JB日本バスプロ協会 NBC日本バスクラブ OFFICIAL SITE NBCNEWS

NBCチャプター愛媛第4戦TKマリーナ&タックルベリーCUP

NBCトーナメント情報2006

NBCチャプター愛媛
第4戦
TKマリーナ&タックルベリーCUP

高知県 早明浦ダム

08月06日()

ds

フィールド状況

天気 晴れ
微風
気温 36℃
水温 28℃
水位 97%
水質 マッディ

釣果サマリー

参加者数 44人
検量人数/率 44人/100%
LM人数/率 44人/100.0%
バス総数 132匹
バス総重量 72,172g
1匹平均重量 546g

匹数内訳(リミット3)

3匹 bar44人/100.0%
2匹 0人/0.0%
1匹 0人/0.0%
0匹 0人/0.0%

重量内訳

2000g〜 bar10人/22.7%
1000g〜 bar33人/75.0%
1g〜 bar1人/2.3%
〜0g 0人/0.0%

概要

四国を代表するリザーバー ここ数年,早明浦ダムは渇水または豪雨により水位の変動が激しい。ただ,今シ-ズンの早明浦ダムは安定した降水量に恵まれ,本来の早明浦ダムの様子をとりもどしている。バスのコンディションもよく,50アップが多くキャッチされている。ビッグバスの期待できるコンディションである。3週間前の状況と比べると,各インレットからの流入量は少なく,水位,水質は変化がない。人気エリアは,この時期定番の吉野川上流であった。また,大会前日には地元の祭りである「やまびこカーニバル」が開催され,プラクティスを行った選手のほとんどが盛り上がっていた。その余韻が残る中,第4戦が開催された。優勝した窪田選手は,白滝ワンドでキッカーとなる1,830gをキャッチし,今大会を制した。前大会の優勝者も白滝ワンドでビッグバスをキャッチしており,白滝ワンドのビッグバスの多さが伺える。2位は実力者の越智選手,3位は今シーズン絶好調の大石選手が入賞した。また,今回が最終戦ということで,年間成績も決定した。年間1位は今大会も3位に入賞した大石選手,獲得ポイントで2位以下を大きくはなした。2位は前年度も2位で,今大会も2位に入賞した越智選手,3位は安定した実力をつけている牧野選手がはいった。

上位のフィッシングパターン

第1位 窪田 卓郎 選手
前日プラクティスは行わず,当日は前大会でよかった白滝ワンドにはいった。白滝ワンドでブッシュの上にベイトが多くいるポイントがあり,そのポイントでファットフラットのインチワッキーをカーブフォール気味に使用し,今大会のビッグフィッシュとなる1,830gをキャッチした。チームのリーダーである越智選手を見事押さえての嬉しい優勝となった。

第2位 越智 武彦 選手
朝一から今大会の人気No.1エリアである吉野川上流に入る。バックウォーターよりやや下流を中心に攻略し,1/16ozラバージグでキロフィッシュをサイトでキャッチ,ゴミたまりの中でバスの影を見つけ,そのバスをスーパーホッグのテキサスリグでキャッチした。1日すべての時間を上流エリアのビッグバス攻略に費やした。

第3位 大石 道明 選手
前日プラクティスではバックウォーターに多くのビッグバスを見つけた。また,大川村役場対岸のエリアに50アップを数匹確認し,当日バックウォーターに入れない事も考慮し,大会に備えた。当日はスタート順が悪く,バックウォーターをあきらめた。下流の得意のインレットでリミットメイクし中流のインレットで800gをキャッチした。日が昇り暑くなってから,大川村役場対岸に入り,ジャバロン110のキャロを使用し,950g,800gをキャッチしスコアをまとめた。

第4位 赤松 美陽 プロ
前日プラクティスは行わず,当日は朝一番から吉野川上流に向かった。リミットメイクはすぐにできた。ビッグバスをサイトで狙うがなかなか釣れず,ブッシュに入っていったキロフィッシュを6インチセンコーのノーシンカーリグでキャッチした。その後,同サイズがブッシュに入っていき,同リグで攻めるが,ミスをしてしまった。しかし,最初にキャッチしたビッグフィッシュがキッカーとなり,高ウエイトとなった。

第5位 牧野 陽平 プロ
朝一,中流で600gをキャッチした。その後,意外にも人気の低かった瀬戸川に入る。濁りがはいっているエリアで,シリコンスカートで改造したクリープフライを水面にステイさせておき,バスを下から浮き上がってバイトに持ち込んだ。上流エリアは人が多かったため,下川ワンドに入り,そのエリアにあるレイダウンでキロフィッシュ2本を確認した。そのうち1本を見事キャッチすることに成功した。

順位ゼッケン氏名重量ポイント
1位38211窪田卓郎2,901g3匹30Pts.
2位38093越智武彦2,727g3匹29Pts.
3位37920大石道明2,607g3匹28Pts.
4位JII四013赤松美陽2,445g3匹27Pts.
5位JII四033牧野陽平2,366g3匹26Pts.
6位38225植田誠寛2,320g3匹25Pts.
7位JII四018山本高士2,308g3匹24Pts.
8位38241上田裕介2,260g3匹23Pts.
9位JII四012坂本篤則2,010g3匹22Pts.
10位JII四016藤本和昌2,000g3匹21Pts.
11位37266宮崎充司1,980g3匹20Pts.
12位38297原弘1,959g3匹19Pts.
13位MW114井原浩二1,852g3匹18Pts.
14位37603松本健吾1,843g3匹17Pts.
15位37900濱井厚廣1,773g3匹16Pts.
16位38323岡田智哉1,661g3匹15Pts.
17位JII四040竹内保人1,651g3匹14Pts.
18位37763大岩等1,628g3匹13Pts.
19位38794山田敬士1,613g3匹12Pts.
20位37323常光健1,603g3匹11Pts.
21位MW039星達郎1,536g3匹5Pts.
22位JII四037亀井剛志1,520g3匹5Pts.
23位申請中井元貴規1,479g3匹5Pts.
24位JII四041金子博文1,453g3匹5Pts.
25位37376重谷太郎1,411g3匹5Pts.
26位38125竹田英治1,409g3匹5Pts.
27位JII四025朝比奈寛文1,384g3匹5Pts.
28位37312瀬野正樹1,382g3匹5Pts.
29位JII四008門田貴嗣1,344g3匹5Pts.
30位37915神野さおり1,329g3匹5Pts.
31位37050岡本篤典1,314g3匹5Pts.
32位MW006横山修史1,309g3匹5Pts.
33位37602松本功1,252g3匹5Pts.
34位37809寺田直人1,220g3匹5Pts.
35位JII四038小川修司1,211g3匹5Pts.
36位38725窪田修平1,208g3匹5Pts.
37位38401真木新1,207g3匹5Pts.
38位JII四021横山具倫1,207g3匹5Pts.
39位37698弘田大輔1,186g3匹5Pts.
40位38148尾崎広司1,145g3匹5Pts.
41位38586浜田則夫1,081g3匹5Pts.
42位38339長谷川和博1,078g3匹5Pts.
43位TOP30本堂靖尚1,029g3匹5Pts.
44位37501千葉潤一971g3匹5Pts.

関連ページ

大会スナップ

優勝 窪田卓郎選手
優勝 窪田卓郎選手 クリックで拡大
2位 越智武彦選手
2位 越智武彦選手 クリックで拡大
3位 大石道明選手
3位 大石道明選手 クリックで拡大
4位 赤松美陽選手
4位 赤松美陽選手 クリックで拡大
5位 牧野陽平選手
5位 牧野陽平選手 クリックで拡大
集合写真
集合写真 クリックで拡大

ページ先頭 一つ前へ