• ゲーリーインターナショナル
  • 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ
  • 釣りと観光のガイド
  • プロショップオオツカ
  • OSP

NBCチャプター愛媛第3戦ノリーズ&めがねのタカイCUP 2013年07月21日() 愛媛県 野村ダム

NBCチャプター愛媛第3戦ノリーズ&めがねのタカイCUP概要写真 2013-07-21 00:00:00+09愛媛県野村ダム

田植えによる濁り、そして満水での開催となった5月の第2戦から約2ヶ月。ここ野村ダムでは、田植え後の梅雨入り前から徐所に水位を落とし始める。そして梅雨明けとなる7月初旬頃に、夏水位と呼ばれる減水の湖へと変貌する。この時期、本流となる宇和川バックウォーターへの流入量は少なく、満水時の様な爆発力は期待出来ない。宇和川バックウォーターに変わり、最も注目されるのが、下流に設置されている循環装置周辺となる。機械による水の撹拌は、まるで水深のあるバックウォーターのごとく、あらゆる魚種を集約させる。事実、昨年の8月に開催された最終戦でのウイナーは、板ヶ谷橋下流側の岩盤エリアから排出されている。その他のサマーパターンには、最下流ブイのシェード、ボディウォーターに面した水通しの良い岩盤と岬、小規模インレットが挙げられる。予想では日中の最高気温が34度となっており、真夏の野村ダムを、各選手達がどの様に攻略してくるのか非常に楽しみなトーナメントになった。大会会場には、ノリーズ様よりロッドと新製品のルアー、めがねのタカイ様より多数の偏光レンズ、フレームの展示ブースが設けられた。昔と比べインターネットの普及や人気が先行して、実際にロッドを手にして感触を確かめてから購入に至るケースが減ってきている中、とても貴重な経験をさせてもらった。偏光レンズに関しては、天候や水質、そして時間帯に合わせてレンズを使い分けているアングラーは、一体どのくらい居るのだろう?ルアー同様に、偏光レンズの使い分けも、新たなベルアップに繋がるはずだ。

今回優勝したのは、第2戦に続いて2連勝を達成した石川晴彦プロ。宇和川上流、四道橋上手のベンドに絡んだ水深1mから2mの岩周りを、エスケープリトルツインの5gテキサスで完全攻略。岩のシェード、エグレに付くグッドサイズを、ベイトの回遊で訪れる捕食スイッチにタイミングを合わせてバイトに持ち込み、3977gをウエインした。
第2位は高知の実力者、上田誠寛プロ。朝一に、板ヶ谷橋下の岩盤岬に、ルドラを通して1200gをキャッチ。その後はドライブクローラー4.5インチのジグヘッドワッキーを使い、稲生川のインレットが絡んだゴミ溜まりで1200gを追加。中流のインレット絡みの岩盤岬でも、同じリグでキロアップをキャッチして、3460gをウエインした。
第3位は、参戦2戦目でのお立ち台となった角元孝生選手。朝一に支流、稲生川上流の岩盤を、アベラバ7gにドレッドホッグのトレーラーを使用して1000gをキャッチ。午後から風が吹き始めたタイミングで、中流の道路跡に移動。エグレの中に、ピッチンスティックのジグヘッドワッキーをフォールさせてキロアップを2本追加。入れ替えに成功して3306gをウエインした。

今回の第3戦を振り返ってみると、真夏のコンディションにも関わらず、アベレージサイズとなる300gから400gの個体は数多く釣れていた。これは夏水位となってからある程度時間が経過して、魚の着き場が安定した事が予測される。それに加えてまだアオコの影響が少なく、水質が良かった事も、良く釣れた要因の一つだろう。ただし全体的に見てみると、キロを越える個体のウエイン数は少なかった。流して行く内、数をこなす内にキッカーが混ざるといった状況では無かったと言えるだろう。グッドサイズに関してはエリア選択に加え、口を使うタイミングを読む力が試された試合だったと感じた。次戦でいよいよ最終戦を迎え、年間タイトルであるAOYの行方が絞られて来た。84ポイントでトップを走る越智選手が悲願達成となるのか?4ポイント差で追う片山選手が逆転で連覇となるのか?最終戦は8月25日、灼熱の野村ダムで開催される。


成績表

ッケン氏名重量イント
11 JII四022 石川晴彦 39773,977g 33 3030Pts.
22 JII四008 植田誠寛 34603,460g 33 2929Pts.
33 49908 角元孝生 33063,306g 33 2828Pts.
44 49893 越智武彦 30603,060g 33 2727Pts.
55 50321 亀岡広嗣 27142,714g 33 2626Pts.
66 50450 重谷太郎 27042,704g 33 2525Pts.
77 49671 片山尚志 25882,588g 33 2424Pts.
88 JII四010 牧野陽平 24282,428g 33 2323Pts.
99 JII四015 嶋田圭佑 24022,402g 33 2222Pts.
1010 49966 大久保光洋 23942,394g 33 2121Pts.
1111 JII四051 普光江哲也 23102,310g 33 2020Pts.
1212 50137 宇都潔 21832,183g 33 1919Pts.
1313 JII四005 井原浩二 21642,164g 33 1818Pts.
1414 JII四039 吉中大幸 20882,088g 33 1717Pts.
1515 50542 寺田直人 19961,996g 33 1616Pts.
1616 49774 樋口祐太朗 19401,940g 33 1515Pts.
1717 JII四014 上村利弘 18291,829g 33 1414Pts.
1818 50044 吉村真幸 17951,795g 33 1313Pts.
1919 JB旭川010 大西弘也 17841,784g 33 1212Pts.
2020 49992 伊藤達弥 15701,570g 33 1111Pts.
2121 50147 武田和志 15061,506g 33 1010Pts.
2222 50082 赤松克弘 14111,411g 33 99Pts.
2323 JII四006 大谷貴志 13781,378g 33 88Pts.
2424 49702 菊池芳郎 13421,342g 33 77Pts.
2525 49931 宮崎充司 11241,124g 33 66Pts.
2626 JII四052 岩井謙亮 10851,085g 33 55Pts.
2727 JII四049 金子博文 10611,061g 33 55Pts.
2828 申請中 宮本拓哉 10581,058g 33 55Pts.
2929 50187 松田拓也 713713g 33 55Pts.
3030 50100 橋本幸司 0g 0 00Pts.

※項目名クリックで並べ替えが出来ますが、ゼッケン・氏名の並べ替えは完全ではありません。


上位の釣り方

NBCチャプター愛媛第3戦ノリーズ&めがねのタカイCUP上位のフィッシングパターン写真 2013-07-21 00:00:00+09愛媛県野村ダム

優勝 石川晴彦 選手 3,977g


〈エリア〉本流上流岩エリア
〈釣り方〉岩エリアでフォールメインの釣り。岩のエッジをタイトに狙った。
〈タックル〉ノリーズロードランナー ST680MLS-ft
2500番スピニングリール
サンライン FCスナイパー4lb
ノリーズ Fラッテリー
3/32ozダウンショット

〈エリア〉本流上流岩エリア
〈釣り方〉5gテキサスリグ+エスケープリトルツインでの喰わせの釣り。
岩を舐めるように丁寧にルアーを操る。
ラインスラックを上手く利用することが大事。

〈タックル〉ノリーズロードランナー ST6100MH
メタニウムMG7
サンライン FCスナイパー12lb
Fエスケープリトルツイン
3/16ozテキサス

〈コメント〉自分の信じたエリアで自分の信じる釣りとルアーがハマり、チャプター愛媛2連勝!と、本当に最高な試合でした。
また、試合でキッカーフィッシュが獲れると手の震えが暫く収まらないほど痺れさせてくれるバストーナメントってやっぱり偉大です!
四国では最近、各県に何名かずつ将来有望な若手が育ってきており、またベテラン勢も衰える事を知らないかのような強さを発揮していて、決して侮れない状況です。
しかし、そんな強い奴らとの本気の勝負ほど楽しいモノはありません!
最終戦も3連勝を狙っていきます!
参加者のみなさん、勝負ですよ!

今回はノリーズカップということで、自身のスポンサー様が冠の大会で結果を出せ非常に嬉しく思います。
マルキュー様、サンライン様、テスターズ様、アルティメイトワールド様の各スポンサー様にはいつもお世話になり、感謝しております。
野村ダムの釣り環境整備に尽力されてますチャプター愛媛石川会長をはじめとするスタッフのみなさま、地元西予市商工会のみなさま、明間地区のみなさまにも感謝しております。

これからもよろしくお願い致します。
ありがとうございました。


第2位 植田誠寛 選手 3,460g


〈エリア〉板ヶ谷橋 循環機近くの岬
〈釣り方〉ジャークベイト タダマキ
〈タックル〉バトラーナイトホーク66M
TD-Z103ML フロロ10lb
ルドラF T.Nサイトスペシャル

〈エリア〉稲生川上流手前 左のワンドインレット
〈釣り方〉サイト
〈タックル〉スティーズ ルガー62L
ルビアス2004 フロロ3.5lb
ジクヘッドW 1/16 ドライブクローラー4.5 ゴーストシュリンプ

〈エリア〉肱川 旧スロープ後 対岸の岬
〈釣り方〉ジクヘッドW フォール
〈タックル〉スティーズ ルガー62L
ルビアス2004 フロロ3.5lb
ジクヘッドW 1/16 ドライブクローラー4.5 ウォーターメロン

〈メッセージ〉野村ダム大好き 最終戦も頑張ります。


第3位 角元孝生 選手 3,306g


1本目
〈エリア〉稲生川上流手前 左の岩盤
〈リ グ〉イマカツ アベラバ7g + ドレッドホッグ3インチ
〈タックル〉エバーグリーン カレイド ブラックレイブン
シマノ アルデバランmg7
東レ フロロ12ポンド

2本目
〈エリア〉中流スロープ下流 道路跡のえぐれ
〈リ グ〉エバーグリーン ピッチンスティックの1.8gジグヘッドワッキー
〈タックル〉エバーグリーン メチルウィップ
アブガルシア レボLTZ
東レ フロロ8ポンド

3本目
〈エリア〉中流スロープ下流 道路跡のえぐれ
〈リ グ〉エバーグリーン ピッチンスティックの1.8gジグヘッドワッキー
〈タックル〉エバーグリーン メチルウィップ
アブガルシア レボLTZ
東レ フロロ8ポンド

〈メッセージ〉2回目の出場でお立ち台に立つことができました。これもチャプターに出場するにあたってお世話をしてくれた,越智選手をはじめ,チャプターの皆様のおかげだと思います。これからもがんばりますので,よろしくお願いします。


第4位 越智武彦 選手 3,060g


〈エリア〉中流の岩盤
〈釣り方〉1/2ozゴブリンフットボールにダットカット3インチトレーラーでフォーリング
〈タックル〉ロッド:テムジンカレイド インスピラーレ ブラックレイゴン
リール:メタマグDC7
ライン:東レ スーパーハードストロング 14ポンド

〈エリア〉下流板ヶ谷橋の下流右側のスロープエッジ
〈釣り方〉イマカツ イールクローラ5.5インチ(イマエグリーンパンプキン)1/64ozネコリグのミドスト
〈タックル〉ロッド:カレイド デジーノ 63M1
リール:10ステラ2500
ライン:東レ スーパーハード スーパーフィネス4ポンド

〈エリア〉下流曝気装置 右側岩盤
〈釣り方〉イマカツ イールクローラ5.5インチ(イマエグリーンパンプキン)1/64ozネコリグのミドスト
〈タックル〉ロッド:カレイド デジーノ 63M1
リール:10ステラ2500
ライン:東レ スーパーハード スーパーフィネス4ポンド
〈メッセージ〉石川会長をはじめスタッフの皆様,並びに西予市商工会の皆様,いつもありがとうございます。そして,イマカツ様に感謝しています。最終戦も全力で頑張りたいと思います。


第5位 亀岡広嗣 選手 2,714g


〈エリア〉本流上流
〈釣り方〉0.4gジグヘッドワッキー サイト
〈タックル〉60ULスピニング + フロロ3ポンド

〈エリア〉稲生川中流 道路跡
〈釣り方〉2.6gDS ショートリーダー
〈タックル〉ベイトフィネス + フロロ6ポンド

〈メッセージ〉久しぶりのお立ち台 大変うれしく思います。スタッフの方々,おつかれさまでした。ありがとうございます。次も頑張ります。



写真

TOP