奈川県津久井湖

4/20(日)2014年チャプター東京第2戦「スピンナーロック」CUPが津久井湖にて開催されました。今年は大雪以降調子が上がらず3〜4月も度重なる雨に幾度となく憚れ大会前日には一部のビッグバスが産卵モードに入り僅かではあるがネストがちらほら。ただ大会終了間際にドラマが・・・・・
優勝は1本ながら2280gの50僖ーバーのビッグバスを終了間際に持ち込んだ石橋選手が優勝、ジュニア選手とし今年から参戦し2戦目での快挙。第2位には「春男」のベテラン柴田選手、1本1410gをウエイン。第3位にはこちらも参戦2年目の石川選手。比較的ノーマークの沼本ワンドから1本を絞り出し3位入賞。
また今大会の冠スポンサー様でもある「スピンナーロック」様には地元新潟の魚沼産コシヒカリを協賛頂きました。この場をお借りしてお礼申し上げます。有難う御座いました。
次回は6/15(日)相模湖にて「ラッキークラフト」CUPを開催致します。エントリー受付中ですので奮ってご参加下さい!

成績表

氏名重量
1 石橋大星 2,280 1 30
2 柴田秀一郎 1,410 1 29
3 石川晶平 990 1 28
999--- 山口敦史 0 0 5
999--- 泉高志 0 0 5
999--- 安藤光太郎 0 0 5
999--- 村松秀希 0 0 5
999--- 岩崎潤 0 0 5
999--- 古市真之 0 0 5
999--- 落合日出男 0 0 5
999--- 篠崎裕二 0 0 5
999--- 岸順一 0 0 5
999--- 志村太郎 0 0 5
999--- 山田毅 0 0 5
999--- 鈴木浩 0 0 5
999--- 中村真悟 0 0 5
999--- 川端嘉行 0 0 5
999--- 水野高宏 0 0 5
999--- 森泉裕史 0 0 5
999--- 菅谷淳一 0 0 5
999--- 宮岡章仁 0 0 5
999--- 齋藤親義 0 0 5
999--- 山口友和 0 0 5
999--- 本田和士 0 0 5
999--- 寺沢庸二 0 0 5
999--- 岡野宏和 0 0 5
999--- 金井俊介 0 0 5
999--- 西倉裕貴 0 0 5
999--- 星雅人 0 0 5
999--- 松浦秀隆 0 0 5
999--- 蓮池和人 0 0 5
999--- 清水健 0 0 5
999--- 金田修一 0 0 5
999--- 加藤誠 0 0 5
999--- 富山力 0 0 5
999--- 乙子康宏 0 0 5
999--- 住井洋介 0 0 5
999--- 竹田安宏 0 0 5
999--- 丁子江城 0 0 5
999--- 小林明人 0 0 5
999--- 古田大地 0 0 5
999--- 飯富嘉和 0 0 5
999--- 浅見克美 0 0 5
999--- 二瓶浩明 -200 0 5
999--- 矢口貴博 -200 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター東京第2戦スピンナーロックCUP上位のフィッシングパターン写真 2014-04-20神奈川県津久井湖

写真中央

優勝 石橋大星


【エリア】津久井観光ボート前
【リグ】0.9gダウンショット
ロッド:スティーズ631ULLXS-SPレグルス
リール:13イージス1003RH
ライン:FCスナイパー3lb
ルアー:ドライブクローラー3.5(スモークペッパー&コパーフレーク)
【コメント】
まず、チャプター参戦2戦目にしてこのような結果を残せたことが凄く嬉しいです??今年からチャプターに参加し、一回でも『見せ場』を作ることを目標に大会に挑みました。この日とった魚は、昼頃から目を付けていたポイントに帰着15分ほど前に入り、ペアリングしていたメスの方をブラインドで掛けることができました。タイミングと運という所が強いですが、やはり今回この魚をウェイイン出来たのもサポートして下さった方々のおかげです。本当にありがとうございました。次戦もベテランの方々に負けないように必死に喰らいついて行きたいと思います??

2位 柴田 秀一郎
【エリア】観光前
【リグ】ダウンショット
【コメント】ラスト5分で2位になっちゃいました。(>_<)


写真右

3位 石川晶平


【エリア】沼本ワンド
【リグ】
ロッド:スペルバウンドSBS 511SL 3
リール:イグニス2004
ライン:シーガーフロロリミテッド2.5
ルアー:アイウェーバーSSS(リアルオイカワ)
【コメント】
お疲れさまでした。前日プラに入りまして、何とか魚の気配を感じることができた沼本ワンドへ朝イチから直行し、ミドスト・ブッシュの奥へのカバー撃ちを繰り返しましたが、無反応沼本ワンド周りでずっと粘り続けていたのですが、全く異常なく、昼ころになり心が折れかけていましたしかし、日が差してきたタイミングで、目の前にバスが浮いているのを発見!ペアでフラフラ泳いでいるが、大きくは逃げない様子、アプローチを繰り返し最終的には大きいほうのメスをアイウェーバーで浮かせて口を使わせることに成功しました、オスも釣りたかったのですが、時間が足らず、諦めました。今回は幸運にめぐまれ入賞することができました今年は全戦参加する予定です皆さまよろしくお願いいたします

写真の閲覧方法

写真

TOP

3G回線スマホ用サイト