NBC陸釣りクラブ加古川第4戦イマカツCUP

2014年 08月17日() 兵庫県 東条湖

NBC陸釣りクラブ加古川第4戦イマカツCUP概要写真 2014-08-17兵庫県東条湖

陸釣りクラブ加古川第4戦 イマカツCUPが台風の影響で東条湖振替開催で行われた。通常加古川の河川敷を舞台に行われる陸釣りクラブ加古川だかリバーフィールドの特有の大水の影響を受けやすく過去にも何度も東条湖振り替えを行ってきたが、加古川東岸の全長4km強あるエリアと東条湖の周囲1kmに満たない限定エリアとでは戦略も大きく変わり陸釣り特有の自転車や徒歩でのランガンも出来なくエリア絞る込みの朝一のポジショニングが勝敗を分ける。そんな中 大混戦が予想されたビックバイト桟橋で朝一からキーパーをキャッチしたのが陸釣り加古川で2年連続年間優勝・最多勝記録をもつ砂原康人選手だった。砂原選手はタフなコンディションを予想しラインを1.5lbまで下げ究極のライトラインで勝負をかけ奇跡的なリミットメイクを達成し陸釣り加古川 自身通算9勝目を飾り 年間総合も3年連続4回目の年間優勝を決めた。陸釣り加古川では「絶対王者」の名をほしいままにしている砂原選手だが来年は通算10勝目のメモリアル優勝という前人未到の記録も待っている そして3割6分という勝利率と表彰台率8割4分という驚異的な強さも驚きである 来年ころ 絶対王者を脅かす選手が出現することを期待したい。 最後に今大会冠スポンサー イマカツ様そして年間通じてご支援頂きました各スポンサーの皆様に感謝の意を表します。

成績表

氏名重量
2 大原永益 350 1 39
3 長谷川晃一 330 2 38
4 三谷聡 290 2 37
5 梶谷浩士 210 1 36
6 大原克己 190 1 35
7 藤本裕士 130 0 34
8 豊田洋一 0 0 5
9 高橋淳 0 0 5
10 川上誠治 0 0 5
11 芝野領 0 0 5
12 金田拓也 0 0 5
13 西尾佳則 0 0 5
14 寺村和彦 0 0 5
15 釜谷超行 0 0 5
16 北口隼人 0 0 5
17 花畑隆太郎 0 0 5
18 船越邦弘 0 0 5
19 中瀬昌之 0 0 5
20 横山勇太 0 0 5

上位の釣り方

NBC陸釣りクラブ加古川第4戦イマカツCUP上位のフィッシングパターン写真 2014-08-17兵庫県東条湖

【 優 勝  砂原 康人 】

エリア:ビックバイト桟橋エリア及びワンド

戦 略:ダウンショットリグによる中層攻略

メインタックル:

ロッド:GWT61SXUL

リール:イージス2004

ライン:フロロカーボン1Lb

ルアー:マイクロクローラー3”

コメント:
開始早々に桟橋でキーパーを獲る事が出来たのでサイズUPを狙って、ワンドに移動する事が出来ました。奇しくも前年はゼッケン負けする非常に残念な結果に終わりましたが前年の経験を生かし今年は良い結果を残す事が出来き大変嬉しいです。




【 2 位 JBII東条湖13 大原永益 】

エリア:ビックバイト桟橋

戦略:スモラバの中層シェイク

タックル:

ロッド:66L

リール:2500S

ライン:FCスナイパー 4lb

ルアー:自作スモラバ+3inchストレートワーム

コメント:
久しぶりの桟橋フィッシング、厳しかったですが楽しめました!アクティブ様、東条湖観光様、運営スタッフの皆様に感謝します。




【 3 位 51718 長谷川晃一 】



エリア:いこいワンド裏

戦略:粘って回遊してきた魚を釣る

タックル:

ロッド:エバーグリーン コンバットスティック エアリアル
リール:カーディナル
ライン:東レソラローム バスハイクラス4lb
フック:がまかつ WORM329 #4
シンカー:アクティブ MSトーナメント1/96oz
ルアー:ドライブシュリンプ

コメント:今年も最終戦で入賞できて良かったです。冠スポンサー「イマカツ」様、村下会長、運営スタッフの皆様、参加されている皆様、ありがとうございます。



【 4 位  JBII東条湖6 三谷 聡 】

エリア:ビックバイト桟橋

戦略:居着きバスに天候の変化を意識して口を使わせる

タックル
ロッド : がまかつ  ラグゼサーミス444S
リール : スピニング2004番
ライン : 東レ  スーパーフィネス3lb
フック : マス針10番
シンカー:アクティブ RSトーナメント1/8oz
ルアー : エコドライブクローラー3.5

コメント:今年は前半調子悪かったですが、後半戦で何とか近畿ブロックの出場権とれたこと嬉しく思います。東条湖観光様、マドネスジャパン様、お世話になっております皆様に感謝します。



【 5 位  52551 梶谷浩士 】



エリア:階段横雛壇

パターン:漂流ゴミの隙間にネコリグを落とし込み、ブレイクラインに付くバスを狙った。表中層ではギルの猛アタックに遭ったがボトムまで落ちたところでラインが走った。

メインタックル:
ロッド:エバーグリーン SCSS-60L
リール:ルビアス2004改
ライン:FCスナイパー 4lb
フック:DS-21WEEDLESS
シンカー:NAIL SINKER 0.3g
ルアー:スキニーカーリー(グリーンパンプキン)

コメント:
途中、大雨や苔に足を滑らせ腰上まで落水するハプニングもありましたが、朝イチに捕獲した魚で入賞できてホッとしています。久しぶりの参加にも関わらず、主催者様、参加選手の皆様には温かく迎えていただき本当に感謝しています。
来シリーズもスポットでの参加になりますが、引き続きよろしくお願いいたします。

写真の閲覧方法

写真

TOP

3G回線スマホ用サイト