メールRSSツィッター

ホーム > NBCトーナメント情報2011 > NBCチャプター広島第4戦メガバスCUP

NBCチャプター広島第4戦メガバスCUP 2011年07月24日() 広島県・山口県 弥栄湖

トーナメント概要

 週初めに訪れた台風の影響もなく夏本番といった晴天の中,弥栄ダムにて第4戦が開催された。
 魚のコンディションもアフターから回復し,魚は釣れるがパターンを読み誤ってしまうとノンキーパー地獄と化してしまう中,サマーパターン(水通しの良い場所)に移行した良型の個体が集まるポイントをいかに攻略するかがキーとなった。
 そんな中,立木の釣りをさせればこの人というぐらい絶対の自信を持っている森川選手。本湖・小瀬川筋の立木を攻略し,2位以下を大きく離す唯一4kg台を叩き出し,自身初となる優勝を手にし実力は,名実ともに本物であることを証明した。
 準優勝には,笹ヶ谷・本湖エリアの水通しの良い岬を攻略して良型をキャッチした斎藤選手。夏のセオリー通りのパターンを展開し結果を出した。
 3位には小瀬川筋上流部流れ込みにてプレッシャーの掛かる魚の行動を読み,見事1,800gオーバーのキッカーを仕留め,2,706gのウェイトを叩き出した。
 4位には週間前の弥栄チャプター第5戦にて,小瀬川中流域を攻略し優勝を飾った渡邉選手。今大会でも同エリアを攻略し,前回に比べ少し季節の進行を感じつつも見事にアジャスト,昼前に美和エリアのインビジにてキロアップを釣り2,602gの結果を出した。
 5位にはプラクティスにて本湖・小瀬筋の立木にてビッグベイトにてサーチし,魚のポジション,バイトコースを綿密に探り,狙い通りの1,600gのキッカーを仕留めた大塚選手が入賞した。
 最後になりましたが,開催にあたり今年も冠を持っていただき,賞品を提供いただきましたメガバス様,株式会社やさか様にこの場を借りてお礼を申し上げます。どうもありがとうございました。

上位のフィッシングパターン

(1)優勝 森川 昭浩選手
 プラクティクスには入っておらず,下流に下る選手が少なかったので,本湖の立木帯から釣りを始めた。7:20に1,600gの魚を最初に釣った。その後,下流岩盤の立木で1,400gを釣った。その後笹ヶ谷筋まで釣り進むも先行者の影響か釣れず,小瀬川筋の立木にてキロアップを釣りこのウェイトとなった。
使用したリグは6gテキサスにダットカット(ダークウォーターメロン)と1/16ozのジグヘッドにカットテール(ウォーターメロン)。

(2)準優勝 斎藤 一伸選手
 岬の水通しの良い場所を釣っていこうと決め,本湖下流から釣り始めていった。
 最初の魚は,笹ヶ谷入口の岬で1kgアップのキッカーを釣った。その後,笹ヶ谷に入り橋の掛かる上流に向かって左岸のストレッチにて,1,500gのキッカーを釣りこのウェイトとなった。使用したリグはアベラバ2.3gにトレーラーはアンクルゴビーと3/8ozのテキサスリグにダットカットを使用。

(3)3位 福間 政男選手
 小瀬川上流域に,朝一,向かい流れの中で捕食している魚を狙い,ボイルした瞬間の1,800gの魚を掛けた。その後はキーパーしか釣れなかった。使用したリグはエコカットテール(グリーンパンプキン)のワッキーがけにアベラバ14gのトレーラーにラッシュクローを使用した。

(4)4位 渡邉 信治選手
 小瀬川中流域にて,2週間前の弥栄チャプターの時に良かったパターンを試すが釣れず,ダウンショットで釣っていった。8時にはリミットメイクしていた。その後,美和エリアに移動し,トナカイワンドの水中ハンプにてキロアップのキッカーを釣り,このウェイトとなった。使用したリグはダウンショット3.5gのカットテール(グリーンパンプキン)。

(5)5位 大塚 誠司選手
 前日プラで,本湖・小瀬筋入口の立木にてビッグベイトをサーチベイトとして,魚のポジションを確認していた。当日もその魚を狙っていった。ビッグベイトでは思うようにバイトに持ち込むことが出来ず,カットテール(ウォーターメロン/レッドフレーク)のノーシンカーで1600gのキッカーを釣った。


成績表

順位ゼッケン氏名重量ポイント
11位 46839 森川昭浩 41244,124g 33匹 3030Pts.
22位 47048 斎藤一伸 30023,002g 33匹 2929Pts.
33位 46634 福間政男 27062,706g 33匹 2828Pts.
44位 46335 渡邉信冶 26022,602g 33匹 2727Pts.
55位 46341 大塚誠司 22662,266g 33匹 2626Pts.
66位 46646 塚崎貴教 18331,833g 33匹 2525Pts.
77位 46481 清水和敏 17751,775g 33匹 2424Pts.
88位 46760 是田克彦 16101,610g 33匹 2323Pts.
99位 47093 堂免健史 15861,586g 33匹 2222Pts.
1010位 46432 上田正幸 15501,550g 33匹 2121Pts.
1111位 JB旭川32 宮本洋平 12121,212g 33匹 2020Pts.
1212位 46275 杉原真一郎 10591,059g 33匹 1919Pts.
1313位 46095 江本貴広 10311,031g 33匹 1818Pts.
1414位 46622 瀬濤康聡 10091,009g 33匹 1717Pts.
1515位 46817 金子慶一 993993g 33匹 1616Pts.
1616位 47114 中川昭仁 961961g 33匹 1515Pts.
1717位 47203 上田光春 882882g 33匹 1414Pts.
1818位 47122 青木竜生 799799g 33匹 1313Pts.
1919位 46173 新本秀明 799799g 33匹 1212Pts.
2020位 46930 山本陽一 538538g 11匹 1111Pts.
2121位 47382 木村真彦 526526g 22匹 55Pts.
2222位 46818 益元浩之 00g 00匹 55Pts.

※項目名クリックで並べ替えが出来ますが、ゼッケン・氏名の並べ替えは完全ではありません。

他の大会

フィールド状況

天気曇りのち晴れ
気温24〜31
水温23〜27
水位105m
水質クリア
東南東

釣果サマリー

参加者数 22人
検量人数/率 21人/95%
リミットメイク人数/率 19人/86.4%
バス総数 60匹
バス総重量 32,863g
1匹平均重量 547g

匹数内訳

重量内訳

Picasaギャラリー


チャプタートーナメント2011


ページ先頭 一つ前へ