NBCチャプター岡山第2戦明邦バーサスCUP

2014年 04月20日() 岡山県 高梁川

NBCチャプター岡山第2戦明邦バーサスCUP概要写真 2014-04-20岡山県高梁川

2014年チャプター岡山・第2戦明邦バーサスCUPが4月20日、岡山県・高梁川で開催された。

例年より不安定な天候が続いている為か、春の進み具合が遅れ気味の高梁川。当日朝は冷え込みもあり、競技時間中には雨も降るなど魚にも選手にも厳しい状況での試合となった。しかし、そんな中でも実力派の選手達によって1本で3キロに迫る魚を含め、7本の2キロオーバーが持ち込まれた。

そんな第2戦を制したのは、2011年JB旭川年間チャンプである竹井裕貴選手。プラで見えていた魚をフラチャットとジョイクロで2キロオーバーを含め2本をウエイン。JB、NBC通して初の優勝を手にした。準優勝は若手実力ナンバー1という声も聞く守屋明斉選手。試合中にプランを組み直し、ライトリグで2本のグッドサイズを持ち込んだ。3位には前回準優勝の近藤哲平選手。前回のクランク巻き巻きから今回はライトリグで2本を仕留めた。4位には通算3回目の入賞となる三浦純一選手。過去2回と同じルアー・リグで今回も入賞を果たした。5位にはお立ち常連の塩見友広選手。前日魚のポジションを確認し、ライトリグで攻略。1本で2989gというスーパーキッカーを持ち込んだ。

今大会から新たにご協賛頂きました明邦化学工業株式会社様には多数の商品をご提供頂、今大会を盛り上げて頂きました。この場をお借りしてお礼申し上げます。





成績表

氏名重量
1 竹井裕貴 3,939 2 30
2 守屋明斉 3,785 2 29
3 近藤哲平 3,294 2 28
4 三浦純一 3,039 2 27
5 塩見友広 2,989 1 26
6 井筒正俊 2,922 1 25
7 末光啓史郎 2,635 1 24
8 佐々木洋輔 2,205 1 23
9 宇野堅二 2,133 1 22
10 岩崎徹 1,346 1 21
11 原田宏志 1,306 1 20
12 三島毅士 974 1 19
13 青山和広 597 1 18
14 千葉潤一 0 0 5
15 有木隆記 0 0 5
16 郡野信一 0 0 5
17 西平和人 0 0 5
18 三宅弘 0 0 5
19 細川修平 0 0 5
20 黒杉哲雄 0 0 5
21 鈴木健二 0 0 5
22 小谷睦 0 0 5
23 佐々木英樹 0 0 5
24 田渕文久 0 0 5
25 武下和宏 0 0 5
26 佐原一 0 0 5
27 那須仁司 0 0 5
28 中山義久 0 0 5
29 大島洋之 0 0 5
30 藤村耕司 0 0 5
31 百々洋人 0 0 5
32 寺本一生 0 0 5
33 中田淳志 0 0 5
34 谷川智士 0 0 5
35 岩崎理 0 0 5
36 小郷順弘 0 0 5
37 日谷浩一 0 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター岡山第2戦明邦バーサスCUP上位のフィッシングパターン写真 2014-04-20岡山県高梁川

優勝 竹井裕貴選手



ポイント: 上流域
ロッド: ロードランナーHB680LB、6100H
リール: カルカッタコンクエスト50、メタニウムXT
ライン: デッドオアアライブ10ポンド、14ポンド
ルアー: フラチャット3/8+シュリルピン5インチ、ジョインテットクロー
ボックス: バケットマウス
タクティクス: プラで見た感じではネストも無いし、見えバスは居ない感じでした。ただフラチャットシュリルピン5で2500gを釣り、1日粘る気で終わりました。そしてトーナメント本番、プラの状態でペアも見えていたので、金属音に怒って来るフラチャットで7時30分位に1500gを釣りました。その後、その近くにメスがいると思いリアル系で怒らせるジョイクロで2400gを釣りました。

コメント: 千葉さんやチームライブベイターズの先輩の皆様、仲良くして下さる先輩の皆様に感謝します。


準優勝 守屋明斉選手



ポイント: 下流域
ロッド: デュナミス・スーパーコンペテション510UL
リール: ヴァンキッシュ2500S
ライン: デッドオアアライブ4ポンド
ルアー: スマイルワーム・マミー
リグ/ウエイト: エグジグワッキーヘッド1/16
ボックス: VS3080
タクティクス: プラクティスは全然ダメで、試合中に組み立て直し。一段下のレンジの魚を狙いました。1本目はチクワの沖2〜3mラインで1900g。2本目は暖かくなった昼のタイミングでチクワの少し沖で1900gを釣りました。

コメント: スポンサードして下さるジャクソン様、テスターズ様、仲良くして下さる皆さんに感謝します。ありがとうございます。


3位 近藤哲平選手



ポイント: 下流域
ロッド: 63ULS
リール: ステラ2500S
ライン: アップグレード5ポンド
ルアー: エコスワンプJr
リグ/ウエイト: ネコリグ/ 3/64
ボックス: VS3080
タクティクス: なるべく底ギリギリをスイミングさせてステイさせ、ティップで一度聞いて合わせる。シェイクすると反応が無かった。

コメント: 家族と釣友、スタッフの方に感謝します。これからも宜しくお願いします。


4位 三浦純一選手



ポイント: 下流域
ロッド: ロードランナーボイスHV610L
リール: ツインパワーMg2500S
ライン: フロロ4ポンド
ルアー: ノリーズ・ラッテリー
リグ/ウエイト: ジグヘッドワッキー/ 1.8g
ボックス: VS3080
タクティクス: 練習でシャローの魚を見つける事が出来なかったので、少し深い(水深3〜4)をジグヘッドワッキーのダウンヒルで釣りました。

コメント: 応援して下さる友達に感謝します。


5位 塩見友広選手



ポイント: 下流域
ロッド: TPMX62SULJ
リール: イグジスト2506
ライン: スーパーハードナチュラル
ルアー: OSPドライブクローラー4.5インチ
リグ/ウエイト: ノーシンカーワッキー
ボックス: VS3080
タクティクス: 前日サイトで見て回り、魚のポジションを確認。GPSでマークしてた魚と岩がリンクするエリア周りにノーシンカーワッキーを落としてステイ&スラッグシェイク後バイト。水温が3℃下がりかなり厳しい状況でした。

コメント: サポート頂いてますティムコ様、東レ様、テスターズ様、何時もありがとうございます。そして気持ち良く送り出してくれる家族に感謝。


写真の閲覧方法

写真

TOP

3G回線スマホ用サイト