JB日本バスプロ協会 NBC日本バスクラブ OFFICIAL SITE NBCNEWS

NBCチャプター中国四国ブロックチャンピオンシップエバーグリーンCUP

NBCトーナメント情報2008

愛媛県 野村ダム

10月12日()

フィールド状況

天気 晴れ
微風
気温 24℃
水温 21℃
水位 70%
水質 クリア

釣果サマリー

参加者数 30人
検量人数/率 29人/96%
LM人数/率 28人/93.3%
バス総数 88匹
バス総重量 55,000g
1匹平均重量 625g

匹数内訳(リミット3)

3匹 bar28人/93.3%
2匹 bar2人/6.7%
1匹 0人/0.0%
0匹 0人/0.0%

重量内訳

3000g〜 bar3人/10.0%
2000g〜 bar7人/23.3%
1000g〜 bar19人/63.3%
1g〜 0人/0.0%
〜0g bar1人/3.3%

NBCチャプター中国四国ブロックチャンピオンシップエバーグリーンCUP

概要

NBCチャプター}中国四国ブロックチャンピオンシップエバーグリーンCUP概要写真 2008-10-12 00:00:00+09愛媛県野村ダム
NBCチャプター}中国四国ブロックチャンピオンシップエバーグリーンCUP概要写真 2008-10-12 00:00:00+09愛媛県野村ダム

2008年10月12日、中国四国ブロックチャンピオンシップが、愛媛県野村ダムにて開催されました。試合当日の水位は満水時の約70パーセント、岸辺のカバー、ストラクチャーが乏しく、ポイントの絞りにくい状況だった。そして季節の進行は思ったよりも早く、朝一の気温は10度台の前半を記録した。2年前のエリート5で全国区へのメジャーデビューを果たし、かつて四国のラストパラダイスと呼ばれたフィールドも、年々プレッシャーの波が押し寄せている。松山自動車道、西予宇和インターから10分程と交通アクセスに恵まれてはいるが、インターは終点に位置しており、釣行数の多い地元選手が優位に立つと思われた。しかし釣れて来るキーパーサイズは400g前後が多く、キロクラスのキッカー1本が順位を大きく上下させる。ダムのポテンシャルから考えても、一発の破壊力が十分有る上に、参加するのは各ブロックの強豪選手達。四国ブロックの圧勝か、それとも中国ブロックの選手が下馬評を覆すのか、試合が終わるまでは予想の付かない展開となった。結果を見てみると、やはり経験値の差が順位として現れ、表彰台すべてを四国勢が独占する結果になった。1位から3位までの選手が2キロ近い50アップを持ち込み、ウエイン会場は熱い熱気に包まれた。

上位のフィッシングパターン

NBCチャプター}中国四国ブロックチャンピオンシップエバーグリーンCUP上位のフィッシングパターン写真 2008-10-12 00:00:00+09愛媛県野村ダム
NBCチャプター}中国四国ブロックチャンピオンシップエバーグリーンCUP上位のフィッシングパターン写真 2008-10-12 00:00:00+09愛媛県野村ダム

1位 大崎 宏志 プロ 3822g

野村ダムには、過去のチャプター戦で一度訪れただけだった。前日のプラクティスでは、肱川中流の岩盤エリアをイマカツシャッドのIS200で流して、1200gを筆頭に400gから500gのキーパーをキャッチした。試合当日は、朝一から肱川中流エリアに狙いを絞り込み、1/16オンスのスワンプネコリグをフォールさせて、900gをキャッチした。その後、垂直岩盤にIS200を擦り付けるようにトレースして、800gと1930gの50アップをキャッチした。9時過ぎの段階で3600gをライブエルに収め、チャンピオンシップの勝利を確信した。その後入れ替えに苦しんだものの、終盤カットテールのネコリグで1000gを追加して3822gまでウエイトを高めた。大崎プロは、旧吉野川で開催されている徳島チャプターで年間3位を獲得。徳島最終戦で優勝した勢いを野村ダムに持ち込んで、2008年度中国四国ブロックの頂点に輝いた。

2位 重谷 太郎 選手 3465g

朝一に下流、板ヶ谷川のクリークを、1/32オンスのスワンプネコリグで攻略して400gベースでリミットを揃えた。その後、稲生川のバックウォーターへ移動し、同リグを流れの中でシェイクさせてキロアップをキャッチした。中盤、バックウォーターの流れが当たる岩のエグレに、ワンナップシャッドのネコリグをフォールさせて、今大会のビッグフィッシュとなる50cm、1970gをキャッチした。終盤、エリアを出合大橋付近の岬へと移動し、ワンナップシャッドのテキサスリグをスイミングさせて600gを追加、入れ替えに成功して3465gをウエインした。今季、神がかり的な強さで愛媛の年間チャンピオンを獲得した重谷選手。惜しくもダブルタイトル獲得は逃したものの、4戦連続50アップ捕獲の記録を残してくれた。

3位 大石 道明 選手 3223g

前日のプラクティスにおいて支流、稲生川のレイダウンにサスペンドする50アップの個体を確認する。試合当日は、見つけていた50アップを狙いにレイダウンに入ったものの、警戒心が強くて表層に浮いている状態では無反応だった。引き波のプレッシャーで深場に沈んだタイミングを見計らい、カットテールの0.5gネコリグでバイトに持ち込み51cm、1943gのビッグバスをキャッチした。その後は上流、四道橋上手のアウトサイドベンドに点在する岩エリアにポイントを絞り込み、600g、650gを同リグでキャッチしてリミットを揃えた。一昨年、昨年と愛媛チャプターの年間王者を獲得し、昨年旧吉野川で開催された中国四国ブロックチャンピオンシップで優勝。ブロック大会2連覇は叶わなかったが、見事3位入賞を果たし、タイトルホルダーとしての期待に応えてくれた。

4位 越智 武彦 選手 2594g

朝一に肱川バックウォーターに入り、1/64オンスのスワンプネコリグを駆使して300gから500gでリミットを揃えた。その後、四道橋上手のアウトサイドベンドに位置する岩エリアに移動して、スワンプネコリグを使って700gをキャッチした。その後、点在する岩周りを1/2オンス、コブリンヘッドジグでボトムパンプさせ、700gとキロアップを追加して2594gをウエインした。越智選手は毎年愛媛チャプターの年間王者に最も近い男と噂され、プロ選手は勿論、四国中の誰もが認める影の実力者である。今回は地元愛媛での開催という事もあり、優勝候補の筆頭とされていただけに4位でも惜しい結果となった。来季こそは脱無冠、そして念願のタイトル獲得に向けて、越智選手の試練が始まった。

5位 山下 剛 選手 2593g

朝一から四道橋上手のアウトサイドベンドに点在する岩エリアに入り、1/64オンス、レインのネコリグをシェイクさせて3本、2200gでリミットを揃えた。10時過ぎになって下流、取水塔付近の岬に入り、10mラインをレインの5gヘビーダウンショットでシェイクさせて900gをキャッチして、2593gまでウエイトアップさせた。山下選手は、今季のチャプター愛媛で開幕戦、第2戦と連続して表彰台に上り、新人選手としては異例の年間ランキング2位を獲得した。来年は2年目のジンクスなどお構いなしに、更なる活躍に期待が掛かる。

成績表

順位ゼッケン氏名重量ポイント
11位 JII四037 38223,822g 33匹 3030Pts.
22位 41668 34653,465g 33匹 2929Pts.
33位 41493 32233,223g 33匹 2828Pts.
44位 41152 25942,594g 33匹 2727Pts.
55位 41357 25932,593g 33匹 2626Pts.
66位 41722 25602,560g 33匹 2525Pts.
77位 41844 21832,183g 33匹 2424Pts.
88位 41512 21662,166g 33匹 2323Pts.
99位 JB旭川27 21182,118g 33匹 2222Pts.
1010位 41717 20882,088g 33匹 2121Pts.
1111位 JII四011 19481,948g 33匹 2020Pts.
1212位 JB旭川07 18771,877g 33匹 1919Pts.
1313位 JB旭川76 17891,789g 33匹 1818Pts.
1414位 JB旭川04 17701,770g 33匹 1717Pts.
1515位 41335 17251,725g 33匹 1616Pts.
1616位 42071 16121,612g 33匹 1515Pts.
1717位 41629 15581,558g 33匹 1414Pts.
1818位 JB旭川48 15281,528g 33匹 1313Pts.
1919位 41336 15081,508g 33匹 1212Pts.
2020位 41813 14891,489g 33匹 1111Pts.
2121位 41634 14831,483g 33匹 55Pts.
2222位 42336 14501,450g 33匹 55Pts.
2323位 41417 13491,349g 33匹 55Pts.
2424位 41520 13301,330g 33匹 55Pts.
2525位 JII四042 12461,246g 33匹 55Pts.
2626位 40933 12441,244g 33匹 55Pts.
2727位 41653 12401,240g 33匹 55Pts.
2828位 JB旭川37 11031,103g 33匹 55Pts.
2929位 JB旭川68 11001,100g 22匹 55Pts.
3030位 JII四008 -161-161g 22匹 55Pts.

関連ページ

大会スナップ

 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大

ページ先頭 一つ前へ