NBCチャプター岡山第4戦エバーグリーンCUP

2014年 06月29日() 岡山県 高梁川

NBCチャプター岡山第4戦エバーグリーンCUP概要写真 2014-06-29岡山県高梁川

2014年チャプター岡山・第4戦エバーグリーンCUPが6月29日、岡山県・高梁川で開催された。

梅雨入りした当初はまとまった雨が降ったものの、その後は晴れの国岡山らしい天気が続いた。プラに入った選手からは、厳しいとの声が多く相変わらずタフな試合が予想された。

そんな第4戦を制したのは、昨年はあと一歩で優勝を逃すシーンが続いた鈴木健二選手。プラで見つけていた流れの当たる流木をライトリグでタイトに攻めて2本のグットサイズを仕留め、悲願の初優勝を手にした。準優勝は福山から参戦している中田淳志選手。旧船穂付近の流木や岩をネコリグのフォールで狙い、嬉しい初入賞となった。3位には今シーズン苦しい試合が続いていた黒杉哲雄選手。風の吹くタイミングでJR橋脚にある大岩に入り1本ながら2キロオーバーを持ち込んだ。4位には昨年チャプター岡山年間2位の三島毅士選手。最上流エリアで得意のエコ・カットテールのネコリグをドリフトさせ、2本のキロフィッシュをウエインした。5位には長年姫路から参戦しているベテランの田渕文久選手。カニ網付近の見えバスをノーシンカーで狙い、見事2キロオーバーのキッカーを持ち込んだ。

注目の年間争いは上位5名が7ポイント差にひしめく混戦模様。暫定1位には前半で2戦連続入賞した近藤選手が。暫定2位には1ポイント差で唯一全戦ウエインしている末光選手。この2選手を僅差で追うのがいづれも年間優勝経験のある谷川選手、井筒選手、塩見選手の3名。少し離れているが第4戦で入賞した三島選手も上位を伺える位置につけ、誰が年間タイトルを手にするのかが注目される。

今大会にあたりご協賛頂きました有限会社エバーグリーン様には多数の商品をご提供頂き大いに盛り上げて頂きました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

成績表

氏名重量
1 鈴木健二 3,454 2 30
2 中田淳志 2,911 2 29
3 黒杉哲雄 2,217 1 28
4 三島毅士 2,147 2 27
5 田渕文久 2,033 1 26
6 小谷睦 1,828 1 25
7 近藤哲平 1,677 1 24
8 谷川智士 1,449 1 23
9 井筒正俊 1,446 1 22
10 塩見友広 1,206 1 21
11 大島洋之 1,204 3 20
12 宇野堅二 823 1 19
13 末光啓史郎 590 2 18
14 三嶋紀之 590 1 17
15 小郷順弘 513 2 16
16 三宅弘 301 1 15
17 千葉潤一 0 0 5
18 有木隆記 0 0 5
19 西平和人 0 0 5
20 細川修平 0 0 5
21 佐々木英樹 0 0 5
22 佐々木洋輔 0 0 5
23 竹井裕貴 0 0 5
24 武下和宏 0 0 5
25 那須仁司 0 0 5
26 中山義久 0 0 5
27 三浦純一 0 0 5
28 百々洋人 0 0 5
29 岩崎徹 0 0 5
30 青山和広 0 0 5
31 原田宏志 0 0 5
32 守屋明斉 0 0 5
33 戸田康平 0 0 5
34 後田誠一 0 0 5
35 川畑尚久 0 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター岡山第4戦エバーグリーンCUP上位のフィッシングパターン写真 2014-06-29岡山県高梁川

優勝 鈴木健二選手


ポイント: 上流域
ロッド: ファンタジスタDeez改61L、Qu-onデュミナス610uuL
リール: ダイワ イグニス2506
ライン: デッドオアアライブ プレミアム4ポンド
ルアー: スマイルワーム・ダディー(グリパン)、Qu-onエグジグ1.3g+DSTYLE D-1
リグ/ウエイト: ネコリグ(0.7g)
タクティクス: プラクティスでは流れの当たる流木に魚がいた。本番ではプラで良かった流れの当たる流木をライトリグでタイトに絡めながら釣って行った。

コメント: いつもお世話になっているライブベイターズの皆さんに感謝します。


準優勝 中田淳志選手


ポイント: 上流域
ロッド: 63L
リール: ルビアス2506
ライン: ヴァンガード5ポンド
ルアー: ヴェイン6.8
リグ/ウエイト: ネコリグ1/16
タクティクス: プラでバイトがあった旧船穂と付近の流木、岩の流れの当たる所をネコリグのフォールでテンポ良く撃っていたら釣れた。

コメント: 助迫師匠ありがとうございます!!


3位 黒杉哲雄選手


ポイント: 中流域
ロッド: ロードランナーストラクチャーST610LLS
リール: ツインパワー2500
ライン: フロロ5ポンド
ルアー: ノリーズ・4インチパワーバランス
リグ/ウエイト: 1/20インチワッキー
タクティクス: 風の吹き出したタイミングでカレント、シェードを意識した展開し、JR橋脚にある大岩をノリーズパワーバランスを使い、大岩にタイトに攻めて1本釣った。ノリーズパワーバランス最高です。

コメント: いつも手厚くサポートして下さるノリーズ、エコギア、テスターズ様、そして仲良くしてくれるチームの方々、家族に感謝しております。


4位 三島毅士選手


ポイント: 最上流域
ロッド: EGテムジンエアリアル
リール: イグニス2506
ライン: アブソルート4ポンド
ルアー: エコ・カットテール4インチ
リグ/ウエイト: ネコリグ 1/32
タクティクス: プラでは殆どバイトが無い状態だった為、当日は旧船穂橋橋脚付近へ行ったが、ノンキーが1本釣れたのみだった。それから最上流付近のエリアに行き、上流に向かって右側の辺りで2バイト1フィッシュ。最上流の流芯から外れた辺りに移動し3バイト1フィッシュで終わった。釣り方はネコリグのドリフトで釣った。

コメント: いつもお世話になっている皆様、ありがとうございます。今後も宜しくお願いします。


5位 田渕文久選手


ポイント: 上流域
ロッド: ロデオライド61UL
リール: ルビアス
ライン: 4ポンド
ルアー: ドライブクローラー
リグ/ウエイト: ノーシンカーワッキー
タクティクス: カニ網の東のクリークで見えるバスにノーシンカーを投げる。

コメント: 仲良くしている方々に感謝します。

写真の閲覧方法

写真

TOP

3G回線スマホ用サイト