NBCチャプター大阪第5戦秦拓馬CUP

2014年 08月03日() 大阪府 淀川・城北ワンド

NBCチャプター大阪第5戦秦拓馬CUP概要写真 2014-08-03大阪府淀川・城北ワンド

8月3日(日)NBCチャプター大阪第5戦・秦拓馬カップが開催された。
近畿地方の気象データを調べると6〜7月は梅雨入り宣言後、平年より気温が低く、降水量が200%近く
多いという意外な結果が出ていた。
気温が高かったのは、梅雨明け宣言後の少しの期間。雨が平年より多いと思ったのは四国、和歌山の
一部で近畿地方全体では少ないと思っていたのだが・・・・。
大会当日は晴天続きから雨&曇りの不安定な天候に変化した矢先であった。
今のシーズンはキーパーぎりぎりのサイズが多く、シニアのキーパー25センチが大きなハードルに
なり参加選手を悩ませる。

早朝のミーティング、秦プロの挨拶で参加選手も気合いが入り、第5戦がスタートした。
前日のプラでも手ごたえがなく悩んでいる選手が多く、尻すぼみの2014年シリーズに活を入れる秦プロ
の挨拶に吹っ切れた選手の顔が熱き戦いの第5戦を予想させた。

大会当日は曇り空で選手のコンディションは良好!後はバスの活性が問題なのだが・・・。
スタート後の行動を見るとワンドへ向う選手は少なく、本流エリアが圧倒的に多く、今のシーズンではベストの
選択と言える。

ウエインが始まるとやはりシニアのキーパー25センチが選手を悩ませる、ウエインバッグからバスを取り出し
計測してはリリースする選手が多く、釣った時はキーパーあったのにと話す選手の表情も曇りがち、このときだけは
ジュニアに戻りたいと感じた選手も多かったのでは!(ジュニアはキーパー20センチ)
その中で一際大きなモンスターをウエインしたのがシニア優勝の中森亮選手トータルウエイトは1,985g(2匹)だが
一匹は1,785g(51.5cm)のナイスバス。
膝の怪我でサポーターを装着(膝を曲げることすらできない状態)しての出場、しかし、取り込みだけはサポーター
を外し痛みをこらえてのキャッチだったようだ。
また、秦拓馬プロは14番ワンド裏本流でバスをエビを捕食するのを確認し、エビ系ワームをチョイスし、
280gをキャッチし5位に入賞!(本人はすんませんを連発していたが、まんざらでもなそうであった)
ジュニアは大下誠弥選手が4番ワンドで745gのバスをキャッチしてダントツの優勝を飾った。

大会参加、抽選会、ジャンケン大会、サイン会と大活躍の秦拓馬プロ!本当に楽しい一日を提供して頂きました
ここに心から深く感謝し御礼申し上げます。

次回はいよいよ最終戦!ガンクラフトカップを9月7日に開催します、ジョインテッドクローでモンスターバス
が捕獲できるかラストチャンス!です。

シニア部門成績表

氏名重量
1 中森亮 1,985 2 40
2 大島幸治 565 2 39
3 森内勝 560 2 38
4 渡辺敦史 490 1 37
5 秦拓馬 280 1 36
6 木下高生 260 1 35
7 鴨林泰行 250 1 34
8 廣瀬健治 230 1 33
9 金替勝久 225 1 32
10 玄野裕一 105 1 31
11 佐藤昇吾 0 0 5
12 上田貴之 0 0 5
13 渡邊慎吾 0 0 5
14 真砂裕次 0 0 5
15 川上誠治 0 0 5
16 金尾博文 0 0 5
17 荒木正員 0 0 5
18 藤原大輔 0 0 5
19 和泉大四郎 0 0 5
20 矢持登 0 0 5
21 原直杜 0 0 5
22 後藤翔 0 0 5
23 兒玉哲大 0 0 5
24 永留透 0 0 5
25 西岡博昭 0 0 5
26 油谷幸弘 0 0 5
27 福原亮 0 0 5
28 高原章伍 0 0 5
29 上元英樹 0 0 5
30 八木昌和 0 0 5
31 舟田智哉 0 0 5
32 前田武広 0 0 5
33 上野昇 0 0 5
34 水野翔太 0 0 5
35 中西正人 0 0 5
36 河野幸洋 0 0 5
37 谷口浩一 0 0 5
38 中西大記 0 0 5
39 岡安津士 0 0 5
40 北野裕大 0 0 5
41 松原清介 0 0 5
42 梶谷浩士 0 0 5
43 杉本利徳 0 0 5
44 内山直樹 0 0 5
45 辻岡誠爾 0 0 5
46 後藤裕治 0 0 5
47 石田徳人 0 0 5
48 松原大輔 0 0 5
49 清水隆志 0 0 5
50 城内司 0 0 5
51 岡田直哉 0 0 5
52 浅田裕紀 0 0 5
53 野原秀平 0 0 5
54 平岡伸久 0 0 5
55 武田浩章 0 0 5
56 和泉直樹 0 0 5
57 水口弘嗣 0 0 5
58 覚正隆之 0 0 5

ジュニア部門成績表

氏名重量
1 大下誠弥 745 1 20
2 河野零 495 3 19
3 内野海 435 3 18
4 豊田翔 320 2 17
5 小田恭平 270 2 16
6 比嘉大輔 195 1 15
7 松下湧也 190 1 14
8 川北眞也 0 0 5
9 岡田拓真 0 0 5
10 下村謙太 0 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター大阪第5戦秦拓馬CUP上位のフィッシングパターン写真 2014-08-03大阪府淀川・城北ワンド

<シニアの部>
■優勝 中森 亮選手 1,985g(2匹)
・エリア   新エリア(本流)
・使用ルアー 1、イマカツ・プロストレート3インチ(カラー:ウォーターメロン)
       2、Dスタイル・D1
・釣り方   1、ノーシンカーでブレイクにルアーを置くことを意識した
       2、キャロライナ(21gシンカーで70センチリーダー)


■2位 大島幸治選手 565g(2匹)


・エリア   新エリア(本流)
・使用ルアー ノイケ・スマイルワームダディー(カラー:ダークレッド)
・釣り方   ヘビーダウンショット

■3位 森内 勝選手 560g(2匹)


・エリア   新エリア(本流)
・使用ルアー ジャクソン・ダートナッツ1g(トレーラー:ドライブスティック3インチ)
・釣り方   流れにドリフトさせるようなナチュラルアクションで誘った

■4位  渡辺敦史選手 490g(1匹)
・エリア   新エリア(本流)
・使用ルアー ジャクソン・バックスライドクラーケン(カラー:キングスジエビ)
・釣り方   ノーシンカー・ベイトフィネス

■5位 秦 拓馬選手 280g(1匹)


・エリア   14番ワンド裏本流
・使用ルアー イマカツ・オマタスティック(カラー:スモーク)
・釣り方   スペシャルフックセット+チョべリグでエビを意識してバックスライドさせた

<ジュニアの部>

■優勝 大下誠弥選手 745g(2匹)


・エリア   4番ワンド
・使用ルアー イマカツ・エリートクロー3インチ(カラー:ブラックブルー)
・釣り方   3.5gのテキサスリグでワンド真ん中のウィードの切れ目を攻略した

写真の閲覧方法

写真

TOP

3G回線スマホ用サイト