Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ

NBCソルトウォーター

ソルトチャプター大阪 特別戦

2010年04月18日() 和歌山県 串本周辺

対象魚:アオリイカ

概況

NBCソルトチャプター大阪2010年第3回チャンピオン決定戦が出雲崎の沖磯で4月18日(日)に開催された。
激戦を勝ち抜き出場権を獲得した上位35名が最強チャンプを目指して午前4時前、出雲崎漁港に集合した。
4月に入って寒の戻りで昨年よりも3〜5℃寒い早朝に受付が始まると自然と選手のテンションも急カーブで上昇、渡礁の順番を決めるくじ引きが始まる。
1番コールが起こる!(例年ならば1番がちっちゃい一人磯の丸島からスタートする出雲崎大島湾内、15番から後半が沖磯と分かれる為、どちらかと言うと後半を希望する選手が多い)結果、1番を引いたのは番外参加の荒木選手!夜明けとともに少しでも早く釣りができる様にと小川渡船様のご配慮で渡船2隻に分かれて出雲港を出船。出雲崎東磯から順次、渡礁開始!今年は1番が灘の赤島からスタートする事に覚悟を決めた荒木選手はラッキー!ということに。
●出雲崎東側エリア
々嗅收軌選手(番外編出場)∋嚇追厦坐手(年間ランキング9位)
新立清隆選手(年間ランキング30位)て鷆森整豼手(年間ランキング3位)
ヅ鯏津仭手(年間ランキング19位)ε亙嫖也選手(年間ランキング30位)
中井俊之選手(年間ランキング23位)╋眞達樹選手(シード)小松良一選手(年間ランキング30位)
中平有哉選手(年間ランキング34位)隅田利明選手(年間ランキング16位)
岡崎覚登志選手(年間ランキング14位)弓削和夫選手(年間ランキング4位&シード)
渡礁していった。
(※私が沖磯の渡船に乗ったため磯名等詳細不明で失礼します)
●出雲崎西側エリア
“丈・・・・・・・・・・宮島央選手(番外編出場)、松原清介選手(年間ランキング1位)
黒島・・・・・・・・・・粂井雄一選手(年間ランキング28位)、小西一紀選手(年間ランキング10位)
9島奥・・・・・・・・浮本貴徳選手(年間ランキング7位)
て麒妥臙蓮ΑΑΑΑΑ松岡弘和選手(年間ランキング22位)
テ麒妥膕・・・・・・橋井峯雄選手(番外編出場)
β臈隋頁鮑蠹譟法Αμ攷皇昭選手(年間ランキング9位)、辻本直博選手(年間ランキング18位)
大島(白崎西)・・山本晴義選手(シード)、上元英樹選手(年間ランキング12位)
┘璽鵐汽・・・・・・・仙波勝也選手(年間ランキング2位)、上杉貴人選手(シード)
カンゴメ裏・・・・・前田敏夫選手(年間ランキング21位)
カンゴメ・・・・・・・舟田智哉選手(年間ランキング5位)、内芝励選手(年間ランキング6位)
シオフキ裏・・・・遠藤一朗選手(年間ランキング24位)、尾崎元則選手(年間ランキング17位)
シオフキ奥・・・・倉橋守選手(年間ランキング27位)、長山祐巳子選手(番外編出場)
ウノクソ地・・・・・星川束選手(番外編出場)
ウノクソ奥・・・・・清岡総司選手(年間ランキング17位)
にそれぞれが渡礁した。

串本の近況は黒潮の離岸、4月に入っての14年ぶりの寒さ等で水温が安定せずに最悪の状況といえる。おまけに雨による水潮&濁り潮とフィールドコンディションは超最悪。延期も検討されたのだが、日程等の問題で、選手の実力と少しでも状況が変わることを期待して強行したのだ。
9時前の弁当船で磯変わり&状況確認をすると東側エリアで湯田選手が2匹釣っている(東側エリアは潮の色が悪く、海況そのものは西側エリアが良いのだが?)ことで一気に東側エリアに変わる選手が続出した。1〜3回の磯変わりを完了。やはり、東エリアが釣れており、コレバイ磯で二郷選手が1匹をゲット!双子の子で二人の選手が釣っているとか以前、東側エリアが好調の模様。それでも全体を考えると絶不調で推移していることに何ら変わりがない(運営サイドを悩ませた!)
しかし、選手諸君の日頃の行いが良いのかどうかは定かではないが突如!良い潮が!・・・・・・。12時を回り、海況に変化が表われた西側エリアで17℃の水温が18℃に上昇、良い潮が当たりだしたとの情報、それを証明する様に武八(出雲の代表磯のひとつ)やシオフキ裏、長バエ等で続々と釣果が報告された。
3時磯上がりに迎えに行くと、釣れて明るい表情の選手、釣れずに昼寝をしていた選手など様々な表情で35名の選手が無事に帰港完了。
いよいよ検量が始まった!
2009年NBCソルトチャプターアングラーオブザイヤーの弓削和夫選手は無念のゼロ申告!
2010年アングラーオブザイヤーの松原清介選手は青モノのバラシでゼロ申告!
2010年シリーズで安定した成績を残し2位の仙波勝也選手も無念のゼロ申告!
2010年シリーズ樫野崎地磯で大ブレークの小西一紀選手も残念ながらゼロ申告!
など19名の選手がゼロ申告に終わる。
1番ウエインは前田敏夫選手が640g!後半に双子の子に変わり西向きで2匹をゲット。続いて浮本貴徳選手(奥さんや子どもさんの応援団付き)が登場!実績のある黒島奥で460gをウエイン。次は新立清隆選手だがあまりにも可愛いサイズにニンマリしながら170g。前田選手と同じく双子の子で270gをウエイン、ここで大歓声とともに登場したのが湯田登選手!2匹持っている。あまりにも大きさが違うので大きい方の1匹を検量すると1,990g(本日のビッグアオリだー!)2匹2,150gで暫定1位に・・・・・・。
しかし、すぐに登場したのが遠藤一朗選手手に持っているナイロン袋には明かにナイスサイズが2匹入っている!全選手注目の中、検量すると2,660g!(本日のナンバーワンウエイト!)続いての検量はブログのコソコソちゅうべいでおなじみの中平有哉選手一発逆転を狙ったが1,010g。出雲崎の代表磯のひとつ武八で潮が動きだしたときにゲットした1,670gをウエインしたシャクレイジーの内芝励選手は一歩及ばず。
地元新宮でチーム墨嵐の二郷浩一選手は東側エリアのコレバイ磯で金谷達樹選手と一緒に渡礁し、取材のジャマをして1,800gをウエインするも及ばず。松岡弘和選手は黒島の地方にある二並島の地で1,180gをウエイン。
ラスト近くに3匹を持つ小松良一選手がニッコリしながら検量!これは遠藤選手越えがあるのか!注目の中、検量計りの数字がとまる2,550g!110gの差で2位が決定した。チャンピオン決定戦では意外と釣る橋井選手は巻崎磯で760gをゲットし、番外編の優勝が確定!同じく番外で宮島央選手は570g、荒木正員選手は430gと番外で出場した選手の健闘がひかりました。

優勝の遠藤選手をはじめ上位選手の表彰、年間チャンプ松原選手の表彰。抽選会ではダイワリールが長山選手に、キリンビールが尾崎選手に当たりました。
好天の春!沖磯に渡船で渡ってのエギングトーナメントも今年で3年目、運と腕、潮を見る力、状況にあったエギをチョイスし、アオリイカに勝負をするエギンガーの実力!いずれをとっても年間ポイントランキング30位の強豪が集まり串本を舞台に熱き長いバトルは幕を閉じました。 NBCソルトチャプター大阪2010年シリーズも選手の皆さんのご協力よってシリーズ5戦、チャンピオン決定戦と事故もなく無事に終了することができました、これも選手諸君のご協力があってのことと 心から深く感謝申し上げますとともに、今年の晩秋にスタートする2011年シリーズで再開出来ることをお待ちしています! また、チャンピオン決定戦で大変お世話になった小川渡船様には紙面を借りて御礼申し上げます。最後に2010年シリーズをスポンサードして頂きましたメーカー各社様に心から厚く御礼申し上げます。

●開催日 2009年11月22日(日)
●開催場所 和歌山県串本出雲崎・小川渡船 
●気象データ(串本)
  ・天気  晴れ
  ・気温  最高17.7℃ 最低10.2℃ 
  ・風   北〜西南西3.9m/s(瞬間最大風速)
  ・水温  18.4℃    ・潮 上り潮(水潮ぎみ)   ・波 1.5m  

上位のフィッシングパターン

○優勝   遠藤一朗選手 2,660g(2匹)

・エリア   シオフキ裏
・使用エギ 餌木邪4号(カラー:アジ) 
・釣り方  潮が動き出した11時40分〜12時10分に集中して獲れた。
手前のハエ際を意識してボトム着底後数回のジャーク&フォールで乗せた。
一日をひとつの磯でとうしたことが勝因?ベイトはほとんどいない状況であった。

○2位    小松良一選手 2,550g(3匹)

・エリア    カンゴメ磯&長バエ
・使用エギ  アオリーQ4.5号(カラー:ブラウン/赤テープ)餌木邪4号(カラー:アジ)
・釣り方    昨日磯でタックルが流されてしまい車にあった、4.5号を使ったのが
良かったのかも? 12時過ぎにギャフのミスで1匹バラシが悔やまれる

○3位    湯田 登選手 2,150g(2匹)



・エリア    谷本島(?)
・使用エギ  餌木邪4号(カラー:ナチュラルピンク)3.5号(カラー:ピンクイワシ)
・釣り方    水中のシモリを意識した、磯上がりしてすぐに釣った。ベイトはサバの子がいっぱいいた。

○4位    二郷浩一選手 1,800g(1匹)


・エリア     コレバイ磯・地方向きのシモリ
・使用エギ   餌木邪4号(カラー:ピンクヘッドシュリンプ)
・釣り方    10時過ぎボトムをスローに探っていると重くなるバイト。ベイトはサバの子がいっぱいいた。

○5位     内芝 励選手 1,420g(3匹)



・エリア     武八磯・沖向き
・使用エギ   餌木邪4号(カラー:ピンクヘッドシュリンプ)
・釣り方     午後1時半頃潮が効いてきて、ボトム着底後、バイオレンスジャークのフォールでバイト

成績表

順位氏名総重量ポイント備考
11位 遠藤一朗 2,6602999---
22位 小松良一 2,5503999---
33位 湯田登 2,1502999---
44位 二郷浩一 1,8001999---
55位 内芝励 1,6701999---
66位 松岡弘和 1,1801999---
77位 中平有哉 1,0101999---
88位 前田敏夫 6402999---
99位 木森直樹 5201999---
1010位 浮本貴徳 4601999---
1111位 渡辺哲也 2701999---
1212位 新立清隆 1701999---
1313位 舟田智哉 1401999---
  <番外編>    
1 橋井 峯雄 760 1
2 宮島 央 570 1
3 荒木 正員 430 1

会場別

  • 2016年度 第1戦

年月別

TOP