NBCチャプター京都第1戦ベイトブレスCUP

2014年 03月02日() 滋賀県 琵琶湖

どの選手からも「釣れない」という言葉が聞かれる最近の琵琶湖。
誰にも釣果が約束されない状況での開催となった第一戦はベイトブレスカップ。
冬から春への転換のタイミングが難しい試合となりました。
banner for http://www.hideup.jp/ banner for http://www.dictsproducts.com/

成績表

氏名重量
1 中村大介 5,780 3 50
2 宮脇良浩 4,260 3 49
3 浅野弘充 4,040 2 48
4 竹原康彦 4,020 2 47
5 嘉村隆浩 3,420 1 46
6 瀧川良則 3,200 2 45
7 日置隆宏 2,790 2 44
8 長谷川巨樹 2,750 1 43
9 清水崇 2,300 2 42
10 小林健児 1,580 1 41
11 下野正希 1,490 1 40
12 木村慶彦 1,440 1 39
13 岡田優 1,160 1 38
14 市川哲也 1,150 1 37
15 内野智道 1,130 1 36
16 岡本意武気 1,120 1 35
17 中西紀章 1,080 1 34
18 中矢将之 1,040 1 33
19 藤原裕貴 880 1 32
20 奥西伸介 740 1 31
21 岩田健司 480 1 30
22 菅俊貴 0 0 5
23 林鋭治 0 0 5
24 竹田光徳 0 0 5
25 塩田晃 0 0 5
26 小室裕徳 0 0 5
27 森龍也 0 0 5
28 坂巻健悟 0 0 5
29 斉藤陽 0 0 5
30 廣渡孝幸 0 0 5
31 久木淳弘 0 0 5
32 松中涼 0 0 5
33 山田顕義 0 0 5
34 岩前貢正 0 0 5
35 小野嘉彦 0 0 5
36 水口徹朗 0 0 5
37 長谷川竜司 0 0 5
38 川崎了 0 0 5
39 廣江俊臣 0 0 5
40 林芳樹 0 0 5
41 加藤健治 0 0 5
42 堀内護 0 0 5
43 鵜飼良 0 0 5
44 高橋将之 0 0 5
45 中山和也 0 0 5
46 南正之 0 0 5
47 赤井健二 0 0 5
48 村橋宗英 0 0 5
49 高井啓介 0 0 5
50 上田恭弘 0 0 5
51 桑名澄賢 0 0 5
52 武田哲也 0 0 5
53 諸富真二 0 0 5
54 牧浦伸行 0 0 5
55 兒丸浩昭 0 0 5
56 西谷明 0 0 5
57 軸屋達也 0 0 5

上位の釣り方

NBCチャプター京都第1戦ベイトブレスCUP上位のフィッシングパターン写真 2014-03-02滋賀県琵琶湖

今回ダントツの優勝を飾ったのは琵琶湖のフリッパー中村大輔選手
水位が低い中で少しでも水深があるシャローを丁寧にフリップして数少ないバイトを獲っていったで、本人曰く「出来過ぎな結果」と謙虚な姿勢は、一投一投に集中して自分を信じて撃ち続けたタフな精神力の持ち主だからこそ成し得た事でしょう。2位の宮脇選手はプラクティスからシャローのフリップで手応えを感じながらも天候と水温上昇を鍵として展開したシャロークランクでリミットを揃えての釣果。
3位の浅野選手は昨年のA.O.Y.今年も好調スタートは名鉄導水管でのダウンショットリグで粘っての釣果は昨年優勝したベイトブレスカップでもベイトブレス様のワームで、今回もベイトブレス様のわーむでの3位入賞。4位の竹原選手は北山田エリアで当日の晴れ上がったタイミングでライトリグから展開を変えて、テトラ近くでシャロークランクを用いての釣果。5位の嘉村プロは木ノ浜エリアでラバージグを用いて、釣れなくて移動していく選手が多い中で粘ってのビッグワンでの入賞。
これらの結果からも、ちょうど冬から春への転換となる日だったと考えられ、その中で粘りや展開で見事にアジャスト出来た選手が上位入賞となった。

写真の閲覧方法

写真

TOP

3G回線スマホ用サイト