メールRSSツィッター

ホーム > NBCトーナメント情報2011 > NBCチャプター神奈川第3戦アングラーズハウスヤマキCUP

NBCチャプター神奈川第3戦アングラーズハウスヤマキCUP 2011年07月31日() 神奈川県 芦ノ湖

トーナメント概要

NBCチャプター神奈川第3戦アングラーズハウスヤマキCUP概要写真 2011-07-31 00:00:00+09神奈川県芦ノ湖 NBCチャプター神奈川第3戦アングラーズハウスヤマキCUP概要写真 2011-07-31 00:00:00+09神奈川県芦ノ湖 明け方の気温は15度にまで下がって、夏はいったいどこに行ってしまったんだろう?と思うほどに、数日前から寒い日が続いていた芦ノ湖で、神奈川チャプター第4戦「テイルウォークカップ」が開催された。
当日は、曇り時々雨のはっきりしない天候だったが、釣りの本などによれば「雨が降ったらバスの活性が上がる」ハズで、活性の上がったバスを狙って参加選手はそれぞれ作戦を考えていた。
と思うのだが…最近の芦ノ湖は、晴天無風の日の方が活性は高く、雨や風になると途端に釣れにくくなってしまっているので、選手達の思惑とはかなり外れた展開になってしまったようだ。
とは言え、今回も選手全員のターゲットとなっている「最強ロコ・高原清選手」が参戦していたので、全員が「今回こそは!」と“打倒・高原”を虎視眈々と狙っていたに違いない。
が…終わってみれば誰もが認める横綱相撲で終了。彼が苦手な秋のシーズンを待たなければやっつけられないのだろうか?(ちなみに昨年はノーフィッシュの時もありました)
我こそは!と思う人は、ぜひ神奈川チャプターに参戦してみてください。
今回の冠スポンサーである「エイテック・テイルウォーク様」には、毎年の事ながら、ロッドやリールなどを含めた豪華な協賛品を頂き誠にありがとうございました。

上位のフィッシングパターン

NBCチャプター神奈川第3戦アングラーズハウスヤマキCUP上位のフィッシングパターン写真 2011-07-31 00:00:00+09神奈川県芦ノ湖
NBCチャプター神奈川第3戦アングラーズハウスヤマキCUP上位のフィッシングパターン写真 2011-07-31 00:00:00+09神奈川県芦ノ湖

1位:山木一人
 前回は7kgを超える神奈川チャプターレコードで優勝したものの、様々な人から「高原くんが居る時に勝てればね」と言われ続けていたために、今回はいつもより気合が入っていた。まずは白浜からスタートし、他の選手達が見ない程の超シャローにある岩陰に潜むバスを、ソウルシャッドとスモラバで攻略し1200gを2本キャッチ。立岩に浜のブレイクラインにあるウィードの上をゼロワンバズで流しヘラブナのような魚体の2kgを含め数本。亀ヶ岬までのオーバーハングをソウルシャッドで攻略し2kgを釣って入れ替え。その後は大島など夏っぽいエリアを回りスモラバで数を伸ばし数匹入れ替えて終了。なお、最近お気に入りの超シャローでのエビ喰いバスをシャッドで攻略する釣り方が、近日“大漁生活”と言うウエブ上の動画で公開されると思うので乞うご期待。

2位:高原清
前戦はやむなく欠場となってしまったが、そんな時に限って自身の持つチャプターレコードを更新されてしまったために、今回はいつもより気合満点で臨んだハズの同選手。スタート時にかかっていた濃霧のせいでスロー走行が義務付けられたため、鈴木選手が全員に差し入れてくれた“リポD”を飲みつつ、近場のコペリの鼻を走行中にボイルに遭遇。エンジンを止めエレキを下す間もなくキャストしたヤマトにいきなり1kgがヒット。次に起こったボイルでも1800gをキャッチして、今回もビッグウエイトを確信しながら移動。ちょうど“リポD鈴木選手”が出て行ったタイミングでムジナ窪へ。砂浜と岩場の境にあるオーバーハングの最奥にヤマトをキャストし、巻き始めたら釣れていたというバスは1800g!小移動を繰り返しながら入った防ヶ沢で、沈み杭が絡むカバーにスモラバを入れて1500gを釣って入れ替え。お立ち台の上での悔しそうな表情が印象的でした。

3位:杉本正和
毎回確実な結果を残している同選手も“チーム高原メンバー”寡黙な雰囲気を漂わせているが、熱い釣りを展開している。今回も湖中をランガンしながら要所要所を丁寧に打って行くスタイルで、まずは深良水門の横にあるカバーで1本キャッチ。成蹊に移り、スモラバを使ったサイトフィッシングで1本追加。山のホテルから成蹊までのシャローフラットをバイブレーションプラグでひたすら流してリミットメイク。キャッチした3本は共にサイズの揃った美しいバスだった。“YAMAKIチーム”のメンバー達もこちらのチームメンバーのように頑張ってもらいたいものだ。

4位:中村宗彦
神奈川チャプターの冠スポンサーである「テイルウォーク」の看板を背負いながら、こちらも今年好調な選手。シャローを狙う選手が多い中で、同選手はミドルからディープを攻略してくるパターンが多いのだが、今回もフットボールジグ+PDLポークを使い、2〜3mラインでフォーリング主体のアクションで釣っていった。箱根湾からバスを探して流し始めたが、あっと言う間に着いてしまったと言うキャンプ場沖(湖の反対側なので実はかなり遠い)で4本釣り上げた。椿の鼻に移動した時、シャロー側に少々五月蝿い選手がいたが、ボイルに向かって投げたペンシルベイトに喰ってきたのが今回の最大魚だった。次回は「テイルウォークカップ」なのでよろしくお願いします!

5位:柳澤輝夫
トップとビールをこよなく愛し、のんびりした釣りを楽しんでいたはずなのに、なにを思ったのか突然今年からチャプターに参加しだし、3戦目で早くも嬉しい初入賞の同選手も「テイルウォーク」メンバー(とは言っても釣りの方ではなくて会社の方ですが)。最近お気に入りと話す湖尻エリアを回って、早川水門横でWスィッシャーを引いてまず500g。キャンプ場沖ではようやく使い方を覚えたスモラバで800g。その後は七里ヶ浜から深良水門までのフラットエリアをWスィッシャーでひたすら流して800gと900gをキャッチして入れ替えに成功。超釣りを楽しむ方なので、他の人が釣ってる姿を見ても褒めてくれるなどして、少々五月蝿い選手とはこの人でした。柳澤選手、大会商品のご提供ありがとうございました。


成績表

順位ゼッケン氏名重量ポイント
11位 T-45 山木一人 57005,700g 33匹 2020Pts.
22位 N47328 高原清 52105,210g 33匹 1919Pts.
33位 N47354 杉本正和 33003,300g 33匹 1818Pts.
44位 N47011 中村宗彦 29702,970g 33匹 1717Pts.
55位 N47196 柳澤輝夫 25502,550g 33匹 1616Pts.
66位 E河A-93 山下晋豪 22502,250g 33匹 1515Pts.
77位 N46805 河野均 21302,130g 33匹 1414Pts.
88位 N47309 市川哲也 19401,940g 22匹 1313Pts.
99位 E河A-132 福山哲也 18401,840g 22匹 1212Pts.
1010位 N47191 工藤志剛 18001,800g 33匹 1111Pts.
1111位 N47373 山口達朗 14701,470g 33匹 1010Pts.
1212位 N47351 鈴木彰二 13101,310g 22匹 99Pts.
1313位 N47319 秋元浩二 12201,220g 11匹 88Pts.
1414位 E山中-17 鈴木重仁 820820g 11匹 77Pts.
1515位 E河A-95 松井哲也 790790g 11匹 66Pts.
1616位 N47311 豊竹大輔 390390g 11匹 55Pts.
1717位 E河A-72 澤田円 00g 00匹 55Pts.
1818位 E山中-6 本山英志 00g 00匹 55Pts.
1919位 E河B-16 飯田淳 00g 00匹 55Pts.
2020位 N46691 金田博 00g 00匹 55Pts.
2121位 N46775 松本和夫 00g 00匹 55Pts.
2222位 N47192 川野直之 00g 00匹 55Pts.
2323位 N47306 生井澤浩 00g 00匹 55Pts.
2424位 N47330 永岡秀教 00g 00匹 55Pts.
2525位 申請中 江川卓 00g 00匹 55Pts.
2626位 N47429 仲戸川友和 00g 00匹 55Pts.

※項目名クリックで並べ替えが出来ますが、ゼッケン・氏名の並べ替えは完全ではありません。

他の大会

フィールド状況

天気曇りのち雨
気温22
水温21
水位満水
水質クリア

釣果サマリー

参加者数 26人
検量人数/率 16人/61%
リミットメイク人数/率 9人/34.6%
バス総数 37匹
バス総重量 35,690g
1匹平均重量 964g

匹数内訳

重量内訳

Picasaギャラリー


チャプタートーナメント2011


ページ先頭 一つ前へ