JB日本バスプロ協会 NBC日本バスクラブ OFFICIAL SITE NBCNEWS $full_name

第4戦
NBCチャプタートーナメント2005

NBCチャプター山形
第4戦
エバーグリーンCUP

06月26日()

山形県 (蛭沢湖)

エコタックルルール適用大会
フィールド状況
釣果サマリー
参加者数 30人
検量数/率 22人/73%
LM数/率 9人/30.0%
バス総数 45匹
バス総重量 9,178g
1匹平均重 203g
匹数内訳(リミット3)
3匹 bar9人/30.0%
2匹 bar5人/16.7%
1匹 bar8人/26.7%
0匹 bar8人/26.7%
重量内訳
1g〜 bar22人/73.3%
〜0g bar8人/26.7%

概要

第3戦目の大会よりさらに減水していて上流エリアもせまくなり、エリアが限定されてくることが予想されていた。
天気が良い日が続いていたこともあり、プラに入った人の話を聞くと軽く2桁は釣れているようだったが、当日魚の食いが悪く、ウエイトがあまり伸びなかった。それでも上位陣は魚を確実に釣ってきていた。
エリアは道路側と上流が良かったようで、入賞者はほぼこの場所で釣っていた。
蛭沢湖は、山形県で唯一ボートで(エレキのみだが)釣りができる貴重なフィールドなので、トーナメントが末永くできるよう、このフィールドを大切にしていきましょう。


上位のフィッシングパターン

1位:和泉 亘 選手
朝一に道路側のエリアの小ワンドの手前で1本取り、移動して上流に向かい山側の岩盤エリアで釣りを始め、2本釣ることができた。今回はすべて1/20OZのジグヘッドに河口ホッグをセットしたリグを使用し、フォールさせてワンアクションさせるという釣り方で通し優勝することができた。

2位:加藤 正視 選手
フライト後、道路側のエリアの小ワンドの中で釣りを開始し、ライトラバージグをスイミングさせてみるが、特に白色っぽいラバーに反応が良いことがわかり、そのまま釣り続け同じエリアで3本釣ることができた

3位:後藤 美征 選手
スタート後、道路側のエリアに入る。このエリアには大小多くの岩が沈んでいる。そこにライトラバージグ(1/32OZ)をキャストし、岩にコンタクトさせ、引っ掛けてはずすハングオフで3本釣りウエイインすることができた。

4位:三澤 秀明 選手
上流へ行く途中の左側の最終マーカーブイを通過し、山側のエリアに入る。グラブをノーシンカーでフックにちょん掛けして岸に落とし引いてきてフォールさせると食ってくるので、同じ釣りで通して3本キャッチし釣りを終えた。

5位:藪田 和幸 選手
上流へ向かう途中、右側の最終マーカーブイを通過後、流れ込み跡に入る。サターンワームでバスの後ろにキャストしてリトリーブ。バスに気付かせて追わせて食わせる方法で2本釣り、上流へ移動後続けて1本釣り大会を終えた。

成績表

順位ゼッケン氏名重量ポイント
1位35210和泉亘905g3匹40Pts.
2位36055加藤正視724g3匹39Pts.
3位34734後藤美征720g3匹38Pts.
4位36150三澤秀明629g3匹37Pts.
5位36193薮田和幸603g3匹36Pts.
6位35019和泉敦597g3匹35Pts.
7位EH146吉岡悠太548g3匹34Pts.
8位M19鈴木隆之510g1匹33Pts.
9位EH155大宮圭司442g1匹32Pts.
10位34313真島龍一436g3匹31Pts.
11位35601斉藤順426g2匹30Pts.
12位36505佐藤仁志373g1匹29Pts.
13位36190海和岳彦335g1匹28Pts.
14位M313深谷哲也329g3匹27Pts.
15位35293武田淳一296g2匹26Pts.
16位EH55鈴木国博280g2匹25Pts.
17位36035滝口和博209g2匹24Pts.
18位36167太田幸宏207g2匹23Pts.
19位36112伊藤貴士204g1匹22Pts.
20位36033八巻輝之197g1匹21Pts.
21位36127羽角幸太郎106g1匹20Pts.


22位34447阿部浩治102g1匹19Pts.
23位申請中遠藤武寿0g0匹5Pts.
24位M15高梨憲一0g0匹5Pts.
25位EH91多田英司0g0匹5Pts.
26位EH76山川辰也0g0匹5Pts.
27位EH164吉田博史0g0匹5Pts.
28位36218木村敏浩0g0匹5Pts.
29位35021宇野真人0g0匹5Pts.
30位34721吉田道春0g0匹5Pts.

関連ページ





ページ先頭 一つ前へ Tweet