JB日本バスプロ協会 NBC日本バスクラブ OFFICIAL SITE NBCNEWS

ホームへ戻る
第5戦
NBCトーナメント情報2010

広島県 弥栄湖

09月26日()

フルエコタックルルール適用大会

フィールド状況

天気 曇り時々晴れ
北北東
気温 17〜26℃
水温 20〜25℃
水位 101m
水質 クリア

釣果サマリー

参加者数 25人
検量/率 24人/96%
LM人数/率 17人/68.0%
バス総数 64匹
バス総重量 31,867g
1匹平均重量 497g

匹数内訳(リミット3)

3匹 bar17人/68.0%
2匹 bar6人/24.0%
1匹 bar1人/4.0%
0匹 bar1人/4.0%

重量内訳

3000g〜 bar1人/4.0%
2000g〜 bar2人/8.0%
1000g〜 bar12人/48.0%
1g〜 bar9人/36.0%
〜0g bar1人/4.0%

NBCチャプター広島第5戦バリバスCUP

概要

記録的な猛暑から一変し朝晩は急激な冷え込みとなり秋の気配を漂わす一日となった。
当初予定されていた土師ダムでの開催は渇水の影響でスロープが使用不能となり急遽、弥栄ダムでの開催となった広島チャプター第5戦。
第4戦以降急激な減水により弥栄ダムレンタルボートスロープの使用も出来ず、大竹側スロープを使用しての開催となった。
一日20〜30cmの減水が続くなかバスのポジションも常に変わりシャロー・ディープの中でコンディションの良い魚をいかに釣りあげることが出来るのかがカギとなった大会であった。
そんな中、本湖・笹ヶ谷筋のシャローをフットボールジグで攻略し50Upのキッカーを含むトータルウェイト3,814グラムを叩き出した“島根の怪人”こと福間政男選手が昨年の最終戦と同様に優勝を手にし憂愁の美を飾った。
第2位にはプラなしながらも持ち前のフィッシングセンスで的確なエリア選択を行い1,400gのキッカーを釣り,結果を出した末永選手。第3位には小瀬川筋をスピナーベイトオンリーで攻略した渡木選手。第4位には第4戦でも5位入賞をした清水選手、前戦と同様に美和筋を攻略した。第5位には小瀬川筋の立木を攻略した丸古選手。
気になるA・O・Yは今試合でも見事な結果を残した丸古選手が154ポイントを獲得し2位以下に8ポイント差を付け自身初となる2010年度広島チャプターのアングラーオブザイヤーに輝いた。
開催にあたり、冠スポンサーのバリバス様、株式会社やさか様、関係各所にはこの場を借りしてお礼申し上げます。

上位のフィッシングパターン

1位 福間 政男選手
 前日プラクティスではチャターベイトで45Upを笹ヶ谷で釣りあげていた。
当日も同じエリアに向かい前日と同じ場所で1400グラムを釣った、その後釣れなかったので本湖に戻っていつもは釣りをしない場所を減水の影響で釣れるのではないかと思い、タイミング良く入り直しイマカツのゴブリンヘッド5/8ozにダットカットをトレーラーにしたものを使いショートピッチで岸沿いを打っていき50upを含む二本のキッカーを釣りあげた。

2位 末永 徹選手
 プラなしで本戦に臨んでいたが、行く場所は美和エリアに行こうと決めていた。
当日はレンタルボートスロープ沖のバンクが気になり朝一に向かい数投で1400グラムを釣りあげた。その後美和エリアに向かったがキーパーのみを釣るのみでこのウェイトとなった。
3位 渡木 信貴選手
 プラクティスは先週の土曜日に入った、その時は巻物が良く釣れていたので当日はその釣りを押し通した。当日はプラで良く釣れていた小瀬川筋を釣っていった、ハンクルダイナモ(ピンク・チャート)を使い小瀬川筋入口から初めてすぐにキーパーをそろえ、上流でキッカーを釣りこのウェイトとなった。

4位 清水 和敏選手
 プラクティスは前週の土日に入り美和筋のトナカイワンドの岬周りが良く釣れていたが当日は一匹しか釣れなかった。その後、奥にある水中島(当日の水深では島)をダウンショットで1200グラムを釣りこのウェイトとした。釣ったルアーはイマカツのレインボーシャッドを1/6ozのダウンショットで使用した。

5位 丸古 精二選手
 プラクティスは前週土日と金・土と入り小瀬川筋の5〜6mの立木が良かった。当日も同じ立木をダットカット3/4ozのテキサスリグとダウンショット1/8ozを使用して釣っていった。釣れ方は重くなるだけの感じだった。

成績表

順位ゼッケン氏名重量ポイント
11位 45217 38143,814g 33匹 4040Pts.
22位 45400 24222,422g 33匹 3939Pts.
33位 45425 21802,180g 33匹 3838Pts.
44位 45441 19541,954g 33匹 3737Pts.
55位 45107 19351,935g 33匹 3636Pts.
66位 JB旭川16 18211,821g 33匹 3535Pts.
77位 44822 16801,680g 33匹 3434Pts.
88位 45605 15831,583g 33匹 3333Pts.
99位 JB旭川49 13441,344g 33匹 3232Pts.
1010位 44708 13021,302g 33匹 3131Pts.
1111位 44921 12061,206g 33匹 3030Pts.
1212位 45092 11781,178g 33匹 2929Pts.
1313位 44453 11621,162g 33匹 2828Pts.
1414位 44932 11581,158g 33匹 2727Pts.
1515位 JB旭川43 11111,111g 33匹 2626Pts.
1616位 JB旭川61 936936g 33匹 2525Pts.
1717位 44636 821821g 33匹 2424Pts.
1818位 45268 816816g 11匹 2323Pts.
1919位 JB旭川37 811811g 22匹 2222Pts.
2020位 45639 652652g 22匹 2121Pts.
2121位 45062 632632g 22匹 2020Pts.
2222位 45426 518518g 22匹 1919Pts.
2323位 45170 433433g 22匹 1818Pts.
2424位 45595 398398g 22匹 1717Pts.
2525位 45086 00g 00匹 55Pts.

※項目名クリックで並べ替えが出来ますが、ゼッケン・氏名の並べ替えは完全ではありません。

関連ページ

大会スナップ

 クリックで拡大
【年間】集計ミスにより3位河井プロ,4位末永選手の間違いでした。すみません。
【年間】集計ミスにより3位河井プロ,4位末永選手の間違いでした。すみません。 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大


ページ先頭 一つ前へ