NBCチャプター大阪第1戦エバーグリーンCUP

2014年 04月13日() 大阪府 淀川・城北ワンド

NBCチャプター大阪第1戦エバーグリーンCUP概要写真 2014-04-13大阪府淀川・城北ワンド

4月13日(日)NBCチャプター大阪第1戦・エバーグリーンカップが開催された。
普通の桜が散り、遅咲きの桜、造幣局の通り抜けが始まり春蘭万、例年であれば真夏日(最高気温25℃)
が何日も・・・のはずなのだが大会当日は北東の風が吹き終日の曇り空で体感温度はひとけたと言った
寒い天気になりました。
しかし、淀川の近況はスポーニングシーズン突入でバスも動きやっと釣れだしたと言ったところ、前日
プラで好感触の選手も多く、期待できる開幕戦となった。
結果も50センチアップが3匹ウエインされ、優勝の高原章伍選手は春のスポーニングを意識したバスの動き
を予測し、ハードボトム&ブレイク&水深を考え、4〜5番ワンドにエリアを絞り攻略した。
また、ジュニアの内野海選手はジュニアでただ一人50アップをウエイン、第1戦を制し、年間チャンプ宣言!
バスフィッシングにかけるハートはシニアも顔負けと言ったところでしょうか。今後も活躍が期待されます。
今大会のデータは72人中、ウエインが16名(ウエイン率22.2%)は淀川のポテンシャルから見るとまだまだ
と言った結果と思われます。
第2戦は5月18日(日)さらにビッグバスがウエインされることを期待し多くの選手の参加を願っています。
最後に今大会をスポンサードいただいたエバーグリーン様に心から深く感謝し御礼申し上げます。

シニア部門成績表

氏名重量
1 高原章伍 2,475 1 40
2 喜多誠 2,405 1 39
3 北野裕大 1,815 1 38
4 玄野裕一 1,395 1 37
5 石田徳人 1,325 1 36
6 矢持登 1,240 1 35
7 野原秀平 1,140 2 34
8 今井修 995 1 33
9 平岡伸久 990 1 32
10 兒玉哲大 810 1 31
11 原直杜 800 1 30
12 木下高生 715 1 29
13 永留透 635 1 28
14 武田浩章 560 1 27
15 中西大記 435 1 26
16 鴨林泰行 0 0 5
17 佐藤昇吾 0 0 5
18 上田貴之 0 0 5
19 金替勝久 0 0 5
20 瀬川鉄平 0 0 5
21 真砂裕次 0 0 5
22 川上誠治 0 0 5
23 川島努 0 0 5
24 住野賢治 0 0 5
25 金尾博文 0 0 5
26 荒木正員 0 0 5
27 藤原大輔 0 0 5
28 和泉大四郎 0 0 5
29 後藤翔 0 0 5
30 西岡博昭 0 0 5
31 油谷幸弘 0 0 5
32 中森亮 0 0 5
33 上元英樹 0 0 5
34 八木昌和 0 0 5
35 舟田智哉 0 0 5
36 前田武広 0 0 5
37 上野昇 0 0 5
38 水野翔太 0 0 5
39 中西正人 0 0 5
40 河野幸洋 0 0 5
41 采尾悠平 0 0 5
42 大島幸治 0 0 5
43 谷口浩一 0 0 5
44 渡辺敦史 0 0 5
45 岡安津士 0 0 5
46 大濱光希 0 0 5
47 浅田裕紀 0 0 5
48 廣瀬健治 0 0 5
49 和泉直樹 0 0 5
50 覚正隆之 0 0 5
51 内山直樹 0 0 5
52 梶谷浩士 0 0 5
53 後藤裕治 0 0 5
54 杉本利徳 0 0 5
55 辻岡誠爾 0 0 5
56 松原孝祐 0 0 5
57 松原清介 0 0 5
58 松原大輔 0 0 5
59 森内勝 0 0 5

ジュニア部門成績表

氏名重量
1 内野海 2,080 1 20
2 上田建太 0 0 5
3 山本翔太 0 0 5
4 川上大輝 0 0 5
5 大下誠弥 0 0 5
6 川北眞也 0 0 5
7 祖父江亮吾 0 0 5
8 田中佑弥 0 0 5
9 比嘉大輔 0 0 5
10 河野零 0 0 5
11 豊田翔 0 0 5
12 中川冬威 0 0 5
13 松下湧也 0 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター大阪第1戦エバーグリーンCUP上位のフィッシングパターン写真 2014-04-13大阪府淀川・城北ワンド

<シニアの部>
■優勝 高原章伍選手 2,475g(1匹)
・エリア   4番ワンド(5番よりのリップラップ))
       ※プラで閉塞水域のワンドが水温が高いと判断。
        また、ハードボトム&ブレイク&水深を考えて4番ワンドを選択した
・使用ルアー イマカツ・アベラバ(カラー:アベシュリンプ)
       トレーラー/ツネミエンジン・フォールクロー2.5インチ(カラー:AOYシュリンプ)
・釣り方   ボトムズル引きでスタックしたらあおってはずす、その瞬間にバイトが・・・

■2位 喜多 誠選手 2,405g(1匹)
・エリア   10番ワンド
・使用ルアー ゲーリーヤマモト・4インチカットテールワーム(カラー:グリパン)
・釣り方   ジグヘッドワッキー(2.7g)7〜8m程でライズがあり、キャストするとラインが走った。

■3位 北野裕大選手 1,815g(1匹)
・エリア   2番ワンド(崩れへら台)
・使用ルアー グローブライド・ネコストレート5インチ(カラー:シナモン/ブルーフレーク)
・釣り方   ネコリグ(シンカー0.9g)でショートキャスト

■4位 玄野裕一選手 1,395g(1匹)
・エリア   豊里大橋200m下流
・使用ルアー オーエスピー・エコドライブクローラー4.5(カラー:ライトグリパン/ブルーフレーク)
・釣り方   ノーシンカー(ワッキー掛け)で前方の倒木にドリフトさせると明確なバイトが。

■5位 石田徳人選手 1,325g(1匹)
・エリア   11番
・使用ルアー ジャッカル・スカッドシャッド60SP(カラー:シャッド)
・釣り方   ネスト周辺を回遊するバスを直撃。

<ジュニアの部>
■優勝 内野 海選手 2,080g(1匹)
・エリア   5番ワンド
・使用ルアー イマカツ・アンクルゴビー2.5インチ(カラー:グリパン)
・釣り方   ダウンショット(リーダー20センチ/シンカー2.6g)で遠投しズル引き、
       10時30分ごろにバイト

写真の閲覧方法

写真

TOP

3G回線スマホ用サイト