JB日本バスプロ協会 NBC日本バスクラブ OFFICIAL SITE NBCNEWS

NBCチャプター広島第4戦スミスCUP

NBCトーナメント情報2009

広島県 土師ダム

07月12日()

フルエコタックルルール適用大会

フィールド状況

天気 曇りのち晴れ
東から南へ
気温 21〜29℃
水温 19〜27℃
水位 243m
水質 マッディ

釣果サマリー

参加者数 30人
検量/率 23人/76%
LM人数/率 7人/23.3%
バス総数 39匹
バス総重量 30,542g
1匹平均重量 783g

匹数内訳(リミット3)

3匹 bar7人/23.3%
2匹 bar3人/10.0%
1匹 bar12人/40.0%
0匹 bar8人/26.7%

重量内訳

4000g〜 bar1人/3.3%
3000g〜 bar2人/6.7%
2000g〜 0人/0.0%
1000g〜 bar9人/30.0%
1g〜 bar11人/36.7%
〜0g bar7人/23.3%

NBCチャプター広島第4戦スミスCUP

概要

 2週間前には土師ダムの水位不足で開催が危ぶまれた第4戦だったが,1週間ちょっと前に降った大雨で一気に水位が通常通りに戻り,何とか開催できることになった。例年にない水位の増減のためプリプラクティスに入った選手も見えている選手と見えていない選手の差が大きく,水位の上昇,水温の低下,カレント等を読み合わせなければ,なかなかいい魚が釣れない状況であった。
 そんなか,完全に湖の状況を読みきって,プリスポーンにも似た魚の動きをきっちり捉えた河井選手が,4,366gというぶっちぎりのウェイトで,第3戦優勝に続き2連勝を飾った。第1戦11位,第2戦4位と尻上がりに調子を上げており,この勢いを誰かとめることが出来るのか。
 第2位は,年間暫定1位の末永選手。例年通りのパターン(沖のインビジ)をきっちり攻めて,優勝ウェイトでもおかしくない3,848gで,年間暫定1位の座を守った。これで毎回シングルをはずしていない年間暫定1位の末永選手を2ポイント差で河井選手が追いかけ,二人のデッドヒートが続いている。これに誰か加わることが出来るのか,年間優勝争いがますます面白くなってきた。
 第3位は,1m以浅のシャローを攻めて3,400gをそろえた森永選手,第4位はプラなしながらも過去シングルにはいったパターンをやりきった渡木選手,第5位はごみ止めフェンスのシャローをバイブレーションで攻略した大塚選手となった。
 あと,第5戦を残すのみとなったが,年間優勝争い,中四国ブロック大会の権利争いもデッドヒートが繰り広げられており,第5戦まで2ヶ月あくことでどのようになるか楽しみである。何かが起こる土師ダム……何が起こるかわからない。
 開催にあたり,今年も冠を持っていただき賞品を提供いただきましたスミス様,土師ダムサイクリングターミナル様にこの場を借りてお礼を申し上げます。どうもありがとうございました。

上位のフィッシングパターン

優勝 河井 大助
プリプラをやっていて,大雨が降るたびにダムの水が入れ替わり,水温が下がったことで,シャローに入ってネストに移行するバスがいることに気がついた。ただ水位の増減が激しくて,大抵は浅いところにネストを作ろうとするがやめてしまうというバスが多かった。そういう場所(魚がさしてくる場所)を何箇所か見つけておいたが,試合当日は,下流の旧スロープがあるワンドに入った。
シャローから1段下がった2〜3mが非常に熱く,ワンドの中にさしてこようとするバスをちょっとしたストラクチャーにつく瞬間を狙っていった。入れ替わり立ち代り入ってくる感じで,11時くらいまで釣れ続けた。リグは,カットテール(グリーンパンプキン)の3/32oz(2.7g)ダウンショット。
朝一は小さかったが,釣っていくに釣れだんだん大きくなり,11時にはマックスウェイトになったが,晴れてから釣れなくなった。プラクティスのときは釣るのを我慢していたので,今日は20本も釣って,最後には1,200gの魚をリリースして満足できる釣果だった。

準優勝 末永 徹
プリプラをやったときにのどごえ公園の流れ込み,スロープ沖のハンプでキロアップが釣れたので,そこをメインにやった。
朝一7:30頃,のどごえ公園の流れ込みをスワンプクローラー(シナモン)のネコリグで1,200gとノンキーをキャッチ。その後,スロープ沖のハンプをカットテール(グリーンパンプキン)の2.7gダウンショットでキロアップ,11:30頃に再度ハンプに入りなおして,キロアップをキャッチした。キーパーは全部で4本釣った。

3位 森川 明浩
プリプラクティスのときからはじまる館から溝手の森までの間で,2,500gぐらい釣れていた。今日はそこを3往復して,1往復目で1,700g,2往復目で2,000kg,3往復目で3,400gとウェイトアップしていった。
ベイロン(ウォータメロン)の1/16ozジグヘッドで水深は1mより浅いところの岸際を釣っていきトータル8〜9本とった。

4位 渡木 信貴
プラは出来なかったが,入漁券を買いに来たついでに湖を見て濁っていることを確認した。4年前シングルに入ったパターンを試して,朝一中州の上流(上流に向かって左側)の流れ込みで1本。中州のチャンネル際の草が沈んでいたので,引っ掛けてはずすのを繰り返して1本釣った。リグはバークレーのパワードーバ4.5in(ウォータメロン)の0.9gジグヘッドワッキー。

5位 大塚 誠司
プラクティスでオイルフェンス周りのごみ下に昼ごろから魚が入ってくることに気がついた。朝一オイルフェンスに入ったが,曇り空で散らばっていると思いバイブレーションで攻めていった。オイルフェンス周りの水深1mを丹念に探っていって,朝一よいのをばらしたが,4本キャッチした。オイルフェンスからあまり離れるとだめで,フェンスから上下流10m以内でないと食ってこなかった。
バイブレーションはブザービーター1/2oz(ホワイト)。今回初めてお立ち台に立てて嬉しく思う。

成績表

順位ゼッケン氏名重量ポイント
11位 42487 43664,366g 33匹 4040Pts.
22位 43620 38483,848g 33匹 3939Pts.
33位 43408 34003,400g 33匹 3838Pts.
44位 44100 18531,853g 22匹 3737Pts.
55位 43320 17121,712g 33匹 3636Pts.
66位 JB旭川17 16731,673g 11匹 3535Pts.
77位 43269 14261,426g 22匹 3434Pts.
88位 43547 13671,367g 11匹 3333Pts.
99位 43553 12961,296g 11匹 3232Pts.
1010位 43319 10791,079g 11匹 3131Pts.
1111位 43176 10351,035g 33匹 3030Pts.
1212位 43268 10251,025g 11匹 2929Pts.
1313位 41326 997997g 11匹 2828Pts.
1414位 43689 982982g 11匹 2727Pts.
1515位 43192 894894g 33匹 2626Pts.
1616位 43492 870870g 11匹 2525Pts.
1717位 43489 769769g 33匹 2424Pts.
1818位 6 670670g 22匹 2323Pts.
1919位 43877 355355g 11匹 2222Pts.
2020位 44060 260260g 11匹 2121Pts.
2121位 JB旭川33 238238g 00匹 2020Pts.
2222位 JB旭川40 223223g 11匹 1919Pts.
2323位 43230 204204g 11匹 1818Pts.
2424位 4 00g 00匹 55Pts.
2525位 3 00g 00匹 55Pts.
2626位 43665 00g 00匹 55Pts.
2727位 7 00g 00匹 55Pts.
2828位 43633 00g 00匹 55Pts.
2929位 JB旭川60 00g 00匹 55Pts.
3030位 43527 00g 00匹 55Pts.

※項目名クリックで並べ替えが出来ますが、ゼッケン・氏名の並べ替えは完全ではありません。

関連ページ

大会スナップ

 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大

ページ先頭 一つ前へ