JB日本バスプロ協会 NBC日本バスクラブ OFFICIAL SITE NBCNEWS

浜名湖シーバスオープントーナメント第1戦

NBCトーナメント情報2006

浜名湖シーバスオープントーナメント
第1戦

静岡県 浜名湖

05月07日()

ds

フィールド状況

天気
気温
水温
水位
水質 濁り

釣果サマリー

参加者数 30人
検量人数/率 4人/13%
LM人数/率 0人/%
バス総数 5匹
バス総重量 5,446g
1匹平均重量 1,089g

匹数内訳(リミット3)

3匹 0人/0.0%
2匹 bar1人/3.3%
1匹 bar3人/10.0%
0匹 bar26人/86.7%

重量内訳

2000g〜 bar1人/3.3%
1000g〜 bar2人/6.7%
1g〜 bar1人/3.3%
〜0g bar26人/86.7%

概要

浜名湖シーバスオープントーナメント第1戦概要写真2006-05-07 00:00:00+09静岡県浜名湖  JB/NBC浜名湖シーバスオープントーナメントがついに開幕!昨年は1戦だった同大会であるが今年は年間3戦のシリーズ戦となりゴールデンウイーク最終日の5月7日、前回に引き続きしょっぱい男たち(?)がドシャ降りの雨の中浜名湖ボートクラブ・カナルに集結した。でも最年少は14歳の女子中学生!将来はバスプロ?!雨にも負けずがんばりました!
 今回の状況は、とにかく「釣れない」。誰に聞いてもこの一言だった。実際ボートクラブ・カナルのメンバーを中心に構成されているHSC(浜名湖シーバスコンファレンス)の連中をしても1本釣れるかどうかというタフコンディションであった。今年の浜名湖は春が遅く、沖合いの潮(遠州灘)の水温もなかなか上がらずに絶不調に陥っていたのである。また湖内の潮の濁りも原因不明で4月いっぱい例年にはない水の悪い状況が続いていた。しかしナイトゲームの情報では2月以降コンスタントに釣れているということだったのでシーバス自体は浜名湖内に存在していることだけは確かだった。
 プラクティスを行った選手からは予想通り「釣れない」のひとこと。そんな自分も前日と前々日、2日間完全ノーバイトを記録。正直トーナメントが成立するか心配であったが、晴天が続いたここ数日とは激変の天候となったドシャ降りの当日、この状況変化にすべてを賭けるカタチとなった。
 結果、大きくは釣果が伸びることはなかったものの4名がシーバスをウエイイン!優勝者と3位の方が同船者ということと、準優勝と4位(私)がとなり同士でキャスティングを繰り返していたことからこの2ヶ所でしかシーバスがキャッチできなかったというキビシイ結果となった。前者のパターンは長潮というタイドグラフが平らになるほどの緩いカレントを逆手に取り、見事にチャンスに変え結果を出した。朝イチの比較的カレントの発生している時間に、浜名湖で最も狭いであろう水路(もちろんカレントは非常に強い)に入り、見事なシーバスをキャッチした。何度か入りなおしたそうだが、やはり朝イチの時間帯しか反応はなかったという。エリアは競艇場の南西に位置する非常に狭い水路の流心のみ。そして私が釣ったエリアは東名高速道路の橋脚。イチニチ張り付いて2バイト1フィッシュ。準優勝の方はこの日唯一の2本でウエイイン。
 と、このように非常にキビシイトーナメントとなったが、浜名湖独特のエリアを読むチカラがとても重要になっていると思う。ベイエリアとはまったく違ったバスフィッシングの要素を強く持っている浜名湖のシーバストーナメント。今後もどのような展開があるのかとても楽しみである。次回第2戦は7月2日。当日受付も可能なのでみなさんもぜひシーバスのトーナメントに挑戦してみてください!

レポート 小野田賢一選手

順位ゼッケン氏名重量ポイント
1位-村松秋典2,028g1匹Pts.
2位-成瀬文康1,452g2匹Pts.
3位-三浦敦史1,348g1匹Pts.
4位-小野田賢一618g1匹Pts.

関連ページ

大会スナップ

前日プラの様子。2日間ノーバイトの小野田選手「厳しい〜〜」
前日プラの様子。2日間ノーバイトの小野田選手「厳しい〜〜」 クリックで拡大
当日の朝。
当日の朝。 クリックで拡大
雨の中30名が参加。
雨の中30名が参加。 クリックで拡大
スタート
スタート クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
 クリックで拡大
今大会もっとも魚影が濃かった橋脚。
今大会もっとも魚影が濃かった橋脚。 クリックで拡大
こんなに釣れない状況だが、この橋脚だけで数回のヒットシーンを目撃!
こんなに釣れない状況だが、この橋脚だけで数回のヒットシーンを目撃! クリックで拡大
プラで2日間ノーバイトだけど釣りビジョンのカメラ艇が来た直後ヒットの小野田選手。
プラで2日間ノーバイトだけど釣りビジョンのカメラ艇が来た直後ヒットの小野田選手。 クリックで拡大
なぜかカメラを構えると周りに釣れる。
なぜかカメラを構えると周りに釣れる。 クリックで拡大
 クリックで拡大
神谷選手。異常なし。
神谷選手。異常なし。 クリックで拡大
 クリックで拡大
帰着
帰着 クリックで拡大
 クリックで拡大
本番に強い!小野田選手618g
本番に強い!小野田選手618g クリックで拡大
唯一の2本検量、成瀬文康選手1452g
唯一の2本検量、成瀬文康選手1452g クリックで拡大
優勝は村松秋典選手で2028g
優勝は村松秋典選手で2028g クリックで拡大
三浦敦史選手は1348g
三浦敦史選手は1348g クリックで拡大
TOP5ならぬTOPフォ〜
TOP5ならぬTOPフォ〜 クリックで拡大

ページ先頭 一つ前へ