JB日本バスプロ協会 NBC日本バスクラブ OFFICIAL SITE NBCNEWS

NBCチャプター愛媛第4戦エバーグリーン/バードCUP

NBCトーナメント情報2008

愛媛県 野村ダム

09月07日()

フィールド状況

天気 晴れ
微風
気温 28℃
水温 27℃
水位 80%
水質 クリア

釣果サマリー

参加者数 34人
検量人数/率 34人/100%
LM人数/率 33人/97.1%
バス総数 101匹
バス総重量 49,887g
1匹平均重量 493g

匹数内訳(リミット3)

3匹 bar33人/97.1%
2匹 bar1人/2.9%
1匹 0人/0.0%
0匹 0人/0.0%

重量内訳

2000g〜 bar5人/14.7%
1000g〜 bar24人/70.6%
1g〜 bar5人/14.7%
〜0g 0人/0.0%

NBCチャプター愛媛第4戦エバーグリーン/バードCUP

概要

今や四国を代表するリザーバーとなった野村ダム。まだまだサマーパターンが続く野村ダムでチャプター愛媛の最終戦が行われた。注目は,今年度,破竹の勢いでポイントトップの重谷選手がこのまま逃げ切るのか?高知勢が追撃するのか?前日プラの情報では,数は釣れるがサイズがのびないといういつもの野村ダムと特には変わらない情報が多い。さて,トーナメント当日,選手の大半が下流エリアにボートを進めるなかで,愛媛の越智選手は上流へボートを進めた。常光選手,重谷選手は下流エリアを中心にパターンを組んでいるようである。そのようは状況の中,優勝を飾ったのは越智選手,50アップを含む3本で2.9キロを出した。年間優勝は,今大会でも3位に入った重谷選手,終わってみれば優勝2回を含み,全戦お立ち台と圧勝であった。越智選手,重谷選手ともに愛媛のチームであるSTGに所属する。今大会そして年間をとおしてSTGの選手の活躍が目立った。

上位のフィッシングパターン

1位 越智武彦 選手 2,938g
先々週のプラでは3本で5キロを出していた。前日プラでは気にしていた上流エリアは濁りがきつかったが,その夕方には徐々に回復していることに気づいていた。当日は,朝一から上流に向かい,スワンプのネコリグで500,600,500gをすぐにキャッチした。決め手は最上流エリアでビッグバドを使用し,キッカーとなる50アップをキャッチし,第1戦に続く2勝目を飾った。


2位 西原克彦 選手 2,526g
本流の岩盤で550gをキャッチするも,後が続かず稲能川に移動する。井能川の左岸の水深1〜2mを1/32ozジグヘッドリグのフォーリングのみで700〜800gをキャッチした。


3位 重谷太郎 選手 2,525g
朝一,最下流のオイルフェンスでチビ×3本 下流のワンド奥に移動したが釣れない。しかし,そのワンドの岩盤で奇跡的にキロアップと遭遇した。そのバスをバーベルワームのネコリグで見事キャッチすることができた。


4位 野村直也 選手 2,202g
エンジンの調子が悪く,大会中はすべてエレキでの移動となった。会場よりやや下流でボイルに遭遇した。すぐにカットテールのダウンショットをキャストし,キッカーとなるキロアップをキャッチした。


5位 菊川裕也 選手 2,005g
井能川に入り,上流手前でチビ×3本をキャッチした。入れ替えにいろいろ回るが300g程度のバスしか釣れず,12:30になって岩盤状の岬で900gをキャッチした。その後,中流スロープ対岸でサイトで600gをキャッチした。

成績表

順位ゼッケン氏名重量ポイント
11位 41152 29382,938g 33匹 3030Pts.
22位 41822 25262,526g 33匹 2929Pts.
33位 41668 24252,425g 33匹 2828Pts.
44位 41342 22022,202g 33匹 2727Pts.
55位 41653 20052,005g 33匹 2626Pts.
66位 41722 19701,970g 33匹 2525Pts.
77位 JII四014 18701,870g 33匹 2424Pts.
88位 41493 16901,690g 33匹 2323Pts.
99位 JII四038 16751,675g 33匹 2222Pts.
1010位 41620 15821,582g 33匹 2121Pts.
1111位 41798 15501,550g 33匹 2020Pts.
1212位 JII四040 15351,535g 33匹 1919Pts.
1313位 41357 15201,520g 33匹 1818Pts.
1414位 41634 14991,499g 33匹 1717Pts.
1515位 41520 14971,497g 33匹 1616Pts.
1616位 41845 14171,417g 33匹 1515Pts.
1717位 JII四033 14161,416g 33匹 1414Pts.
1818位 41750 14091,409g 33匹 1313Pts.
1919位 42552 13111,311g 33匹 1212Pts.
2020位 JII四022 12801,280g 33匹 1111Pts.
2121位 JII四011 12551,255g 33匹 55Pts.
2222位 JII四037 12251,225g 33匹 55Pts.
2323位 JII四030 12151,215g 33匹 55Pts.
2424位 42469 11931,193g 33匹 55Pts.
2525位 JII四048 11621,162g 33匹 55Pts.
2626位 41813 10821,082g 33匹 55Pts.
2727位 JII四010 10541,054g 33匹 55Pts.
2828位 JII四049 10481,048g 33匹 55Pts.
2929位 42063 10001,000g 22匹 55Pts.
3030位 JII四016 980980g 33匹 55Pts.
3131位 41499 975975g 33匹 55Pts.
3232位 41627 948948g 33匹 55Pts.
3333位 41224 743743g 33匹 55Pts.
3434位 41469 690690g 33匹 55Pts.

関連ページ

大会スナップ

1位 越智武彦選手
1位 越智武彦選手 クリックで拡大
2位 西原克彦選手
2位 西原克彦選手 クリックで拡大
3位 重谷太郎選手
3位 重谷太郎選手 クリックで拡大
4位 野村直也選手
4位 野村直也選手 クリックで拡大
5位 菊川裕也選手
5位 菊川裕也選手 クリックで拡大
集合写真
集合写真 クリックで拡大

ページ先頭 一つ前へ