JB日本バスプロ協会 NBC日本バスクラブ OFFICIAL SITE NBCNEWS

NBCチャプター徳島第2戦アルティメイトワールドR11号店CUP

NBCトーナメント情報2006

NBCチャプター徳島
第2戦
アルティメイトワールドR11号店CUP

徳島県 旧吉野川

04月09日()

ds

フィールド状況

天気 晴れ
西の風ときどき強く
気温 10〜16℃
水温 13.5〜14.5℃
水位 +0.3→+0.2m
水質 ややクリアー

釣果サマリー

参加者数 53人
検量人数/率 28人/52%
LM人数/率 4人/7.5%
バス総数 40匹
バス総重量 39,245g
1匹平均重量 981g

匹数内訳(リミット3)

3匹 bar4人/7.5%
2匹 bar4人/7.5%
1匹 bar20人/37.7%
0匹 bar25人/47.2%

重量内訳

4000g〜 bar2人/3.8%
3000g〜 0人/0.0%
2000g〜 bar3人/5.7%
1000g〜 bar13人/24.5%
1g〜 bar10人/18.9%
〜0g bar25人/47.2%

概要

満開の桜を黄砂のヴェールが隠し、新緑や水面の緑も淡い情景につつまれた春の日となった。気温・水温ともに上昇してきたとはいえ、三日と同じ天気が続かない春は、遠く早明浦ダムを水源とする吉野川から流入してくる水にいくぶん冬の名残りがあるのだろうか?特に今年の旧吉野川はシーズナルパターンを少し遅らせていかないとバスに巡り合う確率は格段に低くなる状況のようだ。早々にスポーニングを終えた個体もいるようだが体力の回復がまだできておらず、かといってスポーニングエリアを単純に攻めていただけでは釣れない。そんななか、バスの活性が高い今切川エリアにいち早く気付いた選手たちの多くが検量所にバスを持ち込むことになった。特にプリの良型がコンタクトしてくるスポットを見極め、食わせの釣りでハイウェイトをマークした2選手の一騎打ちという様相を見せた。早春の釣りを最も得意とし第1戦で優勝を飾った強豪の阿部選手を僅差で破ったのは「旧吉野川星人」の称号を持つ地元の雄、岡澤選手。もう一本に泣いた平井選手もとびきりの良型をアジャストして3位に名を連ねたのは、さすがベテランの底力というところか。半数近くがノーフィッシュという相変わらず厳しいコンディションだが、次戦はキューヨシの本領が発揮される6月後半に開催される。逃げきれるか阿部選手?勢いに乗るか旧吉野川星人?そしてフィールドを知りつくしたベテラン選手は?虎視眈々と狙う若手選手は?益々ヒートアップするチャプター徳島は白熱の後半戦へと続く・・・

上位のフィッシングパターン

優勝:岡澤正樹、4095g
コメント:プラで確信を持った今切川下流で勝負をかけました。しかし前日によかったクランクに全く反応しなくなっていたためスワンプクローラー(ピュアブルー)の1/16根こリグにチェンジ、変化しているテトラやリップラップの角といったピンスポットを狙ってシェイクを基本としたアクションで食わせました。メガバスヘッジホッグF4-st61xsにサンラインFCスナイパー5lbを使用。スポンサーのサンライン様、いつも心良く送り出してくれる嫁さんに感謝します。

準優勝:阿部大吾、4025g
コメント:得意の早春パターンが通用する時期の2戦目はラッキーでした。自分を信じて北島応神大橋下流アシ島のブレイクやその対岸にある水門まわりのテトラ沖2.5mレンジに照準を絞って攻めました。ヒットルアーはスワンプクローラー(スカッパノン)の1/16ジグヘッドワッキーリグ。今回は2位というポジションの悔しさより、自分のスタイルで4kgを超えるウェイトが出せたことが嬉しかった。目標である年間優勝を目指して頑張ります!

3位:平井清博、2795g
コメント:2本のウェイインですが、中流域長岸の護岸と今切川下流のリップラップで狙っていた魚を仕留めることができました。フェンウィックGWT-61SLにサンラインFCスナイパー4lbを使用。1/16ozでは取りにくいボトムをケイテック3/32ジグ+3inミートヘッドに替え、前戦時に開発したHGシェイクで攻めました。一匹に泣かされる今シーズンですが、次戦以降頑張りたいと思います。

4位:門田貴嗣、2130g
コメント:上位の方々と同じく、やはり今切川に入りました。北島応神大橋の下流アウトサイドにあるリップラップ沖3mレンジでスワンプクローラー(スカッパノン)の根こ3/32リグで食わせ、リミットメイクを成し遂げました。使用タックルはデュエル・トランスリアライズ、シマノ・ツインパワーMg。

5位:長谷川和博、2000g
コメント:今切川中程のテトラでは4inグラブのダウンショット、応神大橋テトラの上流側切れ目ではジャンボグラブの7inテキサスで仕留めました。使用ラインはFCスナイパー4lbと12lb。いつも私に話しかけてくれる皆様に感謝です!!

順位ゼッケン氏名重量ポイント
1位J四05岡澤正樹4,095g3匹30Pts.
2位J四34阿部大吾4,025g3匹29Pts.
3位マW115平井清博2,795g2匹28Pts.
4位J四08門田貴嗣2,130g3匹27Pts.
5位36514長谷川和博2,000g2匹26Pts.
6位J四37亀井剛志1,830g2匹25Pts.
7位37234川田賢治1,615g1匹24Pts.
8位J旭033合田忠以1,610g1匹23Pts.
9位37736水田亮1,540g1匹22Pts.
10位J四11多田通治1,500g3匹21Pts.
11位マW006横山修史1,455g2匹20Pts.
12位37159谷口雅信1,420g1匹19Pts.
13位36902大道真之1,175g1匹18Pts.
14位37081三好教仁1,150g1匹17Pts.
15位J四01渡辺康司1,130g1匹16Pts.
16位37346筒井浩幸1,120g1匹15Pts.
17位36943森本晃徳1,075g1匹14Pts.
18位37446松家司1,070g1匹13Pts.
19位37306尾鼻孝夫985g1匹12Pts.
20位J四22田渕秀明930g1匹11Pts.
21位J四04磯崎将司810g1匹5Pts.
22位37077岡信晃805g1匹5Pts.
23位36972上村利弘730g1匹5Pts.
24位36991児島弘幸645g1匹5Pts.
25位マW113坂本洋司570g1匹5Pts.
26位37853須東俊光460g1匹5Pts.
27位37737多田学315g1匹5Pts.
28位J四16藤本和昌260g1匹5Pts.
29位36690中村大介0g0匹5Pts.
30位36953竹谷勝博0g0匹5Pts.
31位37050岡本篤典0g0匹5Pts.
32位37312瀬野正樹0g0匹5Pts.
33位37471横手淳路0g0匹5Pts.
34位37504都築精朗0g0匹5Pts.
35位37573竹内範隆0g0匹5Pts.
36位37595鈴木博之0g0匹5Pts.
37位37602松本功0g0匹5Pts.
38位37611楠瀬貴司0g0匹5Pts.
39位37693田渕俊郎0g0匹5Pts.
40位37698弘田大輔0g0匹5Pts.
41位37763大岩等0g0匹5Pts.
42位37774斉藤雅史0g0匹5Pts.
43位37805宮田和雄0g0匹5Pts.
44位37914神野龍介0g0匹5Pts.
45位J旭113馬淵利治0g0匹5Pts.
46位J四07村橋基礎0g0匹5Pts.
47位J四13赤松美陽0g0匹5Pts.
48位J四26大東和弘0g0匹5Pts.
49位J四33牧野陽平0g0匹5Pts.
50位J四36河村大二朗0g0匹5Pts.
51位J四42竹内保人0g0匹5Pts.
52位マW101大平真人0g0匹5Pts.
53位マW114井原浩二0g0匹5Pts.

関連ページ

大会スナップ

アルティメイトワールドR11田渕店長の挨拶
アルティメイトワールドR11田渕店長の挨拶 クリックで拡大
優勝:「旧吉野川星人」岡澤選手
優勝:「旧吉野川星人」岡澤選手 クリックで拡大
準優勝:年間チャンプを目指す阿部選手
準優勝:年間チャンプを目指す阿部選手 クリックで拡大
第3位:不屈のベテラン平井選手
第3位:不屈のベテラン平井選手 クリックで拡大
表彰台の皆さん
表彰台の皆さん クリックで拡大

ページ先頭 一つ前へ