JB日本バスプロ協会 NBC日本バスクラブ OFFICIAL SITE NBCNEWS

NBCチャプター愛媛第4戦エバーグリーン/バードCUP

NBCトーナメント情報2009

高知県 早明浦ダム

08月30日()

フルエコタックルルール適用大会

フィールド状況

天気 曇りのち晴れのち雨
微風
気温 25℃
水温 24℃
水位 90%
水質 クリア

釣果サマリー

参加者数 43人
検量/率 42人/97%
LM人数/率 41人/95.3%
バス総数 124匹
バス総重量 82,758g
1匹平均重量 667g

匹数内訳(リミット3)

3匹 bar41人/95.3%
2匹 0人/0.0%
1匹 bar1人/2.3%
0匹 bar1人/2.3%

重量内訳

3000g〜 bar2人/4.7%
2000g〜 bar16人/37.2%
1000g〜 bar22人/51.2%
1g〜 bar2人/4.7%
〜0g bar1人/2.3%

NBCチャプター愛媛第4戦エバーグリーン/バードCUP

概要

2009年8月30日、高知県早明浦ダムにてチャプター愛媛最終戦、エバーグリーン&バードカップが開催されました。渇水により一時は早明浦での開催が危ぶまれたが、7月に入ってからの降水でダムの水位が回復、予定通りの開催となった。渇水と言うオフリミットにより、8月中旬までは簡単に口を使ってくる状況だったが、2週間で5m近い減水と人為的プレッシャーにより、前日プラクティスを行った選手からは、簡単に口を使わなくなったと言うコメントが聞かれた。そんなコンディションの中、優勝したのは元TOP50メンバーで、四国三強の一角、石川晴彦プロ。インレットと岩盤シェードを攻略して、3本で4キロ近いウエイトを持ち込んだ。そして2009年度、チャプター愛媛の年間王者に輝いたのは、元TOP50メンバー、愛媛の井原浩二プロ。猛追する越智選手を振り切って、見事タイトルを獲得した。井原プロは2007年に、旧吉野川で開催されているJII四国の年間タイトルを手にしており、これで四国内のビッグタイトル獲得は2冠目となった。名実ともに四国を代表するトーナメンターとして、今後更なる活躍を期待したいと思う。

上位のフィッシングパターン

第1位 石川晴彦 Mプロ 3934g

フライトが22番だったので、スタート地点となる下流から上流に向かって、空いているインレットやクリークをランガンする戦略を立てた。朝一は下流、桐谷ワンドで一本目となる600gをキャッチ。古味ワンドを経由してから桃ヶ谷ワンドに入った。クリークエンドから少し下った所にある冠水植物の絡んだシャローフラットで、今大会の最大魚となる1822gを、1/64オンス以下のスモールラバージグでキャッチした。その後は上流、白滝ワンド内の岩盤シェードを攻め、3/8オンスのラバージグで840g、カットテール(ウォーターメロン)のノーシンカーで870gをキャッチした。終盤は吉野川のバックウォーターに移動し、ラバージグを使ってキロフィッシュを追加。入れ替えに成功して3934gをウエインした。ラバージグのトレーラーには、バグアンツ3インチ(ウォーターメロン)を使用していた。これまでのトーナメントで数々の修羅場を経験し、素晴らしい成績を残してきた石川プロ。完璧とも言える早明浦攻略を披露し、改めて四国最強を証明してくれた。

第2位 坂本篤則 JII四国プロ 3397g

朝一から吉野川最上流部、小金滝橋付近の瀬でサイトフィッシングを展開した。瀬のシャローをクルーズする個体を見つけ、一本目となる1000gをキャッチ。その後、日が差し始めてからは、バックウォーターに点在する岩のシェードに入る個体に狙いを絞り、900gから1300gを複数キャッチしてリミットを揃えた。終盤は、上流部の三ッ石橋エリアに移動して、シャローをうろつくキロアップをサイトで攻略、3397gまでウエイトを高めた。使用したルアーはカットテール(ウォーターメロン)で、リグは1/13オンスのジグヘッドリグだった。坂本プロは地元高知出身で、四国のトーナメントでは古参の実力者である。特に早明浦ダム戦に強く、周りからも一目置かれる存在である。


第3位 菊川裕也 選手 2888g

前日のプラクティスにおいて中流、下川ワンドで好感触を得る事ができた。当日は朝一から下川ワンドに直行して、道路が崩れている地形変化を、1/8オンスのジグヘッドにハドルスイマーの組み合わせで攻略。ボトムまでフォールさせてからバイトを待つと言ったパターンで、キッカーとなる1300gをキャッチした。その後、ワンド入り口の橋脚へと移動し、700gと900gを同じリグでキャッチして2888gをウエインした。菊川選手は参戦3年目の新人選手だが、越智武彦氏の率いる狂豪集団、チ-ムSTGで切磋琢磨している。開幕戦の大渡ダムに続いて今季2度目の表彰台により、年間ランキングは第3位まで浮上した。結果が全てと言うならば、練習は決して嘘を付かない。来年は更なる飛躍を期待したいと思う。

第4位 金子博文 JII四国プロ 2756g

前日のプラクティスでは、瀬戸川七尾橋付近でグッドサイズのスクールを確認した。当日は予定通り瀬戸川に入り、1/64オンス、エコスワンプ(グリーンパンプキン)のネコリグを駆使して600gから800gでリミットを揃えた。その後、吉野川上流、三ッ石橋付近に移動し、ブッシュ沖の4mラインを、1/4オンス、バグアンツ3インチ(ブラウン)のテキサスリグで攻略してキロアップをキャッチ。入れ替えに成功して2756gをウエインした。金子プロはジュニア時代から類まれな才能を認められ、四国の奇才と呼ばれるサラブレッドである。近年はスランプに苦しんでいたが、今季は表彰台に2度上がり、見事完全復活を果たした。きっと来シーズンは、四国に金子旋風を巻き起こす事だろう。

第5位 篠永修一 選手 2637g

下流、桐谷ワンドから和田ヶ谷ワンドにかけてのワンド張り出しを、天候に合わせてレンジ別に攻略した。曇りの時間帯は2mから3mラインを、日が差し始めてからは5mラインを、5gダウンショットのレイン(ウォーターメロン)で攻めてリミットを揃え、2637gをウエインした。今回グッドサイズが口を使った要因は、リグをボトムに着底させてからアクションを与えない事だと語ってくれた。今季から参戦となった篠永選手だが、開幕戦の7位に続いて2回のシングル入賞を果たし、見事年間ランキング8位を獲得した。来年は2年目のジンクスを恐れずに、初優勝を目指して頑張ってもらいたいと思う。

成績表

順位ゼッケン氏名重量ポイント
11位 M017 39343,934g 33匹 3030Pts.
22位 JII四033 33973,397g 33匹 2929Pts.
33位 43662 28882,888g 33匹 2828Pts.
44位 JII四043 27562,756g 33匹 2727Pts.
55位 43613 26372,637g 33匹 2626Pts.
66位 42786 24972,497g 33匹 2525Pts.
77位 43356 24902,490g 33匹 2424Pts.
88位 M137 24572,457g 33匹 2323Pts.
99位 43935 24382,438g 33匹 2222Pts.
1010位 43634 24242,424g 33匹 2121Pts.
1111位 43107 23852,385g 33匹 2020Pts.
1212位 43502 23272,327g 33匹 1919Pts.
1313位 43932 21582,158g 33匹 1818Pts.
1414位 43159 21272,127g 33匹 1717Pts.
1515位 43835 21052,105g 33匹 1616Pts.
1616位 43579 20482,048g 33匹 1515Pts.
1717位 JII四025 20422,042g 33匹 1414Pts.
1818位 43862 20382,038g 33匹 1313Pts.
1919位 43399 19831,983g 33匹 1212Pts.
2020位 43085 19581,958g 33匹 1111Pts.
2121位 JII四019 19221,922g 33匹 55Pts.
2222位 JII四037 19021,902g 33匹 55Pts.
2323位 JII四034 18991,899g 33匹 55Pts.
2424位 43090 18911,891g 33匹 55Pts.
2525位 JII四021 18781,878g 33匹 55Pts.
2626位 M132 18341,834g 33匹 55Pts.
2727位 43167 17721,772g 33匹 55Pts.
2828位 JII四024 17361,736g 33匹 55Pts.
2929位 43517 17321,732g 33匹 55Pts.
3030位 JII四017 16631,663g 33匹 55Pts.
3131位 43031 16541,654g 33匹 55Pts.
3232位 43635 15501,550g 33匹 55Pts.
3333位 43673 15431,543g 33匹 55Pts.
3434位 JII四008 14531,453g 33匹 55Pts.
3535位 43695 14511,451g 33匹 55Pts.
3636位 42933 14241,424g 33匹 55Pts.
3737位 申請中 13841,384g 33匹 55Pts.
3838位 43097 12831,283g 33匹 55Pts.
3939位 JII四032 12051,205g 33匹 55Pts.
4040位 43745 10601,060g 33匹 55Pts.
4141位 43802 964964g 33匹 55Pts.
4242位 43588 469469g 11匹 55Pts.
4343位 43646 00g 00匹 55Pts.

※項目名クリックで並べ替えが出来ますが、ゼッケン・氏名の並べ替えは完全ではありません。

関連ページ

大会スナップ

優勝 石川晴彦
優勝 石川晴彦 クリックで拡大
2位 坂本篤則
2位 坂本篤則 クリックで拡大
3位 菊川裕也
3位 菊川裕也 クリックで拡大
4位 金子博文
4位 金子博文 クリックで拡大
5位 篠永修一
5位 篠永修一 クリックで拡大
TOP5
TOP5 クリックで拡大
年間優勝トロフィー
年間優勝トロフィー クリックで拡大
年間優勝 井原浩二
年間優勝 井原浩二 クリックで拡大
年間2位 越智武彦
年間2位 越智武彦 クリックで拡大
集合写真
集合写真 クリックで拡大

ページ先頭 一つ前へ