Internet Explorerでの正確な表示は保証できません。ご了承ください。NBCNEWS推奨ブラウザ: Firefox Chrome Safari

ゲーリーインターナショナル 総合学園ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ 釣りと観光のガイド プロショップオオツカ

NBCソルトウォーター

ソルトチャプター大阪 特別戦

2016年05月08日() 和歌山県 串本周辺

対象魚:アオリイカ

●開催日 2016年5月8日(日)
●開催場所 和歌山・串本出雲崎・沖磯
●気象データ(串本)
・天気     曇り時々晴れ
・気温     最高21.3.0℃ 最低16℃
・風       北北東〜西の風 弱い(1.4〜4.3m/s)
・波       2〜1.5m
・水温     18.5℃
・潮      上り潮
・参加選手  18名

概況

5月8日(日)串本の出雲崎沖磯でソルトチャプター2016年度シリーズのラストを飾る第9回チャンピオン決定戦が開催された。
早朝の3時45分に18名の精鋭がライトの点灯した東船着き場にまだ明けやらぬ未明に
選手が続々と集合。
受付終了とともにミーティングに注意事項等の後、恒例、渡礁順の抽選、2016年のランキング順に開始、一番手は仙波選手、引いたのが10番、2番目が松原選手で13番、3番目舟田選手で5番、4番目橋井選手で11番、5番目が福元選手で1番と最大の歓声が出雲崎にこだました。
順に引いてゆき下記の通りの渡礁順に。

渡礁順

順番 選手氏名(敬省略) 磯名
1 福元明仁選手 マル島
2 荒木正員選手 ハンペイ
3 清岡総司選手 ハンペイ
4 堀田俊明選手 沖のカンゴメ
5 舟田智哉選手 高島前
6 浮本貴徳選手 沖の赤島
7 弓削和夫選手 沖の赤島
8 山内広二選手 灘の赤島
9 沖田智宏選手 灘の赤島
10 仙波勝也選手 黒島
11 橋井峯雄選手 黒島
12 池内修次選手 ナガツロ
13 松原清介選手 白崎東(くろめ)
14 中平有哉選手 白崎東(くろめ)
15 遠藤一朗選手 大島
16 上元英樹選手 大島
17 木森直樹選手 ゼンサク
18 樋口幹明選手 メンドリ

出雲港を出た船はまず、東磯へ向かいます、左に向けて舵をきり、浅海方向に、奥へ奥へと船は進む、すると見えてきたのが いつもの丸い小さい磯丸島でございます。
畳ふたつ程、タックルを置くとほぼ身動きができない大きさの丸島、今年は福元明仁選手が
拍手の中、修行に行って参ります!(ライトで照らされるとほんとに狭い)
続いて荒木選手と清岡選手はハンペイに。
次に堀田選手の名前を呼ぶが返事なし、お〜と!!ここでトラブル発生、堀田選手が港に
置いてきぼりになってしまいましたがな〜。繰り上げて渡礁をすることに・・・・。
4番は高島前の磯に舟田選手、次に昨年度の優勝磯・沖の赤島に弓削和夫選手と浮本貴徳選手の強豪二人が渡礁。
続いて過去に優勝の実績がある灘の赤島に山内広二選手と沖田智宏選手が。
次に出雲崎を回り込み、昨年他魚の部優勝(ブリ)で有力磯の黒島に仙波勝也選手と橋井峯雄選手が渡礁。
続いてこれも一昨年に優勝の実績があるナガツロに池内修次選手。
次にこれも有力磯の白崎東(くろめ)に松原清介選手と中平有哉選手。
次に実績場の大島に遠藤一朗選手と上元英樹選手。
次に対岸西側にあるゼンサクに木森直樹選手が一人で渡礁。
その横のメンドリに樋口幹明選手が一人で渡礁。
一度港に戻り取り残された堀田俊明選手を乗せて沖のカンゴメに渡礁して5時までに全員が渡礁完了しスタートフィッシングとなった。

さて、午前8時過ぎに弁当の配達兼磯がわりタイムで出船。
丸島で修行の福元明仁選手はさっさと磯替わり、続いてハンペイの荒木正員選手、清岡総司選手も磯替わり、舟田智哉選手は1,600gをキャッチし居残り決定。
優勝候補の沖の赤島、弓削和夫選手、浮本貴徳選手は磯替わり決定。
灘の赤島の山内広二選手は1匹キャッチ、沖田智宏選手は渡船が来る少し前に推定2キロ
オーバーを触腕フッキングで足元まで寄せて来て無念のバラシで悔し泣き。で居残り決定。
次に黒島の仙波勝也選手、橋井峯雄選手も磯替わりはしないもののバイトなし、本命と目される磯も異常なし!
ナガツロに池内修次選手を確認するとナイスサイズ含む3匹キャッチで居残り決定。
次に対岸の白崎(クロメ)の松原清介選手が2匹、中平有哉選手が1匹で居残り決定。
次の大島(数日前にもヤエンで釣れておりこの磯も優勝候補磯のひとつだが、何故かチャンピオン大会ではぱっとしません)の遠藤一朗選手と上元英樹選手は磯替わり。
次のゼンサク木森直樹選手はなんにも異常なしで磯替わり。
メンドリ樋口幹明選手は1匹キャッチで一回目の磯替わりはパス!
沖のカンゴメの堀田俊明選手は磯替わり。
沖磯のサバ島から2回目の渡礁、清岡総司選手と堀田俊明選手。
チョナに福元明仁選手、荒木正員選手、シオフキ奥に浮本貴徳選手、出雲崎東のナナシに
弓削和夫選手、コレバイに仙波勝也選手、橋井峯雄選手などなど。
これからの潮変りに期待が膨らむ。

次の磯替わりタイムが10時30分、ナガツロの池内選手、高島前の舟田選手、白崎の松原、中平選手、灘の赤島の山内選手、沖田選手などの釣れている選手の磯替わりはほとんどなく次のタイミングを待っているようだ。

3回目の磯替わりタイム12時に大きく移動する選手が多かったが、今年のドラマが起こったのがシオフキの樋口選手!渡船から見ると間違いなく大物と格闘中!渡船に乗り込んでいる多くの選手が注目の中、大物との凄いファイトを展開、無事に取り込んだのがビッグモンスターアオリではなくてー、ビッグヒラスズキ。拍手喝采を浴びて満面の笑み(樋口選手のエンターテナーぶりに思わず噴き出したのは誰ですか〜!!)
ラストチャンスに期待をかけて出雲崎の超一級磯武八に松原、遠藤選手が、エンイチチョボに木森選手が、助八に仙波選手が、八丈に弓削、福元選手が、ナガツロの地に堀田選手等々が磯替わりして最終局面に・・・・・。

2時の磯上りタイムで選手全員が出雲港に帰着。
いよいよ運命の検量タイムが始まりました、最初は本命のアオリイカの検量から開始され、
参加選手18名中、検量が9名、検量率50%(過去の同時期の実績が少ないため何とも
判断できませんが・・・)さすがに最強エギンガーは凄いと小川渡船のおほめの言葉が。
いつも奥ゆかしい中平有哉選手は255g(2匹)で6位の定位置に、最後に浅海の丸島の更に奥にある磯に上がった沖田智宏選手がラストチャンスに305g(1匹)で5位に、
白崎でモーニングバイトをものにした松原清介選手が1,265g(2匹)で4位、灘の赤島で一日中粘り通した山内広二選手が1,305g(1匹)で3位、高島前で潮の動いたチャンスを逃がさず
舟田智哉選手が1,600g(1匹)で2位、ナガツロで満潮〜干潮のあらゆる潮を体験した池内修次選手が朝のチャンスタイムに1,850gを含む2,205g(3匹)で念願のチャンピオン決定戦初優勝、出雲崎に拍手がこだました。

続いて他魚の部検量が始まりました。
上元英樹選手はカワハギ3匹、グレ5匹、スズメダイ2匹、イズスミ1匹でトータル1,705gで4位が決定、中平有哉選手はカワハギオンリーの13匹で3,210gのハイウエイトで3位、
橋井峯雄選手はカワハギ9匹、グレ6匹、三の字2匹、べラ2匹の4,300gで2位
他魚の部優勝はドラマ魚のヒラスズキ(5,040g)を持ち込み、グレ1匹、三の字1匹、カワハギ3匹、アカハタ1匹、ガシラ2匹のトータル重量7,285gで樋口幹明選手がウイナーに輝いた。
チャンピオン決定戦のみ行われる他魚の部に多いに湧きあがり興奮冷めやらぬ中、
表彰式で更に盛り上がりトップファイブが祝福を受けました。

アオリイカ上位のフィッシングパターン

優勝 池内修次選手   2,205g(3匹)

・磯名 ナガツロ
・使用エギ ヨーズリ・イージーQキャストランガン3.5号
(カラー:ブルー夜光マーブルピンク)
・釣り方 朝の潮が効いている時間にナイスサイズが集中した
ダート系パタパタが今大会も活躍してくれた

2位 舟田智哉選手   1,600g(1匹)

・磯名 高島前
・使用エギ カンジ・プロスペック3.5号
(カラー:スギオレンジゴールド)
・釣り方 早朝の左から右に流れる潮で灯台のある双子の親に向かってキャスト
5回ジャーク後のフォールにバイト

3位 山内広二選手   1,305g(1匹)

・磯名 灘の赤島(岸よりの西側)
・使用エギ ヤマリア・エギ王K3.5号
(カラー:水色)
・釣り方 岸向きの航路ミオ筋にキャストし、ジャーク後のフォールにバイト

4位 松原清介選手   1,265g(2匹)

・磯名 白崎東側(クロメ)
・使用エギ プカンジ・プロスペック3.5号
(カラー:オレンジゴールド)
・釣り方 渡礁後すぐに!沖向きボトム着底後中層より上までジャークのフォール

5位 沖田智宏選手   305g(1匹)

・磯名 浅海寄りもっとも奥の磯(名前がわからない)
・使用エギ ダイワ・エメラルダスダート3号
(カラー:みかん)
・釣り方 地方向きにキャストし、しもり周辺から飛び出すのが見えた

表彰式に続き、抽選会、協賛商品の多さに一巡後2回目の抽選と多いに盛り上がり無事終了となりました。

第9回チャンピオン決定戦に協賛頂きましたメーカー各社に心から御礼申し上げます。
また、大会にご協力いただいた小川渡船様、選手の皆さんに深く感謝いたします。
更に先月発生した熊本地震の義援金を募ったところ多くの寄付を頂戴いたしました、皆さんの誠意を必ずお届けすることをお約束いたします。

これでソルトチャプター大阪2016年度シリーズは全て無事終了致しました。
今後も変わらぬご支援、ご協力を賜わりますようお願い申し上げます。

更に今秋から始まりますソルトチャプター大阪2017年度シリーズに多くの皆さんの
ご参加をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

成績表

順位氏名総重量ポイント備考
11位 池内修次 2,2053999---
22位 舟田智哉 1,6001999---
33位 山内広二 1,3051999---
44位 松原清介 1,2652999---
55位 沖田智宏 3051999---
66位 中平有哉 2552999---
77位 荒木正員 2351999---
88位 木森直樹 1601999---
99位 清岡総司 1251999---
1010位 仙波勝也 0---999---
1111位 橋井峯雄 0---999---
1212位 福元明仁 0---999---
1313位 浮本貴徳 0---999---
1414位 遠藤一朗 0---999---
1515位 弓削和夫 0---999---
1616位 上元英樹 0---999---
1717位 樋口幹明 0---999---
1818位 堀田俊明 0---999---

写真の閲覧方法


近日開催

  • 2017-10-15 ソルトチャプター宮城第4戦
  • 2017-11-19 ソルトチャプター宮城第5戦

参加方法など

最近のトーナメント

会場別

  • 2016年度 第1戦

年月別

TOP