JB日本バスプロ協会 NBC日本バスクラブ OFFICIAL SITE NBCNEWS $full_name

第1戦
年間ポイントランキング
NBCチャプタートーナメント2005

NBCチャプター徳島
第1戦
サンラインCUP

03月06日()

徳島県 (旧吉野川・今切川)

エコタックルルール適用大会
フィールド状況
天気 曇り
西の強風
気温 5〜10 ℃
水温 7.5〜8.5 ℃
水位 干満(+35cm〜-45cm)
水質 ややクリアー
釣果サマリー
参加者数 54人
検量数/率 24人/44%
LM数/率 3人/5.6%
バス総数 36匹
バス総重量 34,045g
1匹平均重 945g
匹数内訳(リミット3)
3匹 bar3人/5.6%
2匹 bar6人/11.1%
1匹 bar15人/27.8%
0匹 bar30人/55.6%
重量内訳
2000g〜 bar6人/11.1%
1000g〜 bar10人/18.5%
1g〜 bar8人/14.8%
〜0g bar30人/55.6%

概要

2005シーズンの開幕は3月とは思えない寒さのなか開催されることになった。数日前よりこの冬一番と呼ばれる寒波が到来して山間部では積雪が観測されるほど、その影響で吉野川から流入してくる冷たい水が水中の活性を著しく低下させていた。前日プラ時点からの一日で下がった水温は1度、しかしそれはあくまで表層水温であり実際は一気に釣れなくなるコンディションだというのは、参加してくる地元選手の誰もが覚悟していたことだろう。案の定、半数がノーフィッシュという厳しいコンディションでも、大多数のバスが潜ってじっとしてしまう状況においてスポーニングを意識してシャローへ上がってくるごく僅かの個体を果敢に狙っていった選手が上位に名を連ねることになった。


上位のフィッシングパターン

優勝:横山修史、2980g
コメント:シーズンインを前に釣行できる日は毎日のようにプリプラを行ないました。その状況を鑑みて、自分なりに釣れると思われるスポットを絞り込んでいきました。今切川では下流の古川水門の前後に存在するこぼれゴロタを7gのテキサスリグで、使用したのはバーベルワーム。ゴロタに当ててしばらく放っておくメソッドですが、自分自身せっかちなので「ぽけ〜っ」としておく事に気を遣いました。馬詰エリアではエコアライブシャッドのジグヘッドを使用してリミットを揃え、昨年の初戦に続いて今年の開幕戦も優勝することができました。
準優勝:平井清博、2895g
コメント:シーズナルパターンを貫き、この時期ファーストコンタクトするポイントに重点を置いての釣りを展開しました。バスをキャッチしたのは今切川と長岸橋上流護岸の2〜3mレンジ、ケイテック3/32ozジグヘッドを使用しました。サンライン・スーパーFCスナイパー4lbにリーダーをとり、セットしたルアーは3inエコミート(グリパン)でした。互いのエリアで一本づつ、キロアップと1700gフィッシュをキャッチできましたが、あと一本・・・できれば表彰台の真ん中に立ちたかったです。
3位:冨田和成、2860g
コメント:冬場でも毎週プリプラに通っていたためフィールド状況の変化は大筋ながら熟知できていました。そのなかで今回選択したのは丸須団地対岸のリップラップ。「水流」と言えば簡単すが、このフィールド独特の様々な要因を含めた「水流」を考慮しての判断です。シャッドやハンハンで1.5〜2.0mレンジをスイミングさせ、バスを反応させていきました。しかしそれにしても、寒い!一日やったね。
4位:本堂靖尚、2685g
コメント:80ハリヤー+Zの組み合わせで撃っていきました。日が高くなって攻めを切り替え、馬詰テトラで一本。同じく馬詰エリアながらインサイドのカバーからは2キロアップのビッグフィッシュをキャッチするものの、早い時間にネットイン間際で逃したキロアップが悔やまれる。「まだまだ詰めが甘い!」を実感した一戦になりました。
5位:森北知宏、2330g
コメント:通称「鯉釣り」と呼ばれるエリアにのびるリップラップの3〜4mレンジを狙っていきました。エコスワンプクローラーを1/16ジグヘッドにワッキー掛けして、ボトムを取ってからのシェイクです。バスフィッシングがいつまでも楽しめるようマナーを守りましょう!

成績表

順位ゼッケン氏名重量ポイント
1位マ289横山修史2,980g3匹30Pts.
2位J四13平井清博2,895g2匹29Pts.
3位J四4冨田和成2,860g3匹28Pts.
4位マ36本堂靖尚2,685g2匹27Pts.
5位J生24森北知宏2,330g2匹26Pts.
6位J四8赤松美陽2,030g2匹25Pts.
7位34763岡本篤典1,810g2匹24Pts.
8位J四9渡辺康司1,630g3匹23Pts.
9位J四3坂本洋司1,450g2匹22Pts.
10位35060尾鼻孝夫1,360g1匹21Pts.
11位松本功1,290g1匹20Pts.
12位J四14多田通治1,285g1匹19Pts.
13位J四31豊嶋明久1,090g1匹18Pts.
14位35160菅大二朗1,080g1匹17Pts.
15位J四34磯崎将司1,030g1匹16Pts.
16位斉藤雅史1,030g1匹15Pts.
17位J四11井原浩二905g1匹14Pts.
18位J四30藤本和昌835g1匹13Pts.
19位越智武彦800g1匹12Pts.
20位34955福永二郎770g1匹11Pts.
21位34023岡田力也740g1匹5Pts.


22位34837松家司735g1匹5Pts.
23位35481神野龍介660g1匹5Pts.
24位34634児島弘幸565g1匹5Pts.
25位34006高谷壮一0g0匹5Pts.
26位34216馬淵利治0g0匹5Pts.
27位34335石田雅之0g0匹5Pts.
28位34650喜多輝明0g0匹5Pts.
29位34884阿部大吾0g0匹5Pts.
30位35083瀬野正樹0g0匹5Pts.
31位35150川田賢治0g0匹5Pts.
32位35200谷口雅信0g0匹5Pts.
33位35226瀬田晃司0g0匹5Pts.
34位35252松本宏0g0匹5Pts.
35位35352岩野剛寛0g0匹5Pts.
36位35488亀井剛志0g0匹5Pts.
37位J旭92合田忠以0g0匹5Pts.
38位J四1江崎浩司0g0匹5Pts.
39位J四12岡澤正樹0g0匹5Pts.
40位J四17大岩等0g0匹5Pts.
41位J四27門田貴嗣0g0匹5Pts.
42位J四35藤本勝司0g0匹5Pts.


43位マ144北崎友康0g0匹5Pts.
44位マ209村橋基礎0g0匹5Pts.
45位井上伸志0g0匹5Pts.
46位中内貴司0g0匹5Pts.
47位宮田和雄0g0匹5Pts.
48位横手淳路0g0匹5Pts.
49位32893田渕俊郎-200g0匹5Pts.
50位35332弘田大輔-200g0匹5Pts.
51位33952竹内保人-400g0匹5Pts.
---35339松本健吾0g0匹0Pts.
---金子博文0g0匹0Pts.
---寺田直人0g0匹0Pts.

関連ページ



大会スナップ

トップ5
トップ5
集合写真
集合写真


ページ先頭 一つ前へ Tweet